ホーム » おすすめライトノベル » ドウルマスターズ » 

【ラノベ】ドウルマスターズ3巻が2016年1月9日に発売。予約しちゃいました。

ドウルマスターズ3巻が2016年1月9日に発売!予約しちゃいました。

 

私のランキングでは、ソードアートオンラインと同率で2位の「魔法科高校の劣等生」の著者、佐島勤先生のSFロボットアクションの第三巻が発売になります!

この作品、劣等生とは違ってあまり評価は高くないのですが(理由は某作品に設定が似ているとか諸説ありますが)、1巻2巻は既に読んでいて、感想はアップしていない作品です。が、身内も本作品を楽しみにしていることもあり、予約しちゃいました。

で、買った以上、今回は感想をアップしますので、あまり期待せずに(^_^;)、待っていてくださいね。

今回の内容は、前巻で死んだはずの表面上の親友(^_^;)、龍一が搭乗するマクリールと地球で再びまみえることに。その際にマクリールの攻撃によって、蒼生の大切な仲間が殺されるみたいですが、果たして誰なのか?

そして、蒼生は、龍一の正体に気づくのか?気になるところです。表紙の玲音ちゃんがちょっと大人っぽく見えるのは気のせいでしょうか。。ネタバレ感想まで、しばらくお待ちくださいね。<(_ _)>。

 

【著  者】佐島勤

【イラストレーター】tarou2

【出版社】電撃文庫

【発売日】2016/1/9

【ジャンル】SFロボットアクション

【ISBN-13】978-4048656597

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する

【お奨め】既刊全巻まとめ買いはこちら

 

【あらすじ】  

『魔法科高校』の佐島勤が贈る、ロボットアクション最新刊!
再び舞台は地球上でのドウル戦へ――!

早乙女蒼生は地球に降下した。
そして、死んだはずの親友、龍一が乗る最新型ドウル『マクリール』と交戦する……。
西暦2400年代。世界は『太陽系連盟』に掌握されていた。『思念の力』を拡張させ、物理的な戦闘力へと変換する人型機動兵器『ドウル』のパイロットである蒼生とその姉・朱理、そして蒼生の想い人・玲音の三人は、宇宙を経て、地球に戻ってきていた。
海上に浮くメガフロート上で、訓練機『ヤクシャ』を駆り地上訓練に励む蒼生たち。玲音との交流も増え、自身の恋心を再確認する蒼生だった。
数日後。敵が襲来する。現れたのは、水中戦に特化した蒼穹色のドウル『マクリール』。宇宙でも『ソフィア』を手玉にとった恐るべき機体である。蒼生と玲音も訓練機で応戦するが……蒼生の大切な仲間が、マクリールの毒牙で命を落とす……!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク