ホーム » おすすめアニメ » 刀剣乱舞花丸 » 刀剣乱舞花丸(とうらぶ)4話のネタバレ感想とあらすじ

刀剣乱舞花丸(とうらぶ)4話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ 刀剣乱舞花丸(とうらぶ)4話卯月 強さって、なんだろうな

 

刀剣乱舞花丸の第4話のネタバレ感想です。

 

楽しみに観ている『刀剣乱舞 花丸』も、もう第4話。新しい刀も増えて、一層賑やかになってきましたね!

 

ところで、オープニングを観ていたら、少しですが前と変わっているところがありました。第3話までだと、薪を割る回数は2回あるのに、今回から1回のみになっています。おそらく少しずつ増えて変わっていっているのでしょう、ぜひ見比べてみてください!

 

今回のアバンは、新刀、堀川国広が担当しています。

 

 

 

 

テレビアニメ 刀剣乱舞花丸(とうらぶ)4話卯月 強さって、なんだろうなの公式あらすじ

『和泉守兼定』が顕現した。元の主が同じ新撰組、土方歳三の愛刀『堀川国広』は喜び、すぐに本丸案内を買って出る。大和守安定と加州清光も和泉守兼定との再会を喜び、新撰組の思い出話に花が咲く。 一方、庭にある万葉桜は満開。その樹の下では刀剣男士たちが花見を楽しんでいるが、『次郎太刀』が酔ってしまい大変なことに…。

 

出典:刀剣乱舞-花丸- 公式サイト http://touken-hanamaru.jp/about/story.html

 

続いて、以下のオリジナル「あらすじとネタバレ感想」をご覧下さいね。

 

スポンサーリンク
 

テレビアニメ 刀剣乱舞花丸(とうらぶ)4話卯月 強さって、なんだろうなのネタバレ感想とあらすじ

 

あらすじ

今回の新刀、次郎太刀(大太刀)、太郎太刀(大太刀)たちが、桜の下で、花見をしようと盛り上がっていました。昨日も一昨日も花見をしたとのことですが、いつでも皆乗り気のようです。

 

一方、安定は、池田屋の夢に何度もうなされていました。池田屋で沖田総司が持っていた刀は加州清光。それは分かっているのに、どうしても大和守安定を持っていることになっていると相談します。既に顕現して、相棒を待っている堀川国広(脇差)と清光が相談相手になっています。

 

近侍になった堀川は長谷部に呼び出され、刀剣男子の顕現を任されます。こちらの本丸の審神者は、非常に出不精で、動かないための手間を惜しまない人物とのことですが、一体どのような人なのでしょうか。

 

堀川は長谷部が説明し終えるまでに、相棒、和泉守兼定(打刀)を顕現させていました。顕現させる為に「兼さん兼さん兼さん兼さん……」と呟き続ける堀川は、半ば鬼気迫るものがあります。やっと来た和泉守と、感動の再会です。和泉守兼定と堀川国広は土方歳三の愛刀です。やっと顕現した和泉守に、まるで世話焼き女房のような堀川です。審神者から和泉守が鈴を預かっていますが、この鈴の設定は後で出てくるのでしょうか。

 

久々に終結した新選組の刀たち。和泉守は、早速稽古の相手をしてやると言います。まさかの真剣での手合わせです。安定は手合わせ中に、和泉守に足技を掛けられ倒れてしまいます。清光、堀川も応戦する形で2対2となります。安定と和泉守はお花見をしているところへ戦いながら乱入。和泉守と堀川の2振で二刀開眼の技を発揮しますが、顕現して間もない和泉守は、うまく身体を操れず、転んでしまいます。和泉守はもしかして、結構可愛らしい性格なのかもしれません。

 

時は戻り――新選組が手合わせをしていたとき。万葉桜の下で、お花見をしていた一行は、次郎太刀がお酒を飲み干してしまい、万屋にお酒を買い出しに出かけることになります。厚藤四郎、乱藤四郎、前田藤四郎の3人がおつかいに出かけます。万屋とは、ゲーム内では課金する場所、というイメージが強いですが、アニメでは何でも屋さん、まさに万屋です。全く関係ないものを買おうとする厚と乱。前田のみが、頼まれたものを買おうとします。結局買ったものは、乱はフェイスパック、厚は大阪城の三角の旗、頼みの綱の前田は、酒ではなく鮭を買ってきてしまいます。呆れる長谷部の横で、燭台切が爆笑しているのが印象的でした。

 

次の買い出し部隊に、鯰尾藤四郎とにっかり青江が名乗りを上げます。しっかり者かと思いきや、鯰尾はあれもこれもと、幕の内弁当を10個買うと言います。(幕の内弁当は、ゲーム内では回復アイテム)結局買ってきたものは、にっかり青江の怪しげな笑い袋と、必要なお酒は一向に買えていません。

 

しびれを切らした陸奥守吉行と山姥切国広が買い出しに出かけます。買ってきたものは、陸奥守はポラロイドカメラ、山姥切は音で踊るヒマワリのおもちゃ(フラワーロックというそうです)を買ってきます。

 

誰も肝心のお酒を買ってこないので、「俺たちが酒を買ってくる!」と鶴丸と燭台切が出かけていきますが、長谷部は「もうそれ、フリだろ!」と買い出し成功は期待していない様子。万屋では、燭台切が「卵が切れていたんだ、こんなことなら冷蔵庫を見てからくればよかった」と嘆いています。鶴丸は、フラワーロックがかけていたサングラスが気になる様子。結局、サングラスを全て買って帰ってきてしまいます。

 

次郎太刀は、もう自分で行く……と言って憔悴したまま出かけていきます。そこに、Aパートでの和泉守たちがお花見に突っ込んできたのでした。ようやっと、万屋でお酒を手にすることが出来た次郎太刀。壺ごと酒を飲み、復活する次郎太刀です。これは、後に出てくるかもしれないお酒好きの刀たちも苦労しそうです。

 

長谷部が残金を確認すると、跡形もなくなっていました。思わず青ざめて倒れる長谷部。それでも和気あいあいとお花見をする刀たち。写真も撮って、出不精な審神者へのお土産も、たくさん出来たのでした。

 

EDは和泉守兼定と堀川国広が歌う「時ぞとも無し兼備の華よ」。まさにデュエット!といった感じの、明るくテンポの良い曲です。

 

スポンサーリンク

 

 

感想

安定の見ている夢が何度も出てくるので、最後になるほど重要なシーンなのかもしれませんね。時間遡軍が、もし歴史を変えてしまったら……沖田総司が持っていた刀は、加州清光ではなく、大和守安定になってしまうのかもしれません。一体どんな意味が含まれているのか、気になるところです。

 

出陣は毎回あるのかと思いましたが、3、4話と出ていないので、次はどうなるのかも見どころです。個人的には、花丸はゆるい日常話だと思っていたので、ほのぼのしている姿を観られると良いなと思っているのですが……。そして、気になる次回の新刀は誰なのでしょうか!最後までいくと何振が顕現しているのか、一人一言ずつのセリフでもなかなか尺が足りなさそうです。お気に入りのキャラはもう出てきましたか?次回も楽しみに待ちましょう!

 

This article is written by Shio 

 

【広告】電子レンタルコミックRenta!
無料サンプル結構読めます

 

次回(第5話 皐月)は「優しいは、強い」です。ついに天下五剣の一振り、太刀『三日月宗近』が顕現します!

 

 

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク