ホーム » おすすめアニメ » ワールドトリガー » 71点【アニメ】ワールドトリガー56話 リリスの謎の感想とあらすじ

71点【アニメ】ワールドトリガー56話 リリスの謎の感想とあらすじ

71点 ワールドトリガー56話 リリスの謎
【ネタバレ注意】遂にリリスの謎が明らかになりました!といっても最後の最後で戦闘スタイルに切り替わってとてつもない力で敵を一蹴しただけですので正直謎が深まっただけです。内容がわかるのは次回かと。この戦闘スタイルもトリオン体なのでしょうか?どこかの書き込みで見ましたが、リリス自体がトリオン兵(作られた兵器)というのも見ましたが、真偽のほどは来週の「ゼノとリリス」で明らかになるはずです!
 

【原 作】葦原 大介(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)

【シリーズ構成】吉野 弘幸

【放 映】全国テレビ朝日系列 毎週日曜日午前6時30分

【公式サイト】http://www.toei-anim.co.jp/tv/wt/

【ジャンル】近未来異次元SF

【キャスト】

空閑遊真:村中 知
三雲 修:梶 裕貴
雨取千佳:田村奈央
迅 悠一:中村悠一
ギーヴ:櫻井孝宏

カロン:玉川砂記子

リリス:能登 麻美子

ゼノ:阪口大助


アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する

 

【あらすじ】  

せっかく集めたトリオンを使っての大規模襲撃を阻止されたギーヴとカロンは、次の一手を考えつつ、決定的な場面でいつも修に邪魔をされていることに気付き始める。

一方、訓練と称してシズカマリーンワールドを貸し切って、プールで戯れる修たち。樫きりのはずなのにそんな修たちを見つめる謎の視線。

シズカマリーンワールドで液体型トリオン兵の攻撃を受け、絶体絶命のピンチに陥った修たち。彼らを圧倒的な力で救ったのは、思いもよらぬ人物だった。

 

出典:なし

 

スポンサーリンク

 

 

ワールドトリガー 56話 リリスの謎の感想とあらすじ

 

前回の本気の襲撃をボーダー隊員に阻止されたギーヴとカロンは次の一手を考えます。そんな中、カロンが冷静に分析し、修が大事なポイントポイントで邪魔をしているので、彼を始末すれば?と言います。
一方、修たちは四塚市のシズカマリーンワールド(プール)を貸切で、訓練を実施。具体的にはゼノや遊真が泳げるようになるのがメインでしょう。ただ、他の人たちは泳げるのか、遊んでいましたが。
そんなシズカマリーンワールドにいる修たちをゼノは液体型トリオン兵を使って襲います。場所がプール施設ということもあって、液体型トリオン兵の核がかなり遠くで遠隔操作されているらしく、苦戦を強いる修たち。
ただ、施設の水循環施設を掌握し、敵トリオン兵の核を施設屋上へ誘導します。修の作戦通りに敵が姿を現し、千佳の狙撃でコアの破壊を試みますが、突如狙撃をした地価の方が暴発してしまい、修、千佳は直撃を暗いトリオン体が活動限界に。。。
でもよく見るとわかりますが、屋上から地上に落とされた遊真はまだトリオン体のままなんですよね。ここは多分次回で何らかの活躍をしそうです。
千佳のライフルが暴発した原因は、敵トリオン兵が水を介して攻撃できることを忘れてしまい、敵トリオン兵が水を地価の銃の中に忍ばせ暴発させたようでした。
また、今回のギーヴ達のやり口を見ると、やはり狙いは修に変えたようです。

千佳の銃が暴発し、絶体絶命の中、リリスが敵トリオン兵の前に立ちふさがります。そして遂に彼女の本来の姿?が明らかに。戦闘体といっていいような両手両足が剣のようになっており、さらに背中には何枚もの人工的な羽根が。。そしてリリスの一撃で敵液体型トリオン兵はあとかたもなく消え去ります。
そのどさくさに紛れて、ギーヴとカロンが修を人質としてとらえられ、遂にゼノとリリス、そして修たちの前にギーヴが現れます。
即座に攻撃しようとしたリリスですが、修が人質となったことを見て、動きが止まります。
今回はここまでです。
次回が非常に気になりますが、私の予想では、まだトリオン体を保っていた遊真が乱入しますが、結局修は人質としてギーヴ達に連れ去られ、引き換えにリリスを渡すように言われそうな気がします。うーん、戦闘体となったリリスの冷たい視線も気になります。もしや人格も変わってしまったのか・・・

 

アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

 


 

スポンサーリンク

 


 

ワールドトリガー56話 リリスの謎 管理人評価チャート

 

ワールドトリガー56話感想レーダーチャート

 

 

 

 

 

ストーリー展開 17 前半のシズカマリーンワールドでのちょっとしたサービスショット等は緩急をつけるという意味でよかったですが、タイトルにあるリリスの謎は最後の3分ぐらいでした。。大分引っ張られた感がありました。。
登場人物 18 遂にギーヴとカロンがその姿を修たちの前にさらした(直接対面した)という意味で進展ですね。
セクシー&萌え 16 あまり色気はなかったですが(^_^;)、宇佐美先輩やリリスの水着姿、さらに他のボーダー隊員の水着姿が拝めたのは、この作品としては珍しかったですね。サービスショットということで、高めにつけました。
感動 2

今回は感動するような場面はなかったです。

バトル 18

それほど白熱して、知略を使ったようなバトルはなかったです。ただ、それなりにバトルはあったのと、リリスの最後の超巨大攻撃もあったので、少々高めにしました!

 

 

アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク