ホーム » おすすめライトノベル » 灰と幻想のグリムガル » 78点【アニメ】灰と幻想のグリムガル 6話 彼女の場合 の感想とあらすじ

78点【アニメ】灰と幻想のグリムガル 6話 彼女の場合 の感想とあらすじ

灰と幻想のグリムガル 6話 彼女の場合

 

今回は「彼女の場合」というタイトル。当然彼女とはメリイのことです!正直原作のイラストとは別人のような容姿ですが、まぁこれはこれでアニメとしては良しとしましょう!ネタバレですが、メリイがなぜ人と距離を置いているのかが語られます。以前に仲間を3人も失っており、当時自分が未熟だったために、死なせてしまったと後悔しており、それをずっと引きずっているようです。
オープニング映像も、メリイ加入で一新され、また、原作ではなかったシーンも追加されており、見ごたえ抜群ですよ。

ただ、一点、制作時間がだんだんタイトになってきたのか、一部映像が手抜きのところがありました。ゴブリン討伐中にダムロー旧市街を歩いているシーンです。歩いているはずなのに、下半身は動いておらず、幽霊のようにすーっと滑っている感じです。うーん、これは残念すぎます!!おそらくDVDやブルーレイに収録される頃には修正されるでしょうが、もったいない!!!ああ、もったいない!

 

詳細な感想とあらすじは以下を見てくださいね。

 

アニメ情報

【原 作】十文字青

【監督/脚本】中村亮介

【イラスト】白井鋭利

【制 作】A-1 Pictures

【発売日】2016年1月~

【ジャンル】異世界ファンタジー

【放送】TOKYO MX、朝日放送他

【公式サイト】http://grimgar.com/

【キャスト】

 ハルヒロ:細谷佳正
 ユメ  :小松未可子
 シホル :照井春佳
 ランタ :吉野裕行
 モグゾー:落合福嗣

 メリイ :安済知佳

 レンジ :関智一
 バルバラ:能登麻美子

 マナト :島崎信長

楽天ブックス(送料無料)で購入する アマゾン(送料無料)で購入する

Blu-ray又はDVDを購入(アマゾン)

 

 

灰と幻想のグリムガル 6話 彼女の場合 の公式あらすじ

新たに仲間になったメリイとの見えない距離を縮めようとする5人だったが、相変わらずまともなコミュニケーションをとることができない。せめて戦闘時の行動くらいは相談できるようにならないかと、機会を見つけてはメリイに話しかけるハルヒロ。しかし、彼女の反応は頑なまま。戦闘を終え、シェリーの酒場に集うハルヒロたちの前に現れたメリイは、声をかけることもなく一人カウンターへと腰を掛ける。そして、そのメリイに話しかける人物が現れ――

 

出典:【公式サイト】http://grimgar.com/

スポンサーリンク

 

灰と幻想のグリムガル 6話 彼女の場合 の感想とあらすじとネタバレ

 

朝、シホルがユメを連れて男子の寄宿舎の方にやってきます。
昨日、ハルヒロとユメのことをそういう関係(恋人同士)と勘違いしてしまってごめんなさいと。。
そんなシホルの発言にランタは食いつきます!
ランタって何気にユメのことが好きなのかもしれませんね(^_^;)。
そうそう、このシーンは原作にはなかったんですよね!
なので、ちょっと新鮮でした!
オープニング主題歌が流れるんですが、なんと今回からちょっと変わってました!
メリイもでてきて、イラストも変わってGOODでしたよ~。
オープニングを流していた人は、ぜひよく見てくださいね。

で、パーティーメンバーで朝食をとりながら、もっとメリイに優しくした方がいいよね、ユメもシホルも頑張るということでパーティーメンバー内のぎくしゃくした関係も改善されていきます。
ゴブリン狩りに行く最中に、ユメやシホルはメリイに積極的に話しかけますが、メリイは邪険にします。。
で、ゴブリン狩り最中、ランタやモグゾーが傷を負ってもメリイはすぐに手当はしてくれません。ただ、何気に魔法使いであるシホルを守っています。
逆に、戦士なんだからそれぐらいで後退するんじゃない!と檄を飛ばします。

戦闘後、ハルヒロはメリイともっとうまくやれるようにと、彼女のスタイルなどを聞きますが、全然教えてくれません。ハルヒロはちょっとキレ気味になりつつも、どうにか温和に話そうとしているんですけどね。。
結局、メリイとろくにコミュニケーションもとれずに、その日も終わります。

夜、酒場に行って皆で食事をするパーティーメンバー。そこにたまたまメリイを見かけてお互い顔を合わしますが、スルー。やっぱりお互い気まずいですね。。。
メリイは酒場で一人で食事をしていたようですが、そこに有名なクラン(パーティーをさらにまとめたようなもの):オリオンのシノハラがメリイに話しかけています。知り合いのようですね。。。

寄宿舎に帰って、ハルヒロは一人お茶を飲みながら今後どうするべきなのか、悩んでいます。。。
マナトは、俺に頼むって言っていたけど俺はどうすればいいのかわからないし、面倒くさいよ。。。と自問自答しています。
こういったハルヒロがうじうじ悩むシーンは何気に嫌いじゃないです。。

そこに、原作にはなかった、マナトの幻影?が現れ(ハルヒロの妄想?)、ハルヒロに言います。
見せてくれよ、俺に。俺たちのパーティーがこれからどうなっていくかを。。。といいます。

そこでハルヒロはリーダーとして、もっと自覚すべき?と覚悟を決めたようです。

翌日のゴブリンとの戦い。
ハルヒロは戦闘の最中、各パーティーメンバーの戦いぶりをよく観察します。
モグゾーにはカブトが必要だとか、メリイが敵を倒した後きちんとお祈りをささげているシーンなど、今まできちんと見ていなかったと新たに自覚します。
ハルヒロは、メリイの戦い方も徐々に理解していきます。

別れ際、ハルヒロはメリイに一緒に夕食を食べないかと言いましたが、メリイは「結構です」となぜか敬語で(^_^;)、断ります。
ちょっと予想外の誘いだったのか、ちょっとかわいかったです(^_^;)。。

ちょっとだけ変ったハルヒロやパーティーメンバーの雰囲気をメリイは感じているのかもしれません。。。

ハルヒロはオリオンのシノハラさんにメリイのことを聞きたいといって、メンバーを連れてシノハラのところへ。
シノハラのパーティーにいる、ハヤシがメリイの過去を話します。
ハヤシは依然メリイと同じパーティーにいたんです。
ハヤシとメリイは見習い義勇兵のときからの付き合いで、ハヤシ、オグ、ミチキ、ムツミ、そして神官のメリイの5人で順調にレベルアップをしていきました。
が当時のメリイはマナトと同じく、かすり傷程度ですぐに治癒して、メリイは1人で3人分働くぐらいでした。
が、戦い自体はメリイが大事に至らないように事前に防いでいたことをわかっていなかったんです。
サイリン鉱山攻略の際、第5層でデッドスポットというコボルトに遭遇し、ハヤシとメリイ以外のメンバーは殺されてしまいます。メリイは助けたくても魔力切れで助けることができず仲間を見殺しに。。
それ以来メリイは、笑わなくなり、人と距離を置くようになります。ヒーラーである自分に笑う資格はないと思っているようです。。。

 

次回は、「ゴブリンスレイヤーと呼ばれて」です。
いよいよマナトの敵討ちだと思います!

 

続いて、以下の管理人のレーダーチャートを見て下さいね。

 

スポンサーリンク

 

灰と幻想のグリムガル 6話 彼女の場合 の管理人評価チャート

アニメ灰と幻想のグリムガル6話感想。レーダーチャート

 

        ↓20点満点です。
ストーリー展開 17 原作によりつつも、一部オリジナル?のエピソードを追加しています。違和感なくいいかんじですよ!
登場人物 19 ハルヒロがリーダーとして悩むシーンや、徐々にリーダーを自覚して、メンバーの動きをよく見て対処や今後のことを考えるなど、着実に成長しているのが見て取れました!
新キャラというほどではないですが、今回は有名クランであるオリオンのマスター、シノハラや、そのメンバーのハヤシなど、脇役も登場です。うーん、シノハラ、ハヤシってこういう顔していたんですね!
メリイの徐々に打ち解けてきそうな雰囲気も見て取れてよかったですよ!
セクシー&萌え 15 入浴シーンこそないですが、冒頭シホルがユメとともに、ハルヒロのところにきて、ユメとハルヒロを恋人同士と勘違いしてしまってごめんなさい、というシーンは何気に萌えました。
具体的にはユメの言動ですが。。天然入っているユメが、別にハル君と変なことをしていたのではなく、ただ、ぎゅーっとしてもらっていただけなんだよというのが、何ともドキドキで、ユメはかわゆいなぁと萌えました~。
感動 14 ナミダが出るほどではないですが、ハルヒロがリーダーを自覚して、成長していくさまは見ていてうれしくて心躍りました。
また、メリイの過去ではちょっとうるうるくるかもしれません。
バトル 13 グリムガルのバトルシーンは、それほど長くなく、また、技巧に富んだものでもないですが、ハルヒロの心の声とかぶってみていると、なるほどぉと思えてよかったです。
まぁ、PRGなのでバトルあってなんぼなのでしょうが、まだまだ本格バトルはさきでしょうね。。
このペースで行くと次回でマナトの敵をうって、後半のクライマックスはデッドスポットの討伐まででしょうかね。。。
うーん、もっと続けてほしい気がしますが。

 

楽天ブックス(送料無料)で購入する アマゾン(送料無料)で購入する

Blu-ray又はDVDを購入(アマゾン)

 

ライトノベル(原作)灰と幻想のグリムガルの感想とあらすじ一覧はこちら

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク