ホーム » おすすめライトノベル » 対魔導学園35試験小隊 » 対魔導学園35試験小隊8巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】83点

対魔導学園35試験小隊8巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】83点

対魔導学園35試験小隊 8巻 白銀争乱

 

前巻でラフメーカーに復讐を果たした桜花。ただ、異端審問会に反旗を翻した35試験小隊の面々は、異端審問会が牛耳る学園に戻ることもせず、反体制派に組することを決意!一路北の大地へ向かいます(ネタバレごめん<(_ _)>)。

途中、違法民泊宿で温泉に入るなど、あられもないサービス満載ショットもありつつ、反体制派「異端同盟」の本部を目指します。
ただ、異端審問会側(颯月)も黙っているわけもなく、エグゼの副隊長であるマグノリアとその手下を使って後を追わせますが、そのマグノリアの胸のあたりにはあろうことが、あるものが移植されています。これがお兄ちゃん(タケル)の居場所を見つけるのに、悪用されます。。。こういえば何かわかりますよね??(^_^;)。
百鬼夜行の無際限の増殖を抑え込んでいたマグノリアですが、結局百鬼夜行は暴走。。。そこをタケルな再度「神狩り化」して迎え撃ちますが・・・
続きは後記のネタバレ詳細あらすじ&レビューを見てください。

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2014/8/20

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】 978-4040701387

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する 

お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

対魔導学園35試験小隊 8巻 白銀争乱の公式あらすじ

 

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。再会を果たしたタケルと桜花たちは、審問会を離反。

生徒会長・星白流の導きで、『反体制派』の本拠地を目指して、雪の中を北上する。しかし道中、大雪に足止めを食らい、仕方なく民宿で一泊することに。そこは男女相部屋の上、癒し効果のある温泉に混浴で入るハメになって、はしゃぐ女子の中、タケルは大困惑。一方、審問会からは雑魚小隊に追っ手が放たれ―!?白銀の雪原に火花を散らす、学園アクションファンタジー!

 

出典:「BOOK」データベースより

スポンサーリンク

 

対魔導学園35試験小隊 8巻 白銀争乱の感想とあらすじとネタバレ

 

前巻で復讐を果たした桜花。ちょっとというか大分放心状態ですが、そうも言ってられず、異端審問会と正面からやりあったこともあり、タケルたちは、異端審問官を離れて別の第三の勢力である異端同盟に加わることを決意。ただ、その本拠地へ向かうため、追っ手をまきつつ進まなければならず大変ですよね。。。。と思ったのですが、全然そんなことなく、全員で温泉に入ったり。。。こんなんでいいのか?と思ったら案の定、エグゼによる追手が迫ります。

追手は、エグゼの副隊長のマグノリア、鳳颯月の「妻」である鳳陽炎、そしてデミヒューマンの豪。。。エグゼというか鳳颯月はどれだけ手ごまを持っているのでしょうね(^_^;)。

 

詳細の感想とあらすじは以下の章立てをみてくださいね!

 

プロローグ

純血の徒による東京襲撃からしばらくして、ヴァルハラ内部でもウエストサイドとイーストサイドの間で軋轢が発生しています。もっとも上記襲撃を画策したエリザベーテが独断で進めたものでしかも張本人は死亡。ウエストサイドが不利な状態の元、イーストサイドのマザーグースとオロチは、鳳颯月との会談の場をセッティングします。
颯月はマザーグース(グングニル)を知っているような口調でしたね。。。グングニルって、北欧神話の最高神オーディーンの武器なんですよね。大分前にヴラドが颯月のことを王とも言っていたことから、もしかしたら鳳颯月の正体って、北欧神話世界の最高神だったオーディーンでは?と勘ぐってしまいます。

 

第一章 北へ

タケル達は、生徒会長星白流の運転する車で北へ。木谷は反体制派の本拠地があるようです。ただ、流は道には詳しくなく、途中桜花に運転を変わって、北を目指します。。
他方、オロチとマザーグースは、鳳颯月との会談へ行こうとしていると、会見を察知したホーンテッドも会談に同席しようとやってきます。オロチたちはホーンテッドがうざいのはわかりつつ、連れて行きます。

 

 

第二章 A級危険指定(推定)違法民泊『藤の宿』

さて、北へ闘争を続けるタケル達35試験小隊ら一行。途中休憩のため、温泉旅館で旅の疲れを癒します。この温泉、魔導遺産が違法に設置されており、温泉には治癒の効力があるんですよね。そんな温泉を混浴で楽しむ一行。さらには1部屋で布団を敷いて寝ることに。。タケル1人だけ男でまさにハーレム状態。心なしかラピスが今まで以上にタケルにべったり。まさに恋人のような。。。一方カナリアと斑鳩は微妙な関係が続いています。再会をはたしたものの、カナリアは伊砂(カナリアの育ての親で母と慕っていた)と自分をすてた斑鳩を恨んでこそないもののやはり受け入れがたいようです。。。

 

第三章 和平会議

一方異端審問会のエグゼ副隊長のマグノリアは、依然としてタケル達の足取りがつかめず。仕方なくマグノリアは自分に移植された百鬼夜行の力を使ってタケルの居場所を探します。百鬼夜行(タケルの妹のキセキ)は、タケルの居場所を見つけるや暴走かけますが、どうにか抑え込みます。
他方、鳳颯月(異端審問会トップ)と、マザーグース、オロチは、かつての対戦で会いまみえた富士山跡地で会談をします。
マザーグースことグングニルいわく、和平会談というよりは和平交渉らしいですが。。。
マザーグースの要求は、彼らの敵対対象は人間ではなく、鳳颯月1人だけなので、近い将来一騎打ちに応じてくれるならば、魔女側から人間への戦争行為を抑え込むというもの。
しかし、鳳颯月とし手は、戦争は趣味みたいなものだから、別に要求に応じる気もないとのこと。うーん、颯月の目的が世界の破滅ですからね。。その裏の心今ではわかりませんが、一騎打ちに応じる義理はないですよね。
で、交渉決裂と思いきや、その場で戦闘開始です。うーん、想定内でしょうか。
オロチはグングニルを使って神狩り化(英雄化?)のような形態になって襲い掛かりますが、颯月は隠れて配置させていたギロチン(量産型レリックイーター)を装備した50名のエグゼ隊員で応戦。そうしているうちに颯月は悠々撤退。
オロチといえども50名全員を倒すには少々時間がかかってしまい、颯月をあわやにがしてしまうというところで、ホーネットが颯月に肉薄し抗戦することに。
そのうちにオロチはギロチン50台を排除し、自ら編み出したアマノハバキリで颯月に襲い掛かります。その威力はすさまじいもので半径20kmを灰と化すほど。。当然ホーネットも巻き込まれますが、それはどうでもよいことみたいです。ただ、これでやられるほど颯月、ホーネットともに弱くはなさそうですが・・・

 

スポンサーリンク

 

第四章 ハイウェイバトル

35小隊一行は温泉を後にし、目的地である反体制派のアジトへ。。今まで検問に引っ掛からないように来ましたが、これより先はハイウェイを通る必要があり、ハイウェイへ。そこで待っていたかのようにエグゼのマグノリアとその手下鳳陽炎と豪の3人に襲われます。
ちなみに陽炎は鳳颯月の妻です。が、名前だけの妻で元は颯月のストーカーとのこと。。。業はいまだ正体不明ですがどうもデミヒューマンみたいです。。
で、結局逃げ切れず、車も壊れてしまい、徒歩で目的地を目指そうとするも、マグノリアたちに追いつかれてしまいます。タケルは魔女狩り化しようとしたのですが、どうしたことかラピスはNOと。。。そのピンチに生徒会長の星白流がマグノリアと対峙します。
どうみても戦力外の流ですが、事前に策を練っていて、雪山に無反動砲をぶっ放して雪崩を起こしていたんですね。
雪崩に飲み込まれるマグノリアたち。対する35小隊はマリの魔法結界でどうにか雪崩をしのごうとするも、エグゼ隊員の豪がマリの結界を無視する固有魔法?で体当たりして、小隊メンバーも津波に巻き込まれてしまいます。

 

第五章 雪上の戦い

結局津波にのまれた小隊メンバーとマグノリアたち。それぞれ分断されて以下のように対決する羽目に。。。
桜花、マリ VS 鳳陽炎(「攪音」属性のレリックイーター使用)
斑鳩、カナリア VS 豪(ウェアウルフらしい。レリックイーター:イヴァンは「魔法・魔力の影響を受けない」という固有性能らしい。)
タケル、ラピス、流 VS マグノリア(レリックイーター:ブラッディメアリーの使い手。魔弾はドラゴンのようで追尾型。固有魔法はターンオーバーで降りかかる破壊と再生を逆転させる)
特に、マグノリアとタケルの戦いは熾烈を極めます。というのは、マグノリアは百鬼夜行を移植しており、その再生能力や身体能力が半端なくあがっており、タケルの掃魔刀の速度にもついてこれるほど。また、固有魔法のために何度切ってもさいせいしてしまうんですよね。。
タケルも絶体絶命?というところで、星白流が起死回生の攻撃を放ちます。旅館の温泉は治癒のA級指定魔導遺産のおかげで治癒の湯となっていたんですが、その原因である魔導遺産の刀剣を借りてきており、その治癒の能力を有する刀剣でマグノリアを攻撃。
固有魔法(破壊ち再生の反転)が裏目に出て、マグノリアを倒すことに成功。ただ、その結果、百鬼夜行が暴走してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

最終章 進むべき道

それぞれの戦いが激化していきます。
桜花、マリVS陽炎では、陽炎のレリックイーター:アントワネットの音による攻撃で苦戦を強いられるものの、最後はマリの大出力魔力の衝撃波でレリックイーターを落としてしまった陽炎は魔女狩り化が解けてしまいめったぼろにされます。
他方、斑鳩は豪の攻撃で致命傷を受けたようで瀕死の状態でしたが、カナリアは斑鳩は死んだものと勘違いしていましたが、生きていることを支援に来たうさぎにきかされます。がぜん元気を取り戻したのか、豪を一撃でぶっとばします。
完全に暴走した百鬼夜行に対して、タケルはラピスに神狩り化に協力するようにお願いをします。ラピスは10秒以内なら融合はしないということで、渋渋承諾し、タケルは神狩り化のうえ、百鬼夜行を屠っていきますが、10秒を超えてしまい、もはやタケルも自我が薄れてしまいます。。。

 

エピローグ

タケルは百鬼夜行をすべて屠ったものの、神狩り化の時間が長かったため、解除したのちも意識不明に。。。そばにはラピスが泣きながら、タケルに呼びかけている状態。そんな場面を桜花とマリは呆然と見つめます。。

タケルは果たして目を覚ますのか??次巻を待て!

 

 

対魔導学園35試験小隊 8巻 白銀争乱の管理人評価チャート

対魔導学園35試験小隊8巻の感想レーダーチャート

主人公 8 タケルの主人公としての安定感はあるのですが、今回はちょっと出番が少なかったです。
師匠のオロチ+グングニルの戦いの方がすさまじいものがありました~。
ちょっと影の薄くなってきている感が否めないので今回は8ということで。
ヒロイン 10 タケルがヘタレの時はわきを固めるハーレム構成員のヒロインが活躍します。桜花、斑鳩、マリ、うさぎ、そしてカナリア。。今回残念ながらキセキちゃんは出てきませんでしたが、それでも温泉でのお約束シーン満載(イラスト有)で、ヒロインたちに癒されました~。
登場人物 10 今回も新キャラ登場です!法律上は鳳颯月の妻である鳳陽炎。。。エグゼ副隊長マグノリアの部下です!が、鳳颯月にストーキングしまくり、根負けして颯月が婚姻届にサインしたとか。颯月にとっては結婚すらただの紙切れなのでしょうね。。
セクシー 10 今回はこれでもかというぐらい、温泉で攻めてきました。チラリズムというより、ラ族状態ですね~。うーん、タケルがうらやましい。。。サービスショット満載なので必見ですよ。
萌え 8 ラピスの萌え振りがすごいです。やはりゴスロリは萌え度が高いです。加えてツンデレなところが男心をくすぐります。
バトル 8

今回も当然と言えば当然ですが、バトルシーンは健在です。ただ、上でも書きましたが、タケルのバトルというより、個人的には、草薙オロチの戦いという感じでした。アマノハバキリ、かっこよかったです。
また、グングニル(マザーグース)との神狩り化ならぬ、神格化は想定外でした!

テンポ 8 今回は可もなく不可もなく。。。雪上バトルはどうかな?と思いましたが、うまく雪の属性を理解した流の攻撃は途中まではよかったのですが。。
今回初めてとは言いませんが、同時に3つのバトルをうまく書くってかなり難しそうです。
若干テンポガ乱れたような。。
感動(涙) 5 今回はこの作品にしては珍しく、あまり涙が流れませんでした(^_^;)。
奥深さ 9 オロチVS颯月がちょっとだけあって、その時の会話の内容が断片的でわかりづらかったですね。というか、意図的に隠しているのでしょうが・・・神話の世界との関係もいまいちはっきりせず、今後の展開からは目が離せません。
意外性 7 百鬼夜行を移植するとはちょっと常識人からは斜め上を行く感じでした。
移植を受けたマグノリアもどうも訳ありっぽいですが、今回はそこは追及されない感じでした。
また、クライマックス後にタケルが自我を忘れて、神狩り化を解除できず。。。ラピスの泣きじゃくり振りが新鮮でした。やはり人として覚醒しつつあるんですね。。

 

 アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する 

 お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

対魔導学園既刊ラノベ一覧

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク