ホーム » おすすめアニメ » ワールドトリガー » 50点【アニメ】ワールドトリガー 53話 守るべきものの感想

50点【アニメ】ワールドトリガー 53話 守るべきものの感想

ワールドトリガー 53話 守るべきもの
今回はメインのストーリーからちょっとだけ離れて、三輪隊の活躍のお話でしたね。ギーヴがトリオンを集めるためと、ボーダーの戦力を分散させるために予め仕込んでおいたトリオン兵が動き出し、三門市以外の街を襲い始めます。中でもタマガタワー?は住民も人質に取られ、そこに居合わせた三輪隊の三輪、米屋、古寺が大活躍です! 
 

【原 作】葦原 大介(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)

【シリーズ構成】吉野 弘幸

【放 映】全国テレビ朝日系列 毎週日曜日午前6時30分

【公式サイト】http://www.toei-anim.co.jp/tv/wt/

【ジャンル】近未来異次元SF

【キャスト】

空閑遊真:村中 知
三雲 修:梶 裕貴
雨取千佳:田村奈央
迅 悠一:中村悠一
ギーヴ:櫻井孝宏

カロン:玉川砂記子

リリス:能登 麻美子

ゼノ:阪口大助

アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

【あらすじ】  

乱星国家エルガテスからの追手ギーヴは、ゼノとリリスを守るボーダー隊員にいら立ちを隠せず、勢力の分散とトリオンの奪取のため、予め仕込んでおいたトリオン兵を複数の市街地で作動させる。その1つであるタマガタワーに居合わせた三輪隊の三輪、米屋、古寺は、民間人を守りながら、防戦するが苦しい展開に。そんな折、迅からボーダー本部の城戸指令にある提案がなされる。。。

 

出典:なし

 

スポンサーリンク

 

 

ワールドトリガー 53話 守るべきものの感想】

 

今回は、主人公の修、遊真、千佳、それにネイバーであるゼノとリリスは出てきませんでした。前回の最後のシーン(リリスがゼノの血を吸っているような場面)の謎が解明されると思いましたが、今回は閑話休題的に別のお話でした。
修やリリスたちはおいておいて、今回のメインはむっつり君の三輪隊員でした。トリオン兵に襲われたタマガタワーにたまたまた居合わせたのですが、トリオン兵から民間人を守りつつ戦う中、幼い姉と弟に、自分と自分の姉を重ね合わせていたようです。
ギーヴの目的は、ボーダーの勢力分散とトリオン集めにあったようですが、今回は複数同時テロでかなりのトリオンを集めたようです。
次回のタイトルにあるとおり、ギーヴが攻勢にでます!楽しみです。

 

アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

 


 

ワールドトリガー 53話 守るべきもの 管理人評価チャート

 

ワールドトリガー53話感想レーダーチャート

 

 

 

 

 

ストーリー展開 13 今回は、ギーヴの放っておいたトリオン兵が茶道をはじめ、同時多発テロ的に三門市以外の街で人を襲い始めます。
ギーヴって何気に陰険だなぁと思いました。
ストーリー的には、閑話休題的で、ギーヴのトリオン集めと、それを阻止すべく奮闘するボーダー隊員の活躍(といっても三輪隊のみですが)が中心でした。
次回ギーヴの攻勢の助走回といったところです。
登場人物 15 三輪隊が久々に登場で大活躍ですね~。いずれも高校生ということでレポートを書くためにタマガタワーにある歴史博物館?に来たという設定が、何気に庶民的です~。
三輪隊員のシスコンぶりが改めて認知された回だったのでしょうか。
セクシー&萌え 1 ないですね。。。
感動 3 ないですね。。仕入あげれば三輪隊員の回想シーンで亡くなったお姉さんが出てくるあたりでしょうか。
バトル 18 今回のトリオン兵は再生をしてしまうという厄介な相手で苦戦を強いられた三輪隊。ただ、迅からの提案により、三輪隊員がブラックトリガーを使用して、敵をめった切りにします。
王道といえば王道ですが、これはこれで楽しめました。
ブラックトリガー風刃ですが、今のところ迅さんと三輪以外使っている人見たことないんですよね~。修頑張れ!

 

アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク