ホーム » おすすめアニメ » ワールドトリガー » 55点【アニメ】ワールドトリガー 51話 ゼノのトリオン兵の感想

55点【アニメ】ワールドトリガー 51話 ゼノのトリオン兵の感想

ワールドトリガー 51話 ゼノのトリオン兵
今回はおもにゼノに関する事柄が次第に明らかになっていきます。タイトルにあるる「ゼノのトリオン兵」というのは、文字通りゼノが作ったトリオン兵=ゼノがトリオン兵のエンジニアだったことが明らかに。トリオン兵をかばった理由がこれでわかりましたね!オリジナルのゼノのトリオン兵のユニークな攻撃にも注目です。
 

【原 作】葦原 大介(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)

【シリーズ構成】吉野 弘幸

【放 映】全国テレビ朝日系列 毎週日曜日午前6時30分

【公式サイト】http://www.toei-anim.co.jp/tv/wt/

【ジャンル】近未来異次元SF

【キャスト】

空閑遊真:村中 知
三雲 修:梶 裕貴
雨取千佳:田村奈央
迅 悠一:中村悠一
ギーヴ:櫻井孝宏

カロン:玉川砂記子

リリス:能登 麻美子

ゼノ:阪口大助

アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

【あらすじ】  

ゼノとリリスの到来に呼応するかのように三門市とは別の都市・五島市で再び多数の新型トリオン兵が襲来、この異常事態にA級3位風間隊が戦闘を開始する。一方、修達はゼノ・リリス達とたこ焼きパーティーを催し、少しづつ親交を深めていく。そんな中、ゼノは修に自分の過去を話す条件として一対一の闘いを提案する。修は乱星国家エルガテスそして、ゼノとリリスの秘密を探るため一騎討ちに挑む!!

 

出典:ワールドトリガー 東映アニメーション

 

スポンサーリンク

 

 

【感想】

 

全体的にコンパクトに収まった回でした。たこ焼きを食べつつ和むシーンに、ゼノさまのちょっと怖がりなことがわかったり、また、ワールドトリガーの醍醐味のバトルシーンもあり、1話の中に要素を盛り込んだ回といえます。
まだまだ、リリス、ゼノ、そしてギーヴ、カロンの関係がはっきりとせずに気になります。カロンの1週間逃げ続けて・・・というような発言もあり、何らかのタイムリミットがあるような気がしました。リリスは王族?で王位継承などに巻き込まれているのかな?みたいな推測もしてしまいます。。
このあたりは次回で明らかになるといいなぁと思いますが。

 

  アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

 


 

 

管理人評価チャート

 

 

ワールドトリガー51話感想

 

 

 

 

 

ストーリー展開 18 エルガテスの追手であるギーヴから逃れるべく、リリス、ゼノ、修、遊真そして千佳は、廃墟となった遊辺地へ隠れる。もとお化け屋敷でたこ焼きを食べて和みつつ、徐々にリリス、ゼノのことがわかっています。
タイトルにもありますが、ゼノのトリオン兵はちょっと特殊。というのは、ゼノはトリオン兵を作るエンジニアだったとは。。
それだけでも驚きですが、お約束の友情のためのバトルもあり(俺のことをもっと知りたければ戦って勝て!とは(^_^;))、そこにギーヴの強襲も絡まって、ゼノのトリオン兵の実力がいかんなく発揮される回でした。
登場人物 16 新キャラはいないものの、木虎と緑川駿が監視役で終盤に出てくるなど、相変わらず層の熱いキャラ構成です。
上記でも書きましたが、今回は、ゼノに関することがカミングアウトされていきましたので、おそらく次回はリリスのことが次第に明らかになっていくと思います。
千佳とリリスの友情がはぐくまれていくのもいい感じです。
セクシー&萌え 4 ちょっとだけポイントつけました。リリスと千佳の友情に萌えポイント!
感動 1 今回は特になしです。
バトル 16 今回のメインバトルは、修とゼノがお互いを知るために(?)、友情バトルをするシーンかと思いきや、そこにギーヴが横やりを入れるという展開でした。バトル的には盛り上がりにかけましたが、こんなもんかと。ただ、ギーヴとカロンの攻撃が中途半端な感じがしますし、また、カロンの1週間やり過ごせばみたいなことを言っていたのがちょっと気になりますね。

 

アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する

 

スポンサーリンク

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク