ホーム » おすすめライトノベル » 対魔導学園35試験小隊 » 対魔導学園35試験小隊6巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】92点

対魔導学園35試験小隊6巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】92点

対魔導学園35試験小隊 6巻 瑠璃色の再契約

 

「瑠璃色」の再契約とあるとおり、トワイライトタイプのレリックイーターであるラピスラズリ(ミスティルテイン。表紙の女の子)と、タケルがお互いを再度見直しあって、再契約をする話です(まんまですが ^_^;)。ただ、ネタバレですが、その過程でラピスの前の契約者の正体や、世界の破滅に導いた戦いの全容が明らかになります!まさか、もう一つのトワイライトタイプのレリックイーターのレーヴァテインの前の所有者がタケルの師匠である草薙オロチで、しかも世界を破滅(アカシックハザード)に導いた戦いの張本人だったとは、驚きです。ただ、話はそんなに単純じゃないんですよね。

このあたりの描き方がかなり秀逸です!点数もかなり高得点ですので、お奨めです。

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2013年12月20日

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】 978-4047129795

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する 

お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

対魔導学園35試験小隊 6巻 瑠璃色の再契約のあらすじ

 

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。幻想教団=魔女達の育成機関『魔導学園』に捕らわれたタケル、ラピス、マリの3人は、このままだと処刑されるという危うい立場にいた。魔導学園での生活を強いられる中、どういうわけかタケルを拒絶し続けるラピス。

「あなたは私を手放した。それが全てです」

そんな中、幻想教団の過激派『全能の魔女』のエリザベーテがラピスへと襲いかかり―。

失われた絆を取り戻す学園アクションファンタジー!!

 

出典:「BOOK」データベースより

スポンサーリンク

 

対魔導学園35試験小隊 6巻 瑠璃色の再契約の感想とあらすじとネタバレ

前巻の最後からスタートです!

オロチに連れられ、タケル、マリ、そしてラピスは、魔法使いの国と言っても過言ではない、聖域の内側に入り込みます。中は人が住めないという話でしたが、実は入れたんですね。そこにはまさに魔法の国が。。。

オロチとマザーグースは、タケルにこちら側に移れと言いますが、タケルは35試験小隊の面々を放ってはおけないとのこと。

そんな中、オロチはタケルにラピスと再契約をしろ(=メロメロに惚れさせろ)といいます。

今回再契約ということで、改めてラピスと神器について詳しく書かれています。

また、前所有者がどんな人だったのか、また、先のアカシックハザードの裏にある真実など、盛りだくさんです!ただ、テンポが悪いわけでもなく、サクサクそして重要なこともわかりやすくて、呼んでいてのめり込んじゃいました!

総合点数としては、92点と高めです!この作品はかなり緻密に練られていて、バトルもかなりしっかりしているのでお気に入りです~。

詳細の感想とあらすじは以下の賞だ出てみてくださいね!

 

プロローグ

タケルは前回の最後に師匠である草薙オロチにシェルター内に連れてこられます。シェルター内は虚無属性の魔力が充満し人は住めないと言われていましたが、実はその中には、魔女たちの国が広がっていました。

そしてオロチはタケルにいいます。こっち側につけと。。。

まあ、今までの経緯を考えると大切なものをたくさん、ヴァルハラの幹部たち(特にホーンテッドでしょうかね)に奪われ蹂躙されてきたことを考えても、ヴァルハラ側につくなんて難しいですよね。。。

 

第一章 魔導学園

さて、タケルはシェルター内側の世界に来て、何日も眠っていましたが、目を覚ましたということでシェルター内のイーストサイドにある「魔導学園」に通うことになります。まぁ、人質みたいなものですが、その過程において、マザーグース(学園の理事長でもある)から、ラピスがただのレリックイーターではなく、世界を滅ぼしたアカシックハザードの原因であり、かつ、異世界の神の武器(神器)であることを聞きます。そしてその強大すぎる威力にヴァルハラの幹部(元老院)は脅威を感じており、処分も検討中とのこと。。。処分を避けるには、契約が切れたラピスと再契約(=オロチ流に言うと惚れさせろ)をして、危険性がないことを証明しろと。。。

 

 

第二章 仮初めの平穏

てなことで場面は魔導学園内。魔導の授業を受けることになりますが、当然魔導学園なので生徒は基本魔女か魔法使いで魔導に関係するもの。タケルの身を案じて、一緒にこっちの世界に来た二階堂マリは魔女なので当然のように学園内ではすでに溶け込んでいます。
そんなマリに助けられつつも、タケルのお目付け役として、杉波斑鳩と杉波伊砂が生み出したカナリア(ハーフウッドエルフ)が付きまといます。
イニアとアナンダというクラスメイト(いずれも女の子)もできて、表面的には楽しい学園生活が。。。
でも、ラピスとの関係修復をしたいタケルですが、肝心のラピスは、タケルを遠巻きにみつつもほぼ無視状態。屋上で1人でリンゴを食べたり(挿絵もあってかわゆいです)。。
そんな状態でも、ぽつぽつと前の所有者である草薙ミコトのことを話してくれます。。ただ再契約には程遠いですが。

 

第三章 ラピスラズリ

学園生活を送りつつ、ラピスとの関係修復はどうすればできるのか苦慮しているタケルですが、クラスメイトのイニア、アナンダから、イーストサイド内を案内してくれるとの申し出が。。カナリアは反対しつつも、しぶしぶついてきます。結果、タケル、ラピス、マリ、カナリア、そしてイニアとアナンダでホウキにのっていくことに!当然空飛んでいきます。
たけるはラピスの操縦する飛行用ホウキにのってラピスと二人きりに。こんなチャンスはなかなかないのでラピスに詫びを入れますが、ラピスは冷たい対応です。。。ラピスにしてみれば前巻で神狩り化として融合直前で草薙が剣形態をとったラピスを手放したこと=契約破棄=ラピス曰く人間目線でいうなら、ムードを作ってキスをして服を脱いで、そしてエッチ直前にやっぱりお前の体は魅力ないからやめよう、といったのと同義とのことです。(←結構このシーン気に入ってます)。タケルとしてはそんなつもりではなかったのですが、やられた方はショックですよね。
そんな話をしている最中に、マリの操縦が下手なのか、マリの操縦したホウキが反人間主義者がいるウェストサイドまでいってしまい、トラブルに。。タケルとカナリアの活躍でその場を乗り切りますが、遺恨を残すことになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

第四章 最初の宿主

タケルは、オロチにけいこをつけてもらいます。そして今までどれだけ自分の技が未熟で無駄があったかを思い知ります。そんなけいこの中でオロチがもう一つのトワイライトタイプのレリックイーター、レーヴァテインの契約者であり、アカシックハザードのときに、ラピスの契約者だった実の姉(草薙ミコト)を手にかけたことを知ります。
その夜、ラピスが全裸でタケルを夜這い(^_^;)します。そして熱い口づけを・・・これは彼女の持つ記憶をタケルに見せるためだったんですが、うらやましいですね~。そして、ラピスの人格誕生のヒミツと、前契約者だったミコトの悲劇を知ります。
そのうえで、タケルとラピスは、お互いをパートナーと認め、改めて契約をすることに!

 

第五章 純潔の徒、襲撃

前章でラピスとの再契約を果たしたタケルは、ラピスとラブラブです。そんな中、カナリアが草薙諸刃流としてタケルに決闘を申し込みます。決闘自体は兄弟子のタケルが勝ったのですがそんな中、カナリアの戦う理由を聞いて、杉波斑鳩と伊砂が作り出したハーフウッドエルフがカナリアであと気づきます。
カナリアを説得し、斑鳩の下へ連れて行くことを提案したタケルですが、そこにヴァルハラの幹部でウェストサイドの理事長でもあるエリザベーテが襲撃をかけてきて、ラピスが囚われてしまいます。
ピンチのタケルをマリが助け、マリはエリザベーテは自分が抑えるので、ラピスを追えと・・・

 

スポンサーリンク

 

最終章 帰るべき場所

マリとエリザベーテの決闘は、純粋な魔女同士のすさまじい者となります。
最初は、「万能」であるエリザベーテが優位でしたが、そこはヒロインの一人であるマリ、「極光」の属性からエイシェントプロパティ(古代属性魔法の月と太陽)を作りだし、エリザベーテを退かせます。
一方、ラピスを追っていたタケルは純血派の一団に襲われ窮地に追い込まれますが、そこに宿敵ホーンテッドが現れ、あろうことかタケルを助けます。ホーンテッドの歪んだ精神からタケルがほかの者に殺されるのが嫌みたいです(^_^;)。
そして、タケルはラピスのもとに、そこにはマリから逃げてきたエリザベーテがいて、さあ決戦です。タケルとラピスは窮地に追い込まれるものの、助っ人(カナ)のおかげで撃退、エリザベーテを滅ぼします。
そして、タケル達は、外の世界へ帰るため転移魔法陣をエリザベーテの屋敷で探そうとしたところ、そこにはオロチとマザーグースが。。。
結局タケル達が外に戻ることを認め、応援する二人。そしてカナリアが外に行くのも認めます。レーヴァテインをカナが持っていくことも認めます。

エピローグ

エピローグは、なんと35試験小隊が、純潔の使途の襲来を受けた外の世界の最前線に投入されていることが判明。
学生なのに、最前線とは異常な罰ですね。
次回どうなるか楽しみ!!

 

 

 

対魔導学園35試験小隊 6巻 瑠璃色の再契約の管理人評価チャート

対魔導学園35試験小隊第6巻感想。レーダーチャート

 

 

 

 

 

主人公 9 タケルは実はまだ草薙流の奥義を全てマスターしていなかったんですね!いちおう免許皆伝ですが。強いと思ったけど、師匠(草薙オロチ)には届かず、本巻でさらに特訓を受けます!
主人公としてのタケルは、ホントぶれないのでかなり好感度が高いです!ただ、何でも背負ってしまうところがまじめすぎてつらいときもありますが、それを支える周りのキャラクターがいい味出してますね。
共感度も高くて、相変わらず高得点の主人公です!
ヒロイン 10 今回のヒロインは、タケルの相棒であるレリックイーターであるラピスラズリ(正式名称、ミスティルテイン)。ゴスロリな格好がかなり萌えます!
神器という異世界の神が使う武器でありながら、人格を宿した存在。そんな彼女が外見のベースにしたのは、前の所有者である草薙ミコト(オロチの姉)だったは。そのあたりの話は涙が出てしまうぐらい悲しい話です。
登場人物 8 今回は、草薙ミコトやシェルター内のヴァルハラの本拠地での話です。
ただ、ヴァルハラも一枚岩でなく、人間共存主義と人間撲滅主義が対立。後者の中ボス的な存在である全能の魔女、エリザベーテ(ヴァンパイア)も登場し、物語を盛り上げます。
また、レギュラーキャラのマリがその属性である極光を極めさらに進化してエリザベーテと五分で渡り合うのも見どころです。
また、前巻から登場のハーフウッドエルフのカナリアの挿絵もあり(結構かわいい!!)見どころ満載。
学園ものということで、サブキャラの女性とも登場してそちらも見逃せませんね。
セクシー 9 今回、ラピスが過去の記憶(前所有者である草薙ミコトとの出会いなど)をタケルに見せるために、全裸でディープキッスという超過激なシーンもあり、セクシー度は結構高かったです。必見です!
萌え 10 ラピスがタケルに心を開くまでのふてくされた態度や、その後の心を開いてからのタケルへのべったりぶりと、萌えまくりです。やっぱりゴスロリ強しです。
今回は、ラピス祭りということで、萌えもラピス一色です。
バトル 10

本作品のバトルは毎回かなりねられており、また、緊張感もあってかなりのめり込んで楽しめました。
マリとエリザベーテの戦いや、タケルがオロチにけいこをつけてもらうところ、また、クライマックスのエリザベーテとタケル達のバトルはかなり興奮しました。また、ひとひねりもふたひねりもしており、いい意味で先が読めず楽しめました!

テンポ 8 緩急をつけられており、萌えシーンや学園生活の和みシーン、そして、バトルと、次巻へ続く締めとかなり緻密にねられている気がしました。
特に最後の方のオロチのセリフ「行くぞ、おれのグングニル」には鳥肌が立ちました!
感動(涙) 10 前回に続き、涙モノの回でした。特にラピスの前所有者であった草薙ミコトの話は、胸がうずきました。ラピスのつたないけど、ところどころに垣間見える感情がそれを引き立てます。
奥深さ 9 今回はカミングアウトの多い回でしたね!世界を破滅に導いたアカシックハザードがどうやっておこってしまったのか。当時のオロチの立場や、ミコトとラピスのであい、そしてラピスに人格が生まれた経緯や、ヴァルハラ内の権力のバランス、そして新たな神器「グングニル」の登場とやばすぎです。
意外性 9 奥深さと関連しますが、物語はかなり複雑な人間関係?があるようで、目が離せません。特にオロチや鳳颯月がすべての元凶という言葉を残して滅びて行ったエリザベーテなど、まだまだ楽しませてくれます。

 

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する 

お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

対魔導学園既刊ラノベ一覧
 
スポンサーリンク
 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク