ホーム » おすすめライトノベル » 灰と幻想のグリムガル » 73点【アニメ】灰と幻想のグリムガル 2話 見習い義勇兵の長い一日 の感想とあらすじ

73点【アニメ】灰と幻想のグリムガル 2話 見習い義勇兵の長い一日 の感想とあらすじ

灰と幻想のグリムガル2話 見習い義勇兵の長い一日

 

アニメ第2話です。しょっぱなからネタバレですが、ハルヒロ、マナト達パーティーメンバーは今回はじめてゴブリンを仕留めます。ただ、ゴブリンも当然死にたくありません。ガチで最後の最後まで悪あがきまでして、生にしがみつきます。うーん、リアルすぎる。。。初めてゴブリンを殺したということもあり、特にランタはちょっと落ち込むというか、複雑な心境のようです。

はたから見ていると、何の害もなさそうなゴブリンを人間が寄ってたかってなぶり殺しにしている感じです。

前回の予想通り、本作品は非常にスローなテンポで進む感じです。世界観が合う人や原作を知っている人には非常にしみじみとくるノスタルジックな?雰囲気もあって楽しめますよ。

ただ、ガンガン悪者を対峙していくハイスピード・豪快バトルを求める人には合わないかもしれません。。。

 

アニメ情報

【原 作】十文字青

【監督/脚本】中村亮介

【イラスト】白井鋭利

【制 作】A-1 Pictures

【発売日】2016年1月~

【ジャンル】異世界ファンタジー

【放送】TOKYO MX、朝日放送他

【公式サイト】http://grimgar.com/

【キャスト】

 ハルヒロ:細谷佳正
 マナト :島崎信長
 ユメ  :小松未可子
 シホル :照井春佳
 ランタ :吉野裕行
 モグゾー:落合福嗣
 レンジ :関智一
 バルバラ:能登麻美子

楽天ブックス(送料無料)で購入する アマゾン(送料無料)で購入する

お奨め ブルーレイ購入はこちら

 

灰と幻想のグリムガル2話 見習い義勇兵の長い一日 の公式あらすじ

夜。義勇兵宿舎で不意に目覚めたハルヒロは、マナトのベッドが空になっていることに気付く。気になって外に出ると、ちょうど酒場での情報収集から戻ってきたマナトと出くわす。そのまま短い時間言葉を交わし、心の距離を近づけるふたり。そして翌日、ハルヒロたちのパーティは、前回の戦いの反省を活かし、単独で行動するゴブリンに狙いを定め、戦いを挑む。

 

出典:【公式サイト】http://grimgar.com/

スポンサーリンク

 

【アニメ】灰と幻想のグリムガル2話 見習い義勇兵の長い一日の感想とあらすじ

前回から引き続き、まだゴブリンさえ1匹も倒せていないパーティーメンバー。そんなメンバーを気づかってか、マナトは夜宿舎を抜け出して酒場で情報収集していたみたいです。

帰ってきたところをハルヒロと会い軽くお茶をする二人。。。

翌日、狩場を変えて早速ゴブリン退治に。川辺で水を汲んでいるはぐれゴブリンを見つけて、パーティーメンバー全員で奇襲をかけます。

その前に偵察に行っていたハルヒロを後ろから追っかけてきたユメがかわゆすぎです~。いやらしい感じですみませんが、後ろからのアングルのユメのお尻がやたらと色っぽすぎです。顔も原作と比べてかわいさ1.5倍ぐらいです!

それはそうと、ハルヒロ、マナト、ランタ、モグゾー、ユメ、シホル(アクセントは「シ」にあるみたいな・・・)の6人がかりでキルは殴るはでやっとのことでゴブリンを倒しました。

と思ったところ、ゴブリンは最後のあがきでさらに抵抗。最後はランタが馬乗りになってめったざしで殺します。ランタは初めてゴブリンを殺したということで、超ビビりまくりです。暗黒騎士の第一歩といいたいですが、気が動転していることもあり、顏もなきまくりです。

ハルヒロも手が震えてしまって、ダガーから自分の指をはずすのも一苦労。。。

このシーンを見ていて、昔見たクリントイーストウッドの「許されざる者」を思い出しました。

俺は何人も人を殺してきたんだぜ、といういきがっている若者ですが、いざ初めて人を殺して、その罪深さを感じて、気が動転しまくり、そして最後にはもう人殺しなんてできない・・・といって田舎に帰っていきます。

 

小説などで簡単に生き物を殺しますが、やっぱり簡単じゃないですよね。現実はもっとシビアで背負うものが多すぎです。たとえそれが敵や動物だったとしても。

 

話はそれましたが、どうにか初めてゴブリンを倒した6人ですが、思った以上に精神的に疲弊したため、かえってきてからは自由行動。みんな思い思いの束の間の休暇を楽しみます。

 

絵もすごくきれいでいいんですが、ちょっと静止画がおおかったように感じました。

また、さりげなくシホルがマナトを気にしているような雰囲気も出ていて、原作の世界観は損なわれませんでした。

 

あ、そういえば前回書かなかったかもしれませんが、原作では最初は男女同室の雑魚寝だったんですよね。それにモグゾーは最初からパーティーに加わっておらず、最初はが体がいいということで先輩パーティーに引き抜かれ、でもとろくて使えないということで、金を奪われ道端で途方に暮れていたところを、マナトたちが仲間にしたんです。。

 

まぁ、そのあたりも限られた時間内ということで削られていましたが、それはそれでいいと思います。

 

今回原作のどこまでアニメでするのかわかりませんが、次回はのタイトルは「ゴブリン袋には俺たちの夢がつまっているか」です。

 

このペースでいくと、原作の2巻ぐらいまで行けば御の字ではないでしょうか。。

 

具体的にはマナトがゴブリン達との戦いで死んで、そのご加入したメリイ(まためっちゃかわいい)とともにマナトの敵を討って(ここまでが1巻)、さらにサイリン鉱山というところに行って・・・・

まぁ詳細はライトノベル原作の方の感想ページを見てください。

原作の感想ページはこっち。

 

それはそうと、次回は「ゴブリン袋には俺たちの夢がつまっているか」です

やっと1匹ごぶちんをやっつけられたので、ここからは原作通りひたすらゴブリン狩りに走るのでしょうか。。。それでついたあだ名がゴブリンスレイヤーですからね(^_^;)。。

 

 

スポンサーリンク

 

アニメ版 灰と幻想のグリムガル 2話 見習い義勇兵の長い一日 の管理人評価チャート

アニメ灰と幻想のグリムガル2話感想。レーダーチャート

 

 

  ↓以下の点数は20点満点です。
ストーリー展開 16 前回同様ちょっとスローな感じでした。
今回のメインは何と言っても初ゴブリン退治でしょうか。
義勇兵になる以上、モンスター討伐は仕事の一環というか、メインの仕事なので、一匹も倒せないようでは話になりません。
みんなでどうにか倒しますが、本作品のテーマかもしれませんが、生へしがみつくゴブリンの執念が前面に出た戦いでした。マジ、ゴブリンって半端なくしぶとかったです。
その後の各メンバーの休息風景もなんとなくほんわかして私は好きでした。
登場人物 18 今回特に変更なし。マナト、ハルヒロ、ランタ、モグゾー、ユメ、シホル。。
ただ、管理人的にはユメのかわいさにめろめろです。関西弁もいいですが、なんといってもスタイルの良さと表情がいいですね!
原作のちっぱい(ちっちゃいおっぱい)なんてどこへ行ったのやら。
セクシー&萌え 14 ランタが入浴シーンをのぞきに行こう!というシーンはあるものの結局そんなシーンは1コマもなし。本作品は硬派でいくのでしょうね。
ただ、ユメの可愛らしい後姿からのヒップライン(書いていて変態っぽいですが(^_^;))は、超ミニのズボンでお尻がちょっとはみ出している感があって、妙に興奮しました。
必見ですよ!
感動 10 初ゴブリン退治ということで、みんなの動揺が伝わってくる緊張感のあるシーンでした。特に強がりなランタが動揺を隠せず涙があふれてくるシーンなどは、原作以上に生に対して考えさせられました。
バトル 15

まだまだ見習い兵ということで華々しさは全くなし!ただ、泥臭さと泥にまみれながらガチで戦っている姿に別の意味ですごく緊張感があって、魅入られました。なので、ちょっと高めに。。

 

楽天ブックス(送料無料)で購入する  アマゾン(送料無料)で購入する

お奨め ブルーレイ購入はこちら

ライトノベル(原作)灰と幻想のグリムガルの感想とあらすじ一覧はこちら

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク