ホーム » おすすめアニメ » [アニメ]クオリディア・コード » 

クオリディアコード12話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第12話燦然世界のクオリディア

 

遂にTVアニメの「クオリディア・コード」は最終回です。

 

人類であるにもかかわらず、アンノウン側についた求得と対峙する壱弥たち。。

 

そんな中青生が思わぬ行動に出ます。なんとここにきて、求得側=アンノウン側についてしまうんです。そして、青生は、自身の世界の能力を使って、みんなの能力を封じてしまいます。

 

絶体絶命のピンチにおちいる面々。このままやられてしまうのか?ってわけないですが。。。

 

詳細な感想は一番最後に書きますが、期待していた作品なだけにちょっとがっかりな面も多々あり・・・。何はともあれ以下のネタバレ感想を見てくださいね。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

 

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第12話燦然世界のクオリディアの公式あらすじ

ゲートを破壊するため乗り込んだ朱雀たちの前に、思いもよらない人物が立ちはだかる。同じ人間でありながら、守るべき世界も、救うべきヒトも異にする人物。その覚悟は本物であり、朱雀たちもまた覚悟を問われることに。世界を巡る戦いが、ここに決着する。

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/12/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード11話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第11話双極のファミリア

 

遂に人類とアンノウンの最終決戦に突入です。人類は今までの技術の粋を集めたアンノウン絶対殺す砲を最終兵器とし、アンノウンがこの世界に来るゲートである次元掘削ホールを制圧、破壊するべく総攻撃を開始します。

 

ただ、アンノウン側もただ黙っているわけではなく、文字通りお互い総力戦になります。

 

そんな中、子供達(舞姫、ほたる、壱弥、カナリア、霞、明日葉、青生)は、独自にアンノウンを行動を開始。正面の敵は仲間の生徒たちが迎撃しつつ、迂回ルートで敵本拠地(埼玉管理局)に乗り込みます。

 

そこで7人が見たモノは。。。

 

 

詳細は以下のネタバレ感想を見てくださいね。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

 

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第11話双極のファミリアの公式あらすじ

アンノウンの世界とこちらの世界を繋ぐゲートを奪取するため、人類はアンノウンの拠点に総攻撃を仕掛ける。しかし生徒たちの中には、戦う覚悟を決める者がいる一方で、この戦いに複雑な思いを抱く者もいた。果たして、朱雀はどのような決断を下すのか……?

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/11/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード10話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第10話福音のフォークロア

 

10話目にして、ついに現実の世界の状況、誰が本当の敵だったのか、わかります。久々に三都市首席、次席の勢ぞろいです。

 

そこにあらたな登場人物が。何と霞、明日葉の母親、千種夜羽(ゆう)です。前日譚である原作「クズと金貨のクオリディア」のヒロインだった夜羽ことヨハネスです!原作で私が思い描いていた感じとはちょっと違う感じでしたが、闇金から成り上がって今や軍隊を金で動かくほどになります。

 

そんなヨハネスが、現在の南関東奪還作戦の総司令ですからね~。びっくりでした。

 

本当の敵アンノウンに操られていた子供たち。ただ、動向が気になる朝凪と夕浪。二人の目的がいまいちはっきりとしません。まだまだ一波乱ありそうな感じでした。

 

詳細なネタバレ感想は以下をご覧ください。

 

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第10話福音のフォークロアの公式あらすじ

変わり果てた現実を前に、状況の掴めない朱雀はただただ呆然とするだけだった。明日葉もまたこの世界は一体どうなっているのかと、ひたすら困惑するばかり。そんな明日葉の前に現れたのは、霞と明日葉の母親を名乗る人物。彼女が語るこの世界の真実とはーー。

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/10/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード9話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第9話反獄のイデア

 

第9話目にして遂に明かされる世界の秘密。この世界は偽りの世界。そして敵だと思って戦ってきたアンノウンは実は同じ人間でしかも以前殺されたと思っていた都市の生徒たちだったんです!すみません、最初からネタバレしすぎですが。。

 

襲撃してくるアンノウンの中には、舞姫、ほたる、そしてカナリアの姿も見えます。

 

死んだと思っていたカナリアと朱雀の再会は感動の場面のはずだったのですが、作画がもろ死んでいて感動度0%、怒り度120%でした!!!

 

追記:次回10話では、なんと霞と明日葉の母親「千種夜羽(ゆう)」が登場するみたいですね!やばすぎです。原作ラノベのあのヒロインは今どうなっているのか?!今から10話が待ち遠しいです!

 

詳細は以下のネタバレ感想を見てくださいね。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第9話反獄のイデアの公式あらすじ

この世界の有りように疑惑の目を向け始めた霞は、明日葉に防衛都市を託し、独自に調査を開始する。一方、三都市防衛の要となった明日葉は、朱雀の協力を仰ぐため無気力な彼を奮い立たせようと……。突如、アンノウン襲来の警報が鳴り響く。

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/09/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード8話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第8話反転のクオリア

 

今回はかなりのターニングポイントになる回だったと思います。ほたると舞姫はおそらくアンノウンにはやられていないと思いますが、いったいどこに行ったのでしょう?カナリアも。。

 

さて、今回は千種兄妹が大活躍です。霞はほたるから聞かされて、世界の秘密を知ってしまった様子です。それを察した大國医務官のまさかの暴走で、霞を亡き者にしようと画策します。

 

ただ、その計画は明日葉によって打ち砕かれますが。明日葉と霞のブラコン、シスコンぶりがかなり目立った回でした~。

 

詳細なネタバレ感想は以下を見てくださいね。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第8話反転のクオリアの公式あらすじ

東京・神奈川陣営が壊滅的な打撃を受けたことで、防衛機構そのもののあり方が問われる。霞は湾岸部の放棄と戦線の縮小を提言するが、復讐を誓う朱雀には受け入れられない。さらに明日葉には内地への転属話も持ち上がる。複雑な状況に立たされた霞は、一体何を思うのか?

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/08/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード7話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第7話救済のパラノイア

 

今回はかなりドキドキで、鳥肌モノでした。ネタバレ感想ですが、舞姫が前回でかなり死亡フラグ的なことを言っていたので、最後の最後まで気を抜かずに見ていました。

 

が、結果として舞姫はどうにか助かります。ほたるの世界の能力はかなりすごすぎです!

 

舞姫が助かってめでたしめでたしと思いきやそうは問屋が卸さず。この世界はどうやら偽物の世界だという話に(まだ確定じゃないです)。詳細は次回でわかるかと思いますが、その前振りとして重要な回でした。

 

最後アンノウンと激突するほたると舞姫が生きているのか。すごく気になります。。

 

 

今回の詳細なネタバレ感想は以下を見てくださいね。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第7話救済のパラノイアの公式あらすじ

もう待たせたりはしない――。かつて舞姫と交わした約束を果たすべく、ほたるは突き動かされるように東京を目指す。一方、無数に押し寄せるアンノウンを前に、徐々に疲弊していく舞姫。そこへアンノウンの群れを統率していると思しき特異な個体が出現する。

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/07/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード6話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第6話救世のメモリア

 

前回のアンノウンの東京上空からの襲来からスタートです。ネタバレ感想ですが戦闘シーンの合間合間に、舞姫の幼い時の回想シーンがふんだんに盛り込まれています。

 

まぁ、タイトルが「救世のメモリア(記憶)」ですからね。今までの舞姫を形成してきた過去の出来事がメインの回なのでしょう!

 

それはそうと、敵アンノウンの数が多すぎです。調査に向かったほたるちゃんが舞姫のところにもどってくるのも遅くて、このままでは舞姫までやられてしまいそうな感じがします。いくつか怪しいフラグもたってましたし。。。

 

今回は絶体絶命のピンチに舞姫が一人、無数のアンノウンと対峙するところで終わりましたが、来週大丈夫か今から心配です。来週のタイトルも「救済のパラノイア」も気になります。。

 

今回のみどころは、舞姫の孤軍奮闘ぶりだったのですが、実は思わぬ伏兵が!?そろそろ制作陣が放映のペースにおっつかなくなってきたのか、絵が荒いです。へたっぴです。全部が全部ではないですが、ところどころ絵のクオリティが格段に落ちています。せっかくのかっこいいシーン、シリアスなシーンも正直台無しです。これにはホント残念でした。まぁ、ブルーレイやDVD版はきちんとした清書版の絵に差し替わるのでしょうが。。

 

制作陣頑張ってくれ<(_ _)>。。。

 

 

今回の詳細なネタバレ感想は以下を見てくださいね。

 

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第6話救世のメモリアの公式あらすじ

ほたるは侵入不可領域で新型アンノウンと交戦し、朱雀は千葉陣営に連れ出された海ほたるで自暴自棄な戦いを繰り広げていた。時を同じくして、東京上空にかつてない数のアンノウンが出現。降りかかる厄災を前に、舞姫は人類の希望を一手に引き受ける。

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/06/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード5話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第5話小公女のレガリア

 

今回からメインの話が神奈川の天河舞姫と凛堂ほたる中心に切り替わりましたね!なるほど、全12話で4話ずつにメインヒロインが変わる感じでしょうか。。。ネタバレ感想ですが、舞姫役の悠木碧さんの演技力半端ないですね!

今回はマジで泣けました(T_T)

 

タイトルにあるとおり、主席としてのレガリア(象徴みたいなもの)を舞姫が身を以て示してくれました。やはり三防衛都市の頂点に立つ舞姫は武力のみならず、その覚悟、人望も人並み以上ですね。

 

本来ならば、朱雀が担わなくてはならないことを、私情を押し殺して模範を示し続けなくてはならない辛さを、舞姫が小さい体で受け止めているのは、ホントけなげでぐぐぐっとくるものがりました。

 

私はもともと、カナリア派よりも、舞姫派だったのでひとしおです。あ、でもそういった意味では、まだ原作を読んでいないですが、原作を読んだら、千葉の千種明日葉派になってしまうかもしれませんが。

 

うーん、取り留めもない話になってしまいましたが、5話からアンノウンが上空から襲来と、数十年前の初めてのアンノウン襲来時を彷彿させるように空が赤く染まります。

 

このピンチを乗り切れるのか、ドキドキしながら見てます!

 

今回の詳細なネタバレ感想は以下を見てくださいね。

 

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第5話小公女のレガリアの公式あらすじ

アンノウンの急襲によって受けた傷跡はあまりに深く、生徒たちはそれぞれショックを隠せずにいた。朱雀もまた自信と気力を失い、東京の新リーダーには舞姫が擁立される。「花を手向けたのなら、剣を取れ」舞姫は気丈な振る舞いで生徒たちを鼓舞するが……。

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/05/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード4話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第4話炭鉱のカナリア

 

今回は、前回の続きからスタートです。早速のネタバレ感想ですが、巨大アンノウンリバイアサン級に一人で挑んだ壱弥は結果として、カナリアを無理をさせてしまいカナリアは意識不明の重体になってしまいます。

 

壱弥の助けを求める声に、神奈川と千葉が助けに来てくれてどうにかピンチは脱します。ただ、完璧主義の壱弥もさすがにカナリアが重体になったことはこたえたようで、かなり落ち込みます。千種霞にボロくそに言われても反論できないぐらいですからね。

 

でも、今回の件を機に、壱弥は一皮むけて本当の意味での主席、そしてヒーローになりつつあります。その過程が見れて今回は非常に良かったですよ。

 

ただ、最後にカナリアの身にかなりの不幸?が降りかかってしまい、壱弥はおそらくまた過去の偏屈な人格に戻ってしまいそうな。。。ちょっと残念な気がしますが、このままカナリアは死んでしまうのか??(T_T)。今後の展開が気になります。

 

 

 

詳細は以下のネタバレ感想を見てくださいね。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第4話炭鉱のカナリアの公式あらすじ

大型アンノウンとの戦闘でカナリアが負傷し、絶望的な状況に陥った朱雀。窮地を救ったのは、千葉、神奈川の両陣営だった。撤退後、朱雀は管理局から戦線崩壊の責任を追及される。しかし、自らアンノウンの後始末をしたいと懇願し、舞姫たちに協力を申し出るのだった。

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/04/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード3話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第3話森閑のアリア

 

今回は、早速のネタバレですが、壱弥の失態?からカナリアが倒れそして、東京地区の戦闘科の面々がピンチに陥ってしまう話です(-_-;)。こう書くともとこもなさそうですが、そういうわけではないですよ。

 

壱弥は本来義務である哨戒任務をさぼってけがをした戦闘科の生徒を見舞っています。ただ、運が悪いことにそんな時に限ってアンノウンが攻めてくるんですよね。しかも過去最大の「リバイアサン級」です。

 

首席の壱弥がいない哨戒任務中の出来事という個ともあり、また太刀打ちできるような相手ではないので、撤退を余儀なくされる東京地区の戦闘科生徒。。。

 

その後、アンノウンは海ほたるとアクアラインを占拠してしまいます。

うーん、ピンチです。

 

三都市の首席、次席はどうするのか?管理局主導で対策会議が開かれます!壱弥はさすがに気まずそうです。。うーん、どうなってしまうのか。詳細は以下の詳細な感想を見てくださいね。

 

そうそう、タイトルの森閑アリアって気になって調べました。

 

森閑とは、しんかんとよんで「物音もせず静まり返っているさま。」という意味だそうです。そしてアリアとは

「叙情的、旋律的な特徴の強い独唱曲をいい、広義にはそのような独唱曲を想起させる曲」のことを言うそうです。

 

この意味を踏まえると、歌と言えばカナリア。そしてカナリアが倒れて歌を唄えなくなっているので、そのことを暗にさして「森閑のアリア」と言っているのでしょうね。。。うーん、奥が深い。

 

 

原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第3話森閑のアリアの公式あらすじ

一部の生徒たちが安全な内地へ移送される。朱雀は哨戒任務から外れ、負傷によって内地行きが決定した生徒のもとを訪れていた。朱雀にとって、内地送りにされる者は「無能」だというが……。一方、朱雀不在の哨戒班は、新種の超大型アンノウンに遭遇する。

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/03/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク