ホーム » おすすめアニメ » [アニメ]ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン » 

ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン8話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン8話いつか三度目に

 

遂にシナーク族討伐のための行軍開始です。

 

本来後方支援のみと言われていたイクタ達高等士官新人君たちも前線に駆り出されていきます。

 

そんな中、イクタが自分の妹弟子とかわいがっていたカンナ・テマリはイクタ達よりさらに前線に投入され窮地に追いやられます。イクタ達が助けに向かう中、思わぬ自然の敵が立ちはだかり、先に行くことかなわず。

 

その結果、遂にカンナは・・・・涙。

 

詳細なネタバレ感想は以下を見てくださいね。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】宇野朴人

【キャラクター原案】さんば挿

【原作イラスト】竜徹

【監督】市村徹夫

【制 作】マッドハウス

【公式サイト】http://alderamin.net/

【キャスト】

 イクタ・ソローク  :岡本信彦
 ヤトリシノ・イグセム:種田梨沙
 シャミーユ・キトラ・カトヴァンマニニク :水瀬いのり
 トルウェイ・レミオン:金本涼輔
 マシュー・テトジリチ:間島淳司

 ハローマ・ベッケル :千菅春香

 

 

テレビアニメ ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン8話いつか三度目にの公式あらすじ

慣れない高地での戦いによって、少しずつ疲弊していく帝国軍。悪化する戦況に、士官候補生も前線に出されることとなる。一足先に前線に敷設された野戦病院にも人が絶えず、そこで手当をしているハロも疲れの色が隠せない。さらに、彼女はある懸念を抱いていた……。そこにやってきたイクタは、野戦病院を後方に移すべきではというハロの考えを後押しする。イクタは気付いていたのだ。この戦いの行方が、ある要因によって大きく左右されていることに。その時、彼らのいる陣地にシナーク族が夜襲を仕掛けてくる。イクタは責任者ニカフーマに迎撃部隊を援護する提案をし、指揮を採る。果たして彼の戦術は本当の戦地にあっても活きるのか……?

 

出典:天鏡のアルデラミン公式サイト http://alderamin.net/story/08.html

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン7話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン7話カトヴァーナ北域動乱

 

イクタ達は新人高等士官ということで、実践を積ませるために向かった先が北域鎮台。そこで士官としての実戦経験(といっても危険のないもの)を積むはずでした。

 

しかし、ネタバレ感想ですが無能なサフィーダ中将のおかげ?で、副官のトァック少佐はシナーク族に殺され、シナーク族の反乱を引き起こすことになります。

 

シナーク族討伐のために大アラファトラを目指す軍隊。。精霊の虐待やシナーク族の後ろで糸を引くやからも垣間見えて、事態は悪い方に向かって転がっていきます。

 

 

 

今回の詳細なネタバレ感想は以下を見てくださいね。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】宇野朴人

【キャラクター原案】さんば挿

【原作イラスト】竜徹

【監督】市村徹夫

【制 作】マッドハウス

【公式サイト】http://alderamin.net/

【キャスト】

 イクタ・ソローク  :岡本信彦
 ヤトリシノ・イグセム:種田梨沙
 シャミーユ・キトラ・カトヴァンマニニク :水瀬いのり
 トルウェイ・レミオン:金本涼輔
 マシュー・テトジリチ:間島淳司

 ハローマ・ベッケル :千菅春香

 

 

テレビアニメ ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン7話カトヴァーナ北域動乱の公式あらすじ

ヤトリとトァックを先頭に行軍する北域鎮台の補給部隊。彼らは最寄りの街にて物資を補充し、基地に持ち帰る任務の途上にいた。その部隊後方の荷車に隠れていた男——イクタは、同じく従軍中だったカンナを無理やり連れ出し、街の様子を探り始める。彼女との会話で、サフィーダのシナーク族への対応に話が及び、眉を顰めるイクタ。その脳裏に去来するのは、営倉の中で見た光景だった……。頭を切り替え、イクタはカンナと会話を楽しむことに。大アラファトラ風土記を読み解き「神の御使とされる精霊と、主神アルデラミンは、本来無関係なのでは」という推論に辿り着いた彼女に、喜びの声を上げるイクタ。だが、安穏とした時間は銃声により掻き消される……。

 

出典:天鏡のアルデラミン公式サイト http://alderamin.net/story/07.html

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク