ホーム » おすすめライトノベル » この素晴らしい世界に祝福を! » 

この素晴らしい世界に爆焔を!2巻 ゆんゆんのターンのネタバレ感想とあらすじ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を! 2巻 ゆんゆんのターン

 

この素晴らしい世界に祝福を!のスピンオフ第二弾、この素晴らしい世界に爆焔を2です。今回はおもにゆんゆんの話が中心?と思いきや、ネタバレですが、「ゆんゆんのたーん」と言いつつ、普通にめぐみんとゆんゆん2人が中心の話です。

 

おもにウォルバクを巡る魔族との争いが中心で、最後はめぐみんの爆裂魔法で一件落着という展開です。

 

ほんのちょっとだけ、アクアとカズマとニアミスしたり、みどころ、伏線満載です。

 

詳細は以下のネタバレ感想とあらすじを見てくださいね。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】暁なつめ

【イラストレーター】三嶋くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2014/11/29

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041024386

アマゾンで購入  楽天で購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を!2巻 ゆんゆんのターンの公式あらすじ

「上級魔法を習得してこそ一人前。爆裂魔法はネタ魔法」―そんな紅魔の里の教訓とは裏腹に、爆裂魔法を習得した“紅魔族随一の天才魔法使い”めぐみん。街に行くための資金を稼ごうとバイトを採すめぐみんだったが、待っていたのは“不採用”の連続だった!そこに手を差し伸べたのは、めぐみんの自称ライバルである優等生のゆんゆんで―。「天才と呼ばれた私が、定食屋でバイトか…」めぐみん&ゆんゆんファン必見の第2巻!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

この素晴らしい世界に爆焔を!1巻 めぐみんのターンのネタバレ感想とあらすじ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を! 1巻 めぐみんのターン

 

この素晴らしい世界に祝福を!でも1番人気?のめぐみんが主人公の話となります。ネタバレ感想ですが、どうしてめぐみんが爆裂魔法にこだわるようになったのかが徐々に明らかになっていきます。

 

また、めぐみんの妹のこめっこもいい味を出しています。ちょむすけとの出会いからどうしてめぐみんの使い魔になったのかとか、ゆんゆんとの馴れ初めというか、腐れ縁のところもしっかり描かれています。

 

本作品を読むことで、本編のキャラクターたちの裏側もわかり、より楽しめるようになっています!

 

詳細は以下のネタバレ感想とあらすじを見てくださいね。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】暁なつめ

【イラストレーター】三嶋くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2014/6/28

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041018668

アマゾンで購入  楽天で購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を! 1巻 めぐみんのターンの公式あらすじ

―カズマと駄女神様が異世界に転生する1年前。紅魔の里に暮らす“紅魔族随一の天才魔法使い”めぐみんは里の禁忌である“爆裂魔法”習得のため、修行に学校生活にと慌ただしい日々を送っていた。妹のこめっこが見慣れない黒猫を捕獲してきたそんなある日、里の外れの“邪神の墓”の封印が解かれてしまい!?「小説家になろう」発、最笑の異世界コメディ「この素晴らしい世界に祝福を!」からめぐみん視点で綴るスピンオフが登場!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)6巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】89点

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)6巻 六花の王女

 

六巻はタイトルにあるとおり、王女様、アイリスとのお話です。遂に妹枠も埋まってしまうのか?(^_^;)。

ネタバレ感想ですが、気が付けば無理やりお城に連れてこられたカズマは、アイリス王女のお兄ちゃんがわりとして、アイリスの遊び相手になってあげます。そして、カズマの姑息な処世術に一国の王女様がけがされていきます(^_^;)。
また、今回もカズマは死んでしまい、エリスと再会することに。。。ただ、エリスはカズマがクリスにしたセクハラについて怒っているんですよね。。このあたり伏線ですね。そろそろクリスの正体も明かされそうです(^_^;)。

本巻でカズマは男気を見せるシーンもあり、必見です!仮面盗賊団、かっこよすぎです!

 

原作ライトノベル情報

【著  者】暁なつめ

【イラストレーター】三嶋くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2015/2/28

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041022672

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)6巻 六花の王女の公式あらすじ

「妹が欲しい」―そんなしょうもないことを考えるカズマは、招待された晩餐会で年下の王女・アイリスと出会う。カズマが話す冒険譚に興味津々のアイリスは、カズマに懐いてしまい、なんと城へと連れ去ってしまう!アイリスと夢のような毎日を満喫し、ずっと城に居座りたいと願うカズマ。そんな中、王都で暗躍する義賊の噂を耳にしたカズマは、自分がそいつを捕えると言い出して―!?

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 5巻の感想とあらすじ【ラノベ】87点

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 5巻 爆裂紅魔にレッツ&ゴー!!

 

表紙のゆんゆんのちょっと困った顔が最高です!ネタバレ感想ですが、今回は紅魔の里の危機ということで駆け付けてみれば全然そんなことなく(^_^;)、でも、気が付けば本当に里の危機になってしまい、ゆんゆんが一大発起して雷を背景にしたポーズをきめ敵と対峙したり、紅魔族の出生?の秘密がカミングアウトされ意外な事実もわかったり、相変わらず盛りだくさんです。それにめぐみんとカズマの距離がここまで縮まるとは、意外でした!また、今回も出てきた魔王軍の幹部は、なんとおねえ系のセクシーキャラです(オカマですが(^_^;)。。。)。魔術師殺しやそれをも上回る世界を滅ぼしかねない?最終兵器など、見どころも盛りだくさんです。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】暁なつめ

【イラストレーター】三嶋くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2014/8/30

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041015711

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 5巻 爆裂紅魔にレッツ&ゴー!!の公式あらすじ

温泉旅行からの帰宅直後の事だった。「私、カズマさんの子供が欲しい!!」屋敷に駆け込んできたゆんゆんの爆弾発言に一同凍りつく。事情を聞けば“紅魔の里滅亡の危機”を救うためだと言う。唯一満更でもない様子のカズマは、ついに始まる薔薇色の異世界生活に新時代の悟りを開く。そして間もなく、故郷を救うため旅立ったゆんゆんを追いかけ、カズマは紅魔の里へ向かう。しかし、そこで見た光景は危機とは程遠い平和なもので!?

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 4巻の感想とあらすじ【ラノベ】88点

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 4巻 鈍ら四重奏~ナマクラカルテット~

 

今回はお約束の温泉回です!しかもアクアを女神と崇め奉っているアクシズ教団の総本山がアルカンレティアが舞台です。ネタバレ感想ですがアクシズ教団がなぜこの世界で悪名高いかよくわかります(^_^;)。また、温泉回ということもあり、サービスショット満載です。カズマの暴走ぶりや、魔王軍よりアルカンレティアの町を守るためのアクアの本気振りが見れるなど、本巻も見どころたくさんです!

それに、表紙のウィズが地味に予想外に活躍です。もはやこのすばにはなくてはならない存在になってきてます。ウィズ、色っぽいです~。

 

詳細な感想とあらすじは以下をみてくださいね。

原作ライトノベル情報

【著  者】暁 なつめ

【イラストレーター】三嶋 くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2014/4/26

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041015704

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 4巻 鈍ら四重奏~ナマクラカルテット~の公式あらすじ

「最高級の紅茶が入りましたわよカズマさん」至福のひと時をアクアと微笑み合う。あぁ、お金って素晴らしい。―国家転覆罪の容疑が晴れたカズマは、報酬を手に入れ毎日家でゴロつくダメ人間と化していた。「ねぇ、冒険に出たいのですが…」そんな引き籠もりを更生すべくめぐみんとダクネスは2人を温泉旅行に連れ出そうと画策する。そして一行が訪れたのは水と温泉の都アルカンレティア。そこはアクシズ教団の総本山でもあり!?

 

出典:「BOOK」データベースより

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 3巻の感想とあらすじ【ラノベ】93点

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 3巻 よんでますよ、ダクネスさん。

 

このすば、面白すぎです!遂にめぐみんのライバル、ゆんゆん登場です!タイトルにあるとおり、今回はダクネスが中心のお話です。ネタバレな感想になってしまいますが、ダクネスの本名は、ララティーナといって、国王の懐刀とまで言われる大貴族の娘だそうです!そんなダクネスのお見合い話から、さらには想定外の魔王の新たな幹部である悪魔バニルの襲撃もあり(ただし、狙いはアクア?)、怒涛の展開で話が進みます!あ、忘れてはいけませんね、今回はなんとめぐみんとの混浴シーン(挿絵あり)もあります。ぜひ見てくださいね。

原作ライトノベル情報

【著  者】暁 なつめ

【イラストレーター】三嶋 くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2014/2/28

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041012420

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 3巻 よんでますよ、ダクネスさん。の公式あらすじ

駄女神とともに転生したカズマの異世界生活は、1年が経とうとしていた。「安定」を手に入れたい願いとは裏腹に、魔王軍幹部との対決、機動要塞デストロイヤーの襲来と慌ただしい日々が続き…。そんなカズマは今、国家転覆罪の容疑を掛けられ裁判所の法廷に立っていた。自信満々なアクア弁護人が立ち向かうが健闘むなしく裁判は判決を迎える。「判決は、死刑とする」…俺、また死ぬの!?

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 2巻の感想とあらすじ【ラノベ】91点

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 2巻 中二病でも魔女がしたい! 

 

今回も見た目のボリュームよりもかなり濃い内容とエピソードでした!ネタバレですが、カズマは早々に首ちょんぱで死んでしまったり(ただ、アクアの力で生き返りますが)、カズマをほかのパーティーとトレードしたり、サキュパスの淫乱な店にいったり、はたまたダクネスの全裸エロいシーンから、デストロイヤーとの戦い、リッチーであるウィズの正体【魔王軍幹部)などなど、見どころ満載、お笑い満載な内容でした。
最後も想定外の展開で借金が増えるというのを通り越してびっくりです。詳しくは以下の詳細を見て下さいね。本巻早くも90点越えの力作で、かなりお奨めです!

原作ライトノベル情報

【著  者】暁 なつめ

【イラストレーター】三嶋 くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2013/11/30

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041011102

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 2巻 中二病でも魔女がしたい!の公式あらすじ

「…金が欲しいっ!」カズマは異世界で初めての冬を迎えようとしていた。本格的な冬に馬小屋暮らしは辛すぎる。生活拠点の確保が急務だ。そんなカズマに「屋敷に住み込みで悪霊退治をして欲しい」と願ってもないチャンスが訪れる。普段はポンコツ駄女神でも、こと除霊に関してはエキスパートのアクアがいるので、二つ返事で依頼を引き受けたカズマだったが…!?「小説家になろう」で人気を博す異世界コメディ第2巻が登場!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 1巻の感想とあらすじ【ラノベ】89点

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 1巻 あぁ、駄女神さま

 

通称このすば!女神アクアと冒険者で魔王討伐の命を受けた佐藤和馬の異世界転生?冒険ファンタジーコメディーです。最近読んでいたラノベで、ここまでコメディーはなかったので、かなり笑えました。ネタバレですが、紅魔族のめぐみん(本名です)や、超ドMのダクネス(聖騎士)、と超豪華な(?)パーティーメンバーをカズマがずる賢いすれた経験と知識で活用し、魔王軍の幹部であるデュラハンをやっつけたり、英雄候補(御剣響夜)を返り討ちにしたり、アクアも女神らしからぬ言動で、周りを引っ掻き回してくれて、面白すぎです。まずは、1巻だけですが、かなり世界観に入り込めましたし、何より笑えました!

 

詳細な感想とあらすじは以下をみてくださいね。

原作ライトノベル情報

【著  者】暁 なつめ

【イラストレーター】三嶋 くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2013/9/28

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041010204

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば) 1巻 あぁ、駄女神さま の公式あらすじ

ゲームを愛する引き籠もり少年・佐藤和真の人生は、あっけなく幕を閉じた…はずだったが、目を覚ますと目の前に女神と名乗る美少女が。

「異世界に行かない?一つだけ好きな物を持っていっていいわよ」「じゃあ、あんたで」

ここから異世界に転生したカズマの大冒険が始まる…と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる!

平穏に暮らしたいカズマだが、女神が次々に問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?

 

出典:「BOOK」データベースより

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク