ホーム » おすすめライトノベル » ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか » 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】81点

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第9巻 
ベルの底なしのやさしさが遂にモンスターにまで。。。新たに生まれ落ちた人型モンスターとベルが少しずつ心をかわしていく中、人間の醜い一面がベルの心に深い影を落とします。。。出尽くした感があったベルを取り巻く女の子たちでしたが、ここで新たなライバルとして女人型モンスターが出てくるのは想定外でした。

【著  者】大森 藤ノ

【イラストレーター】はいむらきよたか

【キャラクター原案】ヤスダスズヒト

【出版社】 GA文庫

【発売日】 2015年9月15日

【ジャンル】異世界ファンタジー

 

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する

 

【あらすじ】  

 

「モンスター……ヴィーヴル?」

新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女ウィーネと出会う。
人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……。

「竜女か──久々の上玉だ」
忍び寄る暴悪の狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。
一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。

人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!
「ベル……大好き」

これは、少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

 

出典:「BOOK」データベースより  

 

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク