ホーム » おすすめライトノベル » 対魔導学園35試験小隊 » 【アニメ版】対魔導学園35試験小隊の感想と原作ラノベとの比較。続編はあるか?

【アニメ版】対魔導学園35試験小隊の感想と原作ラノベとの比較。続編はあるか?

アニメ版対魔導学園35試験小隊の感想

 

アニメ版は1クール(全12回)ということで、原作のどこまで放映されるか気になってみていましたが、原作の5巻目まででした。5巻と言えばタケルの妹であるキセキがメインヒロインとなっていた巻ですね。思いっきりネタバレですが、原作とは違った終わり方でしたね~。詳細は後ほど書くとして、原作の持ち味がどのくらい忠実に反映されているか、いつもならがアニメ化になると気になると事です。

で、本作品については、ぎりぎり及第点といったところでしょうか。。。

今回は細かいジャンルごとの配点はしませんが、ざっくりと感覚で75点ぐらいでしょうか。。。

 

【原 作】柳実冬貴

【監 督】河村智之

【シリーズ構成】下山健人

【放 映】TOKYO MXほか 毎週水曜日25時05分

【公式サイト】http://35shoutai.jp/

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【キャスト】

 草薙 猛(くさなぎ タケル):細谷佳正
 鳳 桜花(おおとり おうか):上田麗奈
 西園寺 うさぎ(さいおんじ うさぎ):大久保瑠美
 杉波 斑鳩(すぎなみ いかるが):白石涼子

 二階堂 マリ(にかいどう マリ):伊藤かな恵

 ラピス:野水伊織

 鳳 颯月(おおとり そうげつ):三木眞一郎

 草薙 キセキ(くさなぎ キセキ):安済知佳

 ホーンテッド:遊佐浩二

アマゾンで購入する 楽天市場で購入する 

スポンサーリンク

 

アニメ版対魔導学園35試験小隊の感想とネタバレ等々

 

さて、ざっく、ざっく、書かせてもらいます。

テレビ版の対魔導学園35試験小隊、終わってしまいましたね~。冒頭でも書きましたが、原作のよい持ち味がどれだけうまく反映されているかすごーく気になってみていました。

 

最初から通してみたのですが、最後のキセキのエピソードの前までは比較的原作に忠実でした。ただ、どうしても限られた時間なので、細かい登場人物の心理描写が100%表現されていない感が否めませんでした。

 

絵についてもちょっとシャビーな感じがしました。。。

特に魔女狩り化のシーンは一見かっこいいのですが、毎回お決まりのポーズをとるところなどは、ちょっと古臭いなぁという感じがしました。

あ、この点思ったのですが、シリーズ構成の下山健人氏は、戦隊モノのニンニンジャ―の脚本を担当するなどのベテランさんみたいですので、戦隊モノを意識したビジュアルになっていたかもしれません。

 

タケル以外の魔女狩り化した格好も、言われてみれば、仮面ライダー系と言えなくもないですよね。

 

話がそれました(^_^;)。

 

で、全体的には原作を知っているためか、限られた回数ということもあり、かなり駆け足という感じがしました。

完全に原作からかけ離れたといは当然言えませんが、チープな感じは否めませんでした。個人的には原作は結構高く評価しているので、原作を知る人間としては、このクオリティはちょっと悲しかったです。。。

ソードアートオンラインや、魔法科高校の劣等生ぐらいのクオリティがあると非常に良かったと思うのですが。。。

 

 

さて話は、最後のエピソードに移ります。

 

原作(5巻)を読んでいる人はご存知かと思いますが、終わり方が原作と違うんですよね。。。最後の最後にちょろっと草薙オロチが出てきますが、アニメしか見ていない人には、こいつは突然出てきて誰だ??といった感じですよね。

カナリアも出てきましたが、こっちはもうわかりますよね。でも、斑鳩と伊砂が作って、数年しかたっていないのに、もう15才前後の体に成長していたところの説明もなく、微妙に違和感が残ったと思います。

この点、原作ではきちんと説明がなされているので、違和感ないんですけどね。。。

 

で、原作では、キセキはどうなったかというと、結局タケルは救え切れずに(といっても完全に死ぬわけではないですが)、鳳颯月とアルケミストの手に落ちてしまうんですよね。しかも首だけの状態なって。。

 

他方、タケルは、師匠である草薙オロチから草薙諸刃流の奥義「クサナギのツルギ」を受け、気を失ってしまいます。そしてオロチに魔女の国(聖域(内側)の世界)に連れて行かれて、さらに物語は進むんです。ちょうネタバレですみません。

 

このあたりは、ラノベ5巻の感想ページを見てください。

 

アニメ版の終わり方だと、タケルは結局魔女の国にはいかずに、こちら側(外側)にキセキとともに残ることになってしまいますよね。。。

 

そうすると原作と大きく異なってしまうのですが、もし2期目を作るとしたらどうするんでしょう。。。

 

そうそう、ホーンテッドは原作ではキセキの前には出てこなかったと思いますし、まして桜花にやられたりもしませんので(もっとも、完全に殺されたかはアニメ版では不明ですがね)。

 

原作ではその後ホーンテッドは結構重要な役割を果たしていますので、嫌なやつですがいないと困るキャラなんですよね。。

 

でそうなると、2期目があるのか?が気になります。

 

スポンサーリンク

 

アニメ版対魔導学園35試験小隊の続編(2期目)はあるのか?

 

では2期目はあるのでしょうか?

 

ずばり個人的には難しいと思います。先ほども書きましたが、終わり方が原作とは大きく違うんですよね。ここから原作の内容に引き戻すには、ちょっと大変な気がします。

 

もっとも、つなぎということで、原作のラインに戻す前にアニメ版用のオリジナルストーリーを作ってつなげれば行けなくもないですが、そこまで果たしてやるか?ですよね。

 

原作を知る身としては、やはりどうしてもアニメ版と原作(ラノベ)を比較してしまいますが、ストーリーの重厚さは雲泥の差です。やはり原作の雰囲気や持ち味を今回のアニメでは伝えきれていないと思います。

なので、これ以上、残念な思いはしたくないので(辛口ですみませんが)、できれば2期目は作らないでほしいです。

厳密にいうと、これまた辛口ですが、今回の制作陣ではということです。

 

他方、声優については、非常にキャラにマッチしていたと思いますので、こちらはいうことなしです。

 

これだけマッチしていたのに、作品自体がシャビーになってしまいちょっと悲しいです。

 

この点はやはり監督さんの力(経験値)によるところも大きいのでしょうか。。。

 

まあ、言いたいことばかり書かせてもらいましたが、「対魔導学園35試験小隊」自体は非常に奥が深くて、人間味のある良質な作品なので、アニメ版で知った人はぜひ原作のライトノベルを手に取ってほしいです!

 

 

 原作(ライトノベル)はこちら↓

 楽天市場で原作を購入する 

 お奨め 既刊原作全巻まとめ買いはこちら

 

 

 管理人の原作(ラノベ)の感想はこちら

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク