ホーム » おすすめライトノベル » ねじ巻き精霊戦記-天鏡のアルデラミン » ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン3巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】71点

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン3巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】71点

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン3巻

 

早速ネタバレ感想ですが、シナーク族の動乱が終結を見たかと思ったら、今度はアルデラ神軍が侵攻してきました!ただ、これを焚き付けたのが、キオカ共和国ということですからホント共和国はたちが悪いですね。シナーク族も焚き付けているわけですから。

 

そして、遂に永遠のライバル(予定)のジャン・アルキネクス少佐が登場します!ジャンがまた曲者でイクタといい勝負です。ただ、イクタの方が性根が悪いですが(^_^;)。

 

永遠のライバルとの直接対決は思いのほかドロドロでした。おそらくジャンにとっては生涯でも最も思い出したくない敗戦なのではないでしょうか(^_^;)。

 

詳細は以下をご覧くださいね。

原作ライトノベル情報

【著  者】宇野朴人

【イラストレーター】さんば挿、竜徹

【出版社】 電撃文庫

【発売日】 2013/4/10

【ジャンル】異世界軍事ファンタジー

【ISBN-13】978-4048915335

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン3巻の公式あらすじ

大アラファトラ山脈でアルデラ神軍の大軍と向かい合う、疲労困憊の帝国軍。

勝ち目の見えない状況で、イクタは起死回生の奇抜な作戦を決行する!そしてかたや、帝国軍を攻めるアルデラ神軍の中に、ひときわ目を引く一人の軍人がいた。

彼こそ、『不眠の輝将』と讃えられる英才。強敵としてイクタの前に立ちはだかる男であった―。

不世出の二人が激突し、大森林を舞台に、息詰まる戦いが繰り広げられる。

果たして、その結末は…!?

話題の本格派ファンタジー戦記、ますます盛り上がる第3巻の登場。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

スポンサーリンク

 

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン3巻の感想とあらすじとネタバレ

 

やっとシナーク族の動乱を平定したと思ったら、今度はラ・サイア・アルデラミン(宗教国家)という前代未聞の敵との戦いです。もっとも、きっかけはサフィーダ中将の精霊虐待であり、すきを作ったのは帝国の方なんですがね。まぁ、帝国が末期症状であることを如実に語っていますね。

 

そんな中、若き尉官たち(騎士団)は、イクタの知略、ヤトリの戦術力に助けられてどうにか友軍の撤退を可能にします。ホント、英雄並みの働きですね。なにせ相手はキオカ共和国の不眠の輝将ですからね。そんな大物相手にイクタ、ヤトリ、トルウェイの活躍は目を見張るものがありました!

 

アルデラ神軍からの追手をどうにか食い止めて、自国に戻ってきた騎士団を次は何が待っているのでしょう?

 

詳細は以下の章立ての感想、あらすじをご覧くださいね。

 

プロローグ

大アラファトラ山脈に住むシナーク族は、年に一度大きなお祭り、謝礼祭を行います。神殿への参拝をして、そして、一族あげて精霊への感謝をささげる宴も開かれます。お祭り期間中、女性が男性を夜這いするのも一族の慣習らしいです(^_^;)。ただ、宴やよばいなどは大人の行事であって子供は早く帰って寝るように言われており、つまらなそうです。

 

そんな中、幼い日のナナク・ダルは、アラナイの調査団に交じってシナーク族に訪れていたイクタ・サンクレイを夜這いします(^_^;)。ただ、夜這いとはなんなのかよく理解していない二人で、結局夜遅くまで二人して語らいあっていただけですが。。。

 

そんな温かい思い出を後に、今約10年の時を経て二人は邂逅します。イクタはカトヴァーナ帝国陸軍の軍人として、ナナクはシナーク族の族長として。最初ナナクはイクタに気づいていないようでしたが、イクタは、今回のシナーク族との戦いの中で、帝国兵士が行った非道に対してわびます。戦争で殺し合ったことのお詫びではなく、戦闘の最中、また戦闘後の非戦闘員への無用な暴行と虐殺に対してのお詫びです。ただ、口で詫びるのは簡単です。そこでイクタは昔ナナクに聞いたシナーク族の逸話に倣って、自分の小指を第一関節から第三関節まで3回にわけて切断し、お詫びのしるしとします。これをみたナナクはそこで初めてイクタが幼いころにであった子どもだと思い出します。そして、イクタの詫びを受け入れ、アルデラ神軍の迎撃に加勢することに同意します。

 

今回の戦闘を経て、かなりの将校が死んだこともあり、イクタ、ヤトリは中尉に、トルウェイ、ハロ、マシューは少尉に昇進します。そんな中、アルデラ神軍に対してどうするべきかの軍議が開かれますが、サフィーダ中将が叫ぶだけで誰も答えず。みんな答えは知っているんです。誰かが足止めをして本隊が撤収する時間を稼ぐ必要があると。ただ、それを言い出したらその役もやらなくてはならないのでみんな黙っているんです。そんな中、イクタとヤトリに焚き付けられたサザルーフ大尉がその案を提案し、自らがしんがりを務めることに。。。当然、騎士団の連中も一緒です。うーん、サザルーフ大尉としては優秀な部下を持った分、つらい役回りもついてくるので大変ですね。

 

 

第一章 炎の壁

作戦の内容ですが、本隊を逃すために1個大隊(600名)+シナーク族200人で、火計を仕掛けて、ガガルカサカン大森林に火の壁を作り、アルデラ神軍の進軍を阻むもの。あと3日と11時間ぐらいでアルデラ神軍が到着するのでそれまでが勝負です。迅速な対応でどうにか期間内に炎の壁を作り上げたイクタ達です。

 

他方、アルデラ神軍の大将アクガルパは到着早々、炎の壁を突破する方法について、客員将校のジャン・アルキネクス少佐を呼びつけます。ジャンはキオカから来ている客員将校なんです。通り名が不眠の輝将(ねむらずのきしょう)と言って、かなり優秀な将校です。イクタの生涯のライバルになる人物です!ジャンは火には火をということで、こちらも火を用いて炎の壁を攻略しようと言いだします。

 

お互いの動きを見ている双方ですが、いずれも相手の迅速な対応と手際に、まだ見ぬ敵が一筋縄ではいかないことを感じ取っています。特に不眠の輝将=ジャンは、強敵が相手側にいることを知って目を輝かせています。
火線防御陣地に対しては、迎え火(予め延焼の進路に広範囲の焼け跡を作って、燃えるものがない状態にし、鎮火するというもの)で対応していますが、どうもキオカの方には別動隊がいる様子。しかもイクタ達からみて炎の壁のこちら側だそうです。伝書鳩でやりとりしているようですが、その別動隊の隊長はジャン少佐の副官であるアミラ・ギン中尉の兄みたいです。別動隊が結構ネックになってきそうですね。

 

スポンサーリンク

 

第二章 常怠 vs 不眠

火線防御陣地が張られて数日が立ち、イクタはそろそろ一戦交えようという提案をします。その理由とするところは、現在ガガルカサカン大森林の主な林道は炎の壁でふさがれていますが、実は西側に迂回路があるんです。敵も火の勢いが消えないのを見て迂回路を検討し始めるころであることから、迂回路を行かせるよりもこの正面の林道にくぎ付けにするために一戦しようというものです。具体的には、正面の林道の火の勢いを意図的に弱くして、敵(アルデラ神軍)を誘い込みます。敵は罠とわかっていつつ、迂回する時間も惜しいし何より数ではアルデラ神軍の方が多いことから誘いに乗ってくるはずというもの。事実彼らは誘いに乗ってきます。

 

夜間の戦いになりましたが、イクタ達にしてみれば予定通り。トルウェイやマシューの部隊が風銃で敵の数を割きますが、敵の数は総勢12,000ですからね。きりがないです。そんな中、敵は大きな杭を打って、砲台を作る様子。そこにヤトリとナナクの部隊が切り込んでいきますが、途中ナナクの部隊(シナーク族)は、ヤトリの制止も聞かず前に出すぎてしまい、敵のエアライフルの餌食になってしまいます。30人以上の死者を出す中、ナナクも絶体絶命のピンチに。そこにイクタとヤトリの部隊が阿吽の呼吸で助けに入ってナナクたちシナーク族を救い出しますが、その結果イクタの隊からも死人が出ます。敵本隊の戦力を一通り削った後、イクタ達は速やかに撤収し、再び火線防御陣を引きます。要は意図的に火を弱くした穴を再び火をつけて通れないようにしたんです。

 

地団駄を踏むアルデラ神軍のアクガルパ大将。ジャンも敵の引き際の良さに攻めきれなかったことを認めます。ただ、敵との戦力差を考えると戦略的には勝利とも言えると詭弁を弄します(^_^;)。

 

他方、うまく敵を振り切って後方に撤収したイクタ達。今回の戦闘では騎士団の部隊にも10人前後の死人が出てきます。いまさらですが戦争の怖さを実感する面々です。また、イクタの部隊の副官スーヤが自分の同僚や仲間がシナーク族救出の際にに死んだことについて憤っています。シナーク族のせいで大切な仲間が死んだとイクタ、そしてナナクに詰め寄ります。感情的にはわかりますが、軍人とは理不尽な命令でも従うもの。そのあたりの整理が頭では分かっていてもできない様子でした。。ヤトリも間に入って今回の対応は正しかったと伝えますが、スーヤはなかなか納得ができない様子。その際ヤトリに対して、命令ならばイクタでも殺すのか?と詰め寄ります。ヤトリは冷静に命令ならば実行すると冷酷に告げます。。。イグセムという血のなすところなのでしょうか。納得できずその場を立ち去るスーヤでした。

 

スポンサーリンク

 

第三章 亡霊と狩人

シャミーユ殿下は現在北域鎮台の管轄地域でも一番南の基地にいます。半ば軟禁に近いんですかね?北域鎮台司令長官のサフィーダ中将の命令で、この基地に逗留させられています。サフィーダ中将の独断でのシナーク族討伐を中央へ伝えさせないことを目的にしているようです。ただ、姫殿下も黙っているわけではなく、帝室の権限を持って文を中央へ届けさせたようですが。。そんなシャミーユの下に今度はアルデラ神軍が攻撃してきたとの報が入ります。。。

 

帝国軍の裏側に潜んでいるキオカ軍の特殊部隊カラ・カルムは、ジャン少佐からの伝書鳩を受けとり、行動を起こします。内容は西の迂回路へ回っての自軍の援護です。ときを同じくして、帝国軍側もアルデラ神軍の動きを見ます。具体的には西の迂回路へ兵を回したこと。戦場が動きます。イクタたちも何らかの対応を迫られます。そこにサザルーフ大尉が自分が西の砦にはいくと言いだします。一応この大隊の司令官ですから、えっ・・・って感じがします。が、ここはサザルーフ大尉のできた人物で、客観的に見て自分には手に余っており、イクタやヤトリがいたからここまでできたと。砦での防衛ならば自分はできるがこの火線防御陣地の維持にイクタやヤトリがいなくなるのはまずいということです。うーん、サザルーフ大尉はいい意味でプライドとかなくて好感度大ですね。ただ、イクタはトルウェイの部隊を連れて行くように言います。カラ・カルム退治には必要ということです。西の迂回路にある砦についたトルウェイは早速イクタに言われた通り、カラ・カルムを打つべく、砦の周りを散策し、敵の襲撃に備えます。

 

他方、本陣に残ったイクタ達も、粛々と無理せずに火線防御陣地の維持に努めます。そんな中、キオカが今度は東側に気球を上げているという報告が。。気になってイクタはナナクに東側にも迂回路があるか聞きますが特にないとのこと。これでほっとしますが、本当にそれでいいのでしょうかね?まぁ本来のイクタならば、もっと疑ったのでしょうが、疲弊していることもあったのかもしれません。ただ、これが後で命取りになります!

 

さて、西の迂回路では、イクタの予測通り帝国側の砦をカラ・カルムがエアライフルで襲撃をしようとしているところです!とそこに思わぬ襲撃がカラ・カルムを襲います。トルウェイです!カラ・カルムが襲撃してくることを予想して、さらにカウンターアタックをかけられる場所(高台の尾根)から、カラ・カルムを一方的に狙撃したんです。さすがのカラ・カルムもこれには対応できず、敗走してしまいます。西側の迂回路はこれを持って帝国軍側の勝利に終わります。

 

そんな西側の勝利の報が本陣に届いたのもつかの間、東側に敵の増援部隊が到着したとの寝耳に水の報告が入ります。ジャンの指揮のもと、東側にはなんと爆砲6門が配備されたんです!これで一気に形勢逆転です。東側を皮切りにアルデラ神軍(厳密にはキオカのジャンの部隊)が火線防御も突破して襲い掛かってします。敵の数は300ぐらいの騎兵さらにエアライフルを持っています。しかもキオカの精鋭部隊です。イクタ側がさける人員はヤトリの部隊を入れても122人が限度。しかも装備は相手よりも劣ります。でもこれでもやるしかないんです。イクタは自分の油断が招いた失態ということで自ら打って出ます。一緒にヤトリ、ナナクを連れだって。

 

 

第四章 対決

イクタはヤトリ達と共に東のキオカ兵に向けて急行します。その最中にどのように迎え撃つか考えます。戦術的にはかなり厳しいですよね。。で、思いついた戦術はかなり下策です。ただし他に方法がないのでやむを得ません。その内容というのは、敵騎兵が通り過ぎるまで藁の下などに隠れ、敵が来た時に馬の目にハイビームを浴びせて乱戦に持ち込むもの。これにより、敵騎兵の機動力をそいで、さらにエアライフルの距離の有利をつぶします。そのうえで、敵に対して「交渉受け入れ」の旗で交渉を促すというもの。ただ、これには続きがあって、交渉の際に、イクタは敵将ジャンの胸元にハイビームを照り付けて、味方の狙撃兵がいつでもお前を殺せると脅すというもの。。実際には狙撃兵はいないんですがね。。ただ、相手としては十中八九狙撃兵はいないとわかっていつつも、万が一があるので強気に出ることもできず、結局ジャンの方が折れます。キオカ兵を撃退したものの、イクタ達の方も60人を超す死者を出すことになってしまいました。。。

 

どうにか予定どおりアルデラ神軍の足止めに成功して、後方の基地に撤収するイクタ達。安堵する面々ですが、なんとそこに手負いのカラ・カルムの隊長、ニルヴァ・ギンが現れます!フラフラのイクタを人質に、ヤトリに剣での一騎打ちを要求します。ヤトリはこれに応じます。ニルヴァは既にカラ・カルムとしては死んだとして、一人の武士(もののふ)として剣での勝負を望んだようです。どうもトルウェイに負わされた傷で助からず、どうせ死ぬならば剣士として死にたいと思ったのでしょうか。。。そんな気概に応じての一騎打ちです。ただ、どうしてもヤトリ(というよりイグセム)には及ばず、ニルヴァはヤトリの前に倒されます。ただ、彼としては本望だったと思います。。

 

エピローグ

北域動乱から4か月と2週間。イクタ達、騎士団は一人も欠けることなく帰ってきます。そこにはシャミーユ殿下も待っていました。騎士団の面々が無事なのを見て喜ぶとともに、イクタをみたときには恥も外聞もなく、イクタに飛びついてしまう有様です。うーん、どうみてもシャミーユはイクタに惚れてますよね。そんなシーンを臣下として見ているヤトリですが、そこにはナナクもいてシャミーユに食って掛かろうとしますが、そこはヤトリに抑えられてしまいます。

 

中央に戻ってきたイクタ達ですが、一緒になぜかサザルーフ大尉も。イクタ曰く、優秀な上官が北域の下士官に甘んじているのはよくない!ということだそうですが、これから何かに巻き込まれること必至ですね。。。サザルーフ大尉ご愁傷様です<(_ _)>。。。

 

次回へ続く!

 

【広告】電子コミック
無料サンプル結構読めます

 

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

続いて、以下の管理人のレーダーチャートを見て下さいね。

 

スポンサーリンク

 

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン3巻の管理人評価チャート

ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン3巻の感想レーダーチャート

 

 10点満点です。↓
主人公 8 シナーク族との戦いで初陣を果たしたイクタ達。その後処理で冒頭から読者の想像を超える展開が待ってました。なんと、イクタが自ら小指を詰めたんです!これには驚きでした。うーん、なんだかんだ言っても彼も英雄になってしまうと思うんですよね。
また、宿敵ジャンと一戦かますことになった原因、爆砲の使用を見抜けなかったのは、ちょっと意外でした。管理人の中では、東側でキオカが無意味なことはしないということから、何かがあることを導き出せたと思うのですが。。ただ、それをやっちゃうと物語が進まないのもわかります。
ヒロイン 9

気が付けば、イクタを取り巻く女性陣が徐々に増えているんですよね。。。ヤトリ、ハロ、シャミーユ殿下、スーヤ、ナナクなどなど。。。どこまで増殖するのでしょう(^_^;)。でも個人的にはやはりヤトリとくっついてほしいです。あ、ハロもいいですよ!

登場人物 8 キオカ共和国やアルデラ神軍の登場で登場人物も増えます!軍隊ものだから仕方がないですが(^_^;)。個人的には、やはりジャンとイクタとの知略の限りを尽くした頭脳バトルが面白かったです!他方、カラ・カルムの隊長であるニルヴァ・ギンとヤトリの一騎打ちも見ものでした。本作はそういった意味では、一度で二度おいしい作品ですよね。
セクシー 3 今回はなかったです。
萌え 3 萌えもほとんどなかったです。萌えと言えば精霊が可愛らしいんですが、正直本作は精霊がいなくても話は成り立つ感じなんですよね。タイトルにつけるほど精霊の位置づけがクローズアップされたり、物語のキーになるまではなっていないです。
バトル 10

肉弾戦(白兵戦)担当のヤトリとニルヴァ・ギンの戦いは見ものでした。また、戦術的なバトルだけでなく、戦略的な視点からのバトルも本作の特徴ですね。この点もいかんなく発揮されていて楽しかったです。ただ、東側からジャンが攻めてくるところをイクタが気付かなかったのは正直不満でした。今までのイクタの能力の高さからして本来ならば気づく内容でしたし。ただ、そうれをいっちゃうと物語が進まないのでこの辺にしておきます。

テンポ 7

戦争、戦争、また戦争・・・ということで、何日、何週間もずっと戦場で戦い続けている兵士たちは想像を絶すると思います。シナーク族動乱を平定していったんは落ち着けると思ったら、さらに裏から本物のボスキャラが出てきたノリですよね。なので、かなり長い緊張で読んでいて神経すり減りました。。。

感動(涙・笑) 4 ニルヴァ・ギンが武士(もののふ)の矜持としてヤトリと戦うなど、男の子としてはぐぐぐっと引かれるところはありましたが、涙が出るほどではなかったです。
あ、つまらないというわけではありませんので。。
奥深さ 10 ラノベではあまりない戦略面からの広大な話で読んでいる方も頭を使いました。また、爆砲の運用方法などかなり細かい設定で練り込まれているのを感じました。話も最終的にどういったところに落としどころを見出すのか、まだまだ先が読めないです。
意外性 8

上記でも書きましたが、イクタが東側からのジャンによる爆砲攻撃などを読めなかったのは意外でした。また、カトヴァーナ帝国の国教はアルデラ教なのに、その本体(=ラ・サイア・アルデラミン)と戦争になるなど、ちょっと理解に苦しみましたが、そういうものなんでしょうね。いくら国教としている宗教の本丸の宗教国家が相手としても、属国になっているわけではないので。それにしても精霊の出番が少なすぎですね。タイトルに精霊戦記を入れている宇野先生の意図がいまいちわからないです。まあ、これからわかるかもしれませんがね。

 

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

  

アルデラミン既刊ラノベ一覧

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク