ホーム » おすすめライトノベル » 灰と幻想のグリムガル » 78点【アニメ】灰と幻想のグリムガル 4話 灰の舞う空へ の感想とあらすじ

78点【アニメ】灰と幻想のグリムガル 4話 灰の舞う空へ の感想とあらすじ

【アニメ】灰と幻想のグリムガル4話 灰の舞う空へ

 

徐々に戦闘にも慣れてきたハルヒロ達。お金に余裕もできたのでそれぞれスキルも身に着けてきました。
しかし、何事もそうですが慣れ始めたころが一番危ない!ということで、ネタバレですが、思わぬ強敵の出現とちょっとした油断でなんとリーダーのマナトがゴブリンの弓兵の矢に倒れて、死んでしまいます。。うーん、厳しいですね、現実は。。。
呆然とするパーティーメンバー。
前衛でもあり、また、ヒーラーでもあったパーティーの要が倒れて、やっていけるのか?すごく心配です。(T_T)

作品的には、全体的に見て、間の取り方がすごく上手でした~。

 

詳細は以下のを見てくださいね。

アニメ情報

【原 作】十文字青

【監督/脚本】中村亮介

【イラスト】白井鋭利

【制 作】A-1 Pictures

【発売日】2016年1月~

【ジャンル】異世界ファンタジー

【放送】TOKYO MX、朝日放送他

【公式サイト】http://grimgar.com/

【キャスト】

 ハルヒロ:細谷佳正
 マナト :島崎信長
 ユメ  :小松未可子
 シホル :照井春佳
 ランタ :吉野裕行
 モグゾー:落合福嗣
 レンジ :関智一
 バルバラ:能登麻美子

 

楽天ブックス(送料無料)で購入する 

お奨め ブルーレイ購入はこちら

 

灰と幻想のグリムガル4話 灰の舞う空へ の公式あらすじ

最初のころは1匹ですら苦戦していたゴブリンも、今では3匹くらいまでは同時に相手ができようになったハルヒロたち。貯えが増えてきたことで、それぞれが新しい装備やスキルを身につけ、戦闘時の役割分担、連携もできるようになってきた。生活の水準もさらに上がり、パーティ内の人間関係も順調。すべてがうまくいきはじめたのだが――

 

出典:【公式サイト】http://grimgar.com/

スポンサーリンク

 

【アニメ】灰と幻想のグリムガル4話 灰の舞う空へ の感想とあらすじ

朝の買い出し当番(?)のマナトとシホル。食材を持ちながら、マナトはハトにエサをあげます。。マナトは動物好きみたいですね。マナトはシホルにもやってみる?ときいてみるも消極的なシホルは、ちょっと戸惑いながらもエサをあげてみます。が、ちょっとおっかなびっくりで思わず転んでしまいますが、そこはできる男のマナト。すかさずシホルがケガをしないようにキャッチ。うーん、お約束と言えばお約束ですね。

私はてっきり天空の城ラピュタのシータのように、ハトがシホルに群がってくるようなシーンをイメージしていましたが。。。(^_^;)。あ、ちなみにこのシーン、原作にはなかったですね。

 

前回から徐々に自分たちのペースを見つけてきたメンバー。ゴブリン狩りも順調で、朝出発前も「ファイト一発!」で景気づけ。うーん、懐かしいですね。といってもまだこのCMやってますけど。。

ダムローの旧市街へ。。。
ゴブリン狩りも3匹までなら対処ができるように、少しずつですが、みんなの実力も上がってきました。

 

お金に余裕ができたということもあり、メンバーは所属ギルドで以下の通りスキルを身に着けていました!

ハルヒロ バックスタブ。後ろから急所を突く。
モグゾー レイジブロー 大剣をバッドのように豪快に振り回して相手にぶつける。
     ウインド つば競り合いからツバメ返しのように相手を切りつける。
ランタ ???スキル名は言っていなかったような。。。たしか突きのような技。
ユメ 斜め十字 なたを使った剣戟。
シホル シャドービート 影魔法で相手を縛る。魔法の発動かっこよすぎです。
マナト スマッシュ 神官は刃物がついている武器はダメみたいですね。

 

午前中の戦いを終えてランチで英気を養う仲間たち。
雑談をしつつ(といってもユメが狩人ギルドの白神エルリヒ(白いオオカミ)に乗るような夢の話が中心(^_^;)、さりげなくマナトがみんなの長所を語りつつ、だんだんいいパーティーになってきたとみんなで確かめあっていました。。。。
が、なぜかマナトはハルヒロについてだけは何も言わなかったんですよね~。

原作もそうだったんですが、なぜなのか、ただ単に忘れていただけなのかわからないですね。。。

 

 

で、午後にゴブリン狩りを再開しようと移動を始めたところ、今までとは違ったゴブリンの集団に奇襲をかけられます。

 

今までの雑魚ゴブリンとはちがって、弓兵もいるし、大型のホブゴブリンも。。。ホブゴブなんてモグゾーよりでかいですからね!弓兵の奇襲に気づいて、マナトをかばってハルヒロが傷を受けますが、そこはマナトの魔法で治癒しつつ、相手が強いとみるや退却!この判断は正しいですね。。。ただ、しんがりを務めたマナトが敵の矢を背中に受けて、倒れます。。。

 

マナトは治癒魔法を行使しようとするも、けがをしているせいかうまくできず。。。みんなで必死に手当てするも息を引き取ってしまいます。

 

マナトの最後の言葉は、「ハルヒロごめんな。頼む。」

 

うーん、悲しすぎます。。。ごめんなとは何に対してだったのでしょうか。。。

 

みんなはそれでもあきらめきれずに、マナトを神殿に運びます。

そこにはマナトの師であるホーネン師が。。。

この世界(グリムガル)でも、死んだ者は生き返らすことはできないとのこと。。。。さらに、火葬にしないとノーライフキングの呪いでアンデッドとして復活してしまうので、早々に火葬にとのこと。。。
突然のことで取り乱すメンバー。

特にシホルはマナトのことが好きだったようで、普段の引っ込み思案のシホルからは想像できないようなその取り乱しようでした。

 

マナトを弔っているシーンの合間に、マナトの死を聞いた同期の人たちの絵もちょっと流れましたね。
レイジチームのレイジ、アダチ、ロン、チビ、サッサ。
それにブリトニー(ブリちゃん)。

 

義勇兵なので死とは隣り合わせと言いつつ、あまりにもあっけないマナトの死に、まだみんな受け入れられないみたいです。。。

次回「泣くのは弱いからじゃない。耐えられるのは強いからじゃない」です。

 

予告では、同期のキッカワも写っていましたね。あと遂に管理人の一番のお気に入り、メリイが登場です。
ただ、後姿だけ・・・うーん、勿体ぶります!!!

 

次回が待ちきれない人は原作レビューのページも見てくださいね。

原作の感想ページはこっち。

 

 

スポンサーリンク

 

アニメ版 灰と幻想のグリムガル4話 灰の舞う空へ の管理人評価チャート

アニメ灰と幻想のグリムガル4話感想。レーダーチャート

 

 

  ↓以下の点数は20点満点です。
ストーリー展開 18 オープニングにアニメ独自のシーンを盛り込みつつも、原作に比較的忠実でした!ファイト一発!はあるかなぁと思ったら、ちゃんとやってましたね\(^o^)/。リポビタンD買わないと。。
登場人物 15

今回はマナトの師匠であるホーネン師がでてきますが、特にこの後原作でも出てこないです。。。マナトが倒れたのは痛いですよね。。
マナトを弔っているシーンで、さりげなく同期のレイジたち(ほかに、アダチ、ロン、サッサ、チビ)も写ってました!現段階では貴重な場面ですね。

セクシー&萌え 14 冒頭のマナトとシホルで買い出しの帰り道のシーンで、倒れるシホルをマナトがキャッチするのは、お約束のドキドキシーンでした。
他に個人的にはやっぱりユメの後ろからのアングルがドキドキでした。どうして、ほぼ毎回ユメのヒップラインを後ろからとる画像があるのか(^_^;)、監督も視聴者の期待をわかっているんですかね。。
感動 15 マナトが死んでしまい、みんな動揺する中必死にどうにかマナトをしようとするシーンは、みていて痛々しくて涙がこみ上げてきました。。。
バトル 16

それほど激しいシーンはなかったですが、みんなそれぞれスキルを身に着けたということで、見ごたえあるシーンでした。特にシホルの魔法発動はかっこよすぎです!!ぜひ見てください。

 

楽天ブックス(送料無料)で購入する 

お奨め ブルーレイ購入はこちら

ライトノベル(原作)灰と幻想のグリムガルの感想とあらすじ一覧はこちら

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク