ホーム » おすすめアニメ » ワールドトリガー » 75点【アニメ】ワールドトリガー55話 デッド・オア・アライブの感想とあらすじ

75点【アニメ】ワールドトリガー55話 デッド・オア・アライブの感想とあらすじ

75点 ワールドトリガー55話デッド・オア・アライブ
【ネタバレ注意】今回はかなり高得点です!ボーダー隊員の活躍に、修の機転の利いたトリオンリフレクターからの脱出の発想がギーヴ達を撃退します!もたざるもの修のすごさが出ました!また、土壇場で千佳が敵の切り札を撃破するシーンもワクワクドキドキでした!しかも、ゼノが遂に修のことを・・・必見の回です!
 

【原 作】葦原 大介(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)

【シリーズ構成】吉野 弘幸

【放 映】全国テレビ朝日系列 毎週日曜日午前6時30分

【公式サイト】http://www.toei-anim.co.jp/tv/wt/

【ジャンル】近未来異次元SF

【キャスト】

空閑遊真:村中 知
三雲 修:梶 裕貴
雨取千佳:田村奈央
迅 悠一:中村悠一
ギーヴ:櫻井孝宏

カロン:玉川砂記子

リリス:能登 麻美子

ゼノ:阪口大助

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する

 

【あらすじ】  

四塚(しづか)市もろとも、ゼノとリリスが乗ってきた船を破壊しようとするギーヴとカロン。これを阻止すべく、ギーヴとカロンにのっとられたフェリーとその乗客を解放しようと苦戦する修たちボーダー隊員だが、ギーヴの新型トリオン兵に苦戦を強いられる。

そんな中、修の発案でトリオンリフレクター(小型のトリオンの檻のようなもの)の破壊に成功。

フェリーとその乗客の解放に成功したボーダー隊員たちだが、それを見越したようにギーヴは、海中から超巨大トリオン兵を浮上させ、空中での爆破をもくろむ。

それを阻止するべく修とゼノがとった行動とは。。。

 

出典:なし

 

スポンサーリンク

 

 

ワールドトリガー 55話 デッド・オア・アライブの感想とあらすじ

 

今回は1つの山場ということでかなり盛り上がりました!いやぁ、楽しかったです。
ギーヴとカロンの策略を阻止するべく、集結したボーダー隊員。前回終わり際に登場した嵐山隊の嵐山以外にも、佐鳥、‎時枝もきているし、他にも荒船隊の荒船、来馬隊の村上など、強者たちが駆け付けます。
相変わらず、修とゼノはトリオンリフレクターにつかまったままですが、何とか外部との通信は回復します。そんな中、ゼノと修はそれぞれリリスと千佳に対する思いをぶつけあいます。
多少はお互いのことを理解したかと思いましたが、相変わらずゼノは冷たい。。。うーん、中々変わらないですね。
そんな中、ギーヴにのっとられたフェリーは四塚市を爆破すべく、遂にデッドラインを突破。半ばあきらめのゼノに対して、修は諦めません!
そんな修は、ふとしたことからトリオンリフレクターの弱点に気づき、全ボーダー隊員に提案を。。何と一旦トリオンリフレクターに全ボーダー隊員がつかまってしまいます。
そのうえで、一斉にトリオンリフレクターを内部から攻撃して、トリオンリフレクターを破壊します。複数のトリオンリフレクターを同時に稼働させた結果、1つ1つのトリオンリフレクターの壁が薄くなってしまった弱点をついたんですね。うーん、修の知恵が光りました!!!
トリオンリフレクターを破壊して表に出たゼノと修はトリオン供給源の破壊に成功!
これでギーヴとカロンのたくらみは阻止できたかと思い域や、ギーヴはトリオンをしこたま取り込んだ巨大トリオン兵を再起動して、上空での爆破を試みます。
巨大トリオン兵が水中から浮上する際の振動で、海に落ちたゼノはすんでのところで修に助けられます。
既にあきらめムードのゼノに修は、千佳をスコーピオから解放してくれと頼みます。千佳なら、あの巨大トリオン兵を撃破できると。。。
今まで修を信じていなかったゼノですが、ここにきて修の真摯な態度からか、千佳を解放。
千佳は、早速愛銃のアイビスをもって、遠方から、浮上してきた巨大トリオン兵を射撃!一気に射程圏外へ押し出して、爆破に成功します!
千佳の見せ場ですね!このシーンはかなり気持ちよかったです!

こうしてどうにか危機を乗り切ったボーダー隊員とゼノ、リリスでした。

修の煮え切らない(使えない)場面が今まで多かったのですが、ここにきて修も大活躍ですね!

ホント見応え十分な回でした!

次回は、「リリスの謎」です。遂にリリスのヒミツが明らかに!必見ですね。

  アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

スポンサーリンク

 


 

ワールドトリガー55話デッド・オア・アライブ 管理人評価チャート

 

ワールドトリガー55話感想レーダーチャート

 

 

 

 

 

ストーリー展開 20 今回は言うことなしの満点です!
トリオンリフレクターの弱点を突いた攻略法など、普段は使えないやつであった修の知恵がキラッと光りました!
また、ゼノとの信頼関係が今回のカギだったのではないでしょうか。
千佳の大活躍もあり、23分ぐらいにぎゅぎゅぎゅっと濃縮された感じの回でした!
登場人物 17 嵐山隊のみならず、荒船さんや村上先輩も参戦して、非常に充実した回でした。
セクシー&萌え 1 残念ながらこの手のものは少ないのが本作品ですね。。。うーん仕方なし。
感動 17

修とゼノの間にわずかな信頼関係と友情が芽生えた回でした!修のバカ正直かつ誠実な態度にゼノが初めて心を開きます。
しかもゼノが修のことを、初めて名前で呼びます!なんか自分のことのようにうれしかったです!!!

バトル 20

今回はバトル一色で楽しかったです!各隊員の個別戦闘もさることながら、修の知恵を使った戦いや、千佳の大出力アイビスなど、ホント見応え抜群です!!

 

 

アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク