ホーム » おすすめライトノベル » 対魔導学園35試験小隊 » 

対魔導学園35試験小隊12巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】60点

対魔導学園35試験小隊 12巻 黄昏の呼び声

 

遂にはじめった史上最大の兄妹喧嘩!しかも迷惑この上ないほど周りを巻き込みます。ネタバレですが、タケルのキセキを説得する過程の思考が良くわかりませんでした(^_^;)。ようは超自己中だったということでしょうか。人がぼんぼん殺されても動じないのはちょっとドン引きしました(-_-)。

 

かたやホーンテッドが邪魔に出てきて彼の命の在庫が十万以上というやばさがあったり、鐵隼人の人間離れした強さに頼もしさを感じたり、興味深い点もたくさんでした。

 

タケルがどうやってキセキを説得したのか、この点については以下の詳細をご覧くださいね。

 

詳細は以下の詳しいあらすじ&感想で!

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2016/3/19

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】978-4040708652

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

対魔導学園35試験小隊 12巻 黄昏の呼び声の公式あらすじ

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。颯月の企みどおり、黄昏の迫る世界で対峙する呪われた兄妹。「すべてを滅ぼし、タケルと共に死ぬ」という妹の願いを前に、兄もまた決意を突きつける。「選べよ。俺に憎まれて独りぼっちで死んでいくか…俺と一緒に生きるか」一方、分断された35小隊の仲間たちも、百鬼夜行と死闘を繰り広げる。彼女らの中から「草薙タケル」を消そうとするキセキに、己の、そしてタケルの想いを届けるために―!限りなき願いを貫く、学園アクションファンタジー!!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

対魔導学園35試験小隊 Another Mission のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】70点

対魔導学園35試験小隊 Another Mission

 

本編のシリアスからはちょっと離れて、息抜きではないですが、35試験小隊の日常的な話が中心の本作品です。ネタバレ感想ですが、中等部時代のとがったタケルとそれを見守る斑鳩(いかるが)が見れたり、サービスショット的な水着シーンや、その他のちょっとエッチなシーン満載で、これは同人誌か?(^_^;)、と思わせるほど突っ込んだ内容でした。
短編集となっているので読みやすく、本編のクライマックスに向ける前の前菜的には楽しめた作品でした。

あ、そうそう表紙のマリが学園の制服をきているシーン、何気に貴重ですよね~。ウサギのマフラー姿も(いつものマリの格好)

 

管理人的には、a day in the darkとよいどれ小隊がお気に入りです。

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2015/11/20

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】978-4040707693

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

対魔導学園35試験小隊 Another Missionの公式あらすじ

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。進級ポイントを稼ぐため、温泉つき施設での強化合宿、あやしい指輪型魔導遺産の調査、「夏が終わらない海」の異変解明など、日々奮闘する35小隊なのだが…。「は、裸の付き合いとはこういうものなのだろう?」「くしゃなぎなら、しゃわらせてあげてもいいんれすのよ~」「何なのよこのエロ生物ー!お尻にまとわりつくなー!」『雑魚小隊』の行くところには、トラブルがつきもので!?タケルと桜花、斑鳩の中等部時代のエピソードも明らかに!!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

対魔導学園35試験小隊11巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】82点

対魔導学園35試験小隊 11巻 魔女狩り戦争(下)

 

遂に始まった魔女狩り戦争ですが、今回はその終結を見ます!ネタバレですが遂に草薙タケルVSオロチの師弟対決です!それ以外にも神同士の戦い(鳳颯月VS某生徒会長!←これは驚きでした!詳しくは本文で)や、神器グングニル(マザーグース)VS魔女マリ&桜花など、見どころたくさんです!タケルはおいておいて、管理人的には、二階堂マリちゃんに惚れてしまいました!正直メインヒロインの桜花を食っちゃってます。マリちゃんの男気ならぬ女気や、魔女としても超一級品の能力を余すところなく描かれています!
シリーズ渾身の1巻といってもいいぐらいです!詳細は本文で。

 

詳細は以下の詳しいあらすじ&感想で!

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2015/8/20

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】978-4040705507

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入 

 

対魔導学園35試験小隊 11巻 魔女狩り戦争(下)の公式あらすじ

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。死闘の末、臨界点での任務を果たした35小隊。その頃、学園周辺は『幻想教団』の襲撃を受け、地獄の戦場へと姿を変えていた。世界に終焉をもたらさんとする魔女マザーグース、彼女が召喚する無数の英雄。そして、タケルの剣の師であり、人を超えた鬼神・草薙オロチ。圧倒的な彼我の力の差を前に、タケルたちは極限の戦いを挑む。世界を―大切な人たちを守るため。絶望も限界も超えていく、学園アクションファンタジー!!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

対魔導学園35試験小隊10巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】81点

対魔導学園35試験小隊 10巻 魔女狩り戦争(上)

 

今回は大きく二つの重大なことが明らかになった気がします。ネタバレですみませんが、1つめは鐵隼人という人物について。そして2つ目は鳳颯月の正体。想像通り●●だったんすね。感想&あらすじでネタバレしているので、みてくださいね。ボーダー内でもっとも聖域に近いクリティカルポイントに前異端同盟のリーダー峰城和眞が隠した文書に颯月の秘密が。この文書を回収するために、35試験小隊は危険を顧みず臨界点(クリティカルポイント)へ。同じくして、異端審問会を追われることになった鐵隼人も、峰城の文書を手に入れるべく動きます。

そして、隼人を抹殺するべく異端審問官は、彼の部下であるエグゼメンバーをクリティカルポイントへ送り込みます。三つ巴の中、明らかになる颯月の正体。隼人の信念もわかって見ごたえある巻でした。

 

詳細は以下の詳しいあらすじ&感想で!

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2015/4/18

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】978-4040705514

アマゾンで購入する  楽天ブックスで購入する 

お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

Blu-ray又はDVDを購入(アマゾン) 

 

対魔導学園35試験小隊 10巻 魔女狩り戦争(上)の公式あらすじ

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対摩導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。魔女狩り戦争が始まり、マザーグースらも参戦を表明する中、『異端同盟』を束ねる流はタケルに告げる。

「うちらは―その前に鳳颯月を叩いてしまいたいんだ」すべてが謎に包まれた颯月を倒すためには、あるものが必要だと流は言う。

桜花の養父・峰城和眞が遺したそれを手に入れるため、35小隊は『臨界点』へと赴くが、不可視災害の吹き荒れるその場所で待ち受けていた人物と恐るべき真実とは―?世界の終焉へ加速する、学園アクションファンタジー!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

対魔導学園35試験小隊9巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】86点

対魔導学園35試験小隊 9巻 異端同盟

 

今回は、異端同盟の全容が明らかになります。思いっきりネタバレですが、何と異端同盟の前トップは、桜花の養父であった峰城和眞だったんです!桜花のお父さんやりますね!今さらながらすごい人だったんですね。しかも異端同盟の本拠地は異端審問会も手が出せない、もと神話世界の残滓のような異空間なんて。話がどんどんでかくなっていきます。

また、キセキが遂に壊れてしまいます(T_T)。キッカケはホーンテッドの精神攻撃。やってくれます!ホーンテッド<`~´>。
異端同盟の初の大規模反撃はアルケミストの襲撃!そこでタケルは遂に妹のキセキと再会しますが、キセキはふっきれて別人のように兄を求めることに・・・。タケルの挫折感が半端ないです。

詳細は以下の詳しいあらすじ&感想で!

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2014/12/20

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】 978-4040704296

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する 

お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

対魔導学園35試験小隊 9巻 異端同盟の公式あらすじ

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。エグゼの追撃を退けたタケルたちは、反体制派の本拠地に到着。そこで世界の秘密を目のあたりにする。真実に触れ『異端審問会』『幻想教団』双方への反攻の意志を新たにするタケルたちに、流はひとつの作戦を授ける。それは、アルケミスト第一研究施設への突入作戦だった。タケルは、そこに囚われているキセキの奪還に、そしてカナリアはアルケミストCEO・杉波朱雀への復讐に燃えるが―反撃に咆え哮ける学園アクションファンタジー!!

 

出典:「BOOK」データベースより

対魔導学園35試験小隊8巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】83点

対魔導学園35試験小隊 8巻 白銀争乱

 

前巻でラフメーカーに復讐を果たした桜花。ただ、異端審問会に反旗を翻した35試験小隊の面々は、異端審問会が牛耳る学園に戻ることもせず、反体制派に組することを決意!一路北の大地へ向かいます(ネタバレごめん<(_ _)>)。

途中、違法民泊宿で温泉に入るなど、あられもないサービス満載ショットもありつつ、反体制派「異端同盟」の本部を目指します。
ただ、異端審問会側(颯月)も黙っているわけもなく、エグゼの副隊長であるマグノリアとその手下を使って後を追わせますが、そのマグノリアの胸のあたりにはあろうことが、あるものが移植されています。これがお兄ちゃん(タケル)の居場所を見つけるのに、悪用されます。。。こういえば何かわかりますよね??(^_^;)。
百鬼夜行の無際限の増殖を抑え込んでいたマグノリアですが、結局百鬼夜行は暴走。。。そこをタケルな再度「神狩り化」して迎え撃ちますが・・・
続きは後記のネタバレ詳細あらすじ&レビューを見てください。

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2014/8/20

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】 978-4040701387

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する 

お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

対魔導学園35試験小隊 8巻 白銀争乱の公式あらすじ

 

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。再会を果たしたタケルと桜花たちは、審問会を離反。

生徒会長・星白流の導きで、『反体制派』の本拠地を目指して、雪の中を北上する。しかし道中、大雪に足止めを食らい、仕方なく民宿で一泊することに。そこは男女相部屋の上、癒し効果のある温泉に混浴で入るハメになって、はしゃぐ女子の中、タケルは大困惑。一方、審問会からは雑魚小隊に追っ手が放たれ―!?白銀の雪原に火花を散らす、学園アクションファンタジー!

 

出典:「BOOK」データベースより

対魔導学園35試験小隊7巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】85点

対魔導学園35試験小隊 7巻 逆襲の紅蓮

 

7巻も期待を裏切らない内容でした。タイトルやカバーのイラストからもわかるとおり、今回の主役は鳳桜花といっても過言ではありません!遂に桜花の復讐の相手が登場します!その名もラフメーカー(ネタバレごめん)。しかもラフメーカーに殺された養父の峰城和眞は、前エグゼの隊長で(今の鐵隼人の地位です)、さらには桜花が契約をしたレリックイーター:ヴラドの前の契約者だったんです!(もろネタバレですみません。。。)

さらには桜花の父を殺すよう後ろで手を引いていたのは実は・・・だったとは!?うすうす感づいていましたが、やっぱり!という感じでした。

詳細は後ろの方の感想とあらすじ(ネタバレあり)を見てください。

今回はエロ度が低いのと、主人公の活躍が少なかった点で点数は85点どまりですが、全体としては非常に見ごたえのある良質な作品に仕上がってます!

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2014年4月19日

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】 978-4040700977

楽天ブックスで購入する アマゾンで購入する

お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

対魔導学園35試験小隊 7巻 逆襲の紅蓮の公式あらすじ

 

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。タケルを欠いた小隊の面々は、純潔の徒殲滅作戦の最前線にいた。タケルのかわりに隊長を務める桜花は、戦果を上げようと逸るが、その前に因縁の魔女が姿を現す。

「さあ―あなたの笑顔を、私が作ってあげるからね」

桜花の人生を狂わせた忌まわしき仇―ラフメーカー。復讐を果たすこと、仲間を守ること。桜花は二つの想いの間で激しく揺れるが、ラフメーカーの力はあまりにも強大で…!?

絆の炎が紅く燃える学園アクションファンタジー!

 

出典:「BOOK」データベースより

対魔導学園35試験小隊6巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】92点

対魔導学園35試験小隊 6巻 瑠璃色の再契約

 

「瑠璃色」の再契約とあるとおり、トワイライトタイプのレリックイーターであるラピスラズリ(ミスティルテイン。表紙の女の子)と、タケルがお互いを再度見直しあって、再契約をする話です(まんまですが ^_^;)。ただ、ネタバレですが、その過程でラピスの前の契約者の正体や、世界の破滅に導いた戦いの全容が明らかになります!まさか、もう一つのトワイライトタイプのレリックイーターのレーヴァテインの前の所有者がタケルの師匠である草薙オロチで、しかも世界を破滅(アカシックハザード)に導いた戦いの張本人だったとは、驚きです。ただ、話はそんなに単純じゃないんですよね。

このあたりの描き方がかなり秀逸です!点数もかなり高得点ですので、お奨めです。

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2013年12月20日

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】 978-4047129795

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する 

お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

対魔導学園35試験小隊 6巻 瑠璃色の再契約のあらすじ

 

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。幻想教団=魔女達の育成機関『魔導学園』に捕らわれたタケル、ラピス、マリの3人は、このままだと処刑されるという危うい立場にいた。魔導学園での生活を強いられる中、どういうわけかタケルを拒絶し続けるラピス。

「あなたは私を手放した。それが全てです」

そんな中、幻想教団の過激派『全能の魔女』のエリザベーテがラピスへと襲いかかり―。

失われた絆を取り戻す学園アクションファンタジー!!

 

出典:「BOOK」データベースより

対魔導学園35試験小隊5巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】88点

対魔導学園35試験小隊 5巻 百鬼の王の感想とあらすじ

新ヒロインは、タケルの妹草薙キセキちゃんです。そのはかなさと危なさ(SS級危険指定)とお嬢様度で、守ってあげたくなってしまうこと間違いなしです。ネタバレですが、3巻でも張られていた伏線のハーフウッドエルフのカナリア(斑鳩と伊砂が作った)が出てくるし、タケルの師匠のオロチも出てくるし、極めつけは最後は魔女の国へ行ってしまうなんて!物語は本巻で大きく転換します。

【著  者】柳実冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2013年8月25日

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】 978-4040710839

 

 

 アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する 

 お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

【対魔導学園35試験小隊5巻のあらすじ】  

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。二学期も終わりにさしかかった冬のある日、タケルたちは一人の少女と出会う。極めて特異、極めて異端なSS級危険指定として、最奥監獄に幽閉されているはずの彼女の名は草薙キセキ―35試験小隊の隊長・草薙タケルの妹にして不確定古代属性『百鬼夜行』と呼ばれる呪われた存在だった。「―キセキを、殺してくれないかな?」脱獄してまで叶えたい彼女の願いに、苦悩するタケルだったが―。果てなき闇を切り裂く学園アクションファンタジー!!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

対魔導学園35試験小隊4巻のネタバレ感想とあらすじ【ラノベ】82点

対魔導学園35試験小隊 4巻 愚者達の学園祭

今回はまさにうさぎカーニバルです!うさぎの花嫁姿にお風呂上がりのタオルをまとっただけの恥じらい(エロい挿絵有!)、それに学園祭ならではのコスプレ喫茶など、十分に読者を楽しませてくれます。かたや、精神をのっとる魔女(メフィストフェレス)が、うさぎの婚約者天明路礼真を利用して、学園をのっとろうと画策し、学園自体の存亡の危機が・・・

【著  者】柳実 冬貴

【イラストレーター】切符

【出版社】 富士見ファンタジ文庫

【発売日】 2013年5月18日

【ジャンル】近未来学園アクションファンタジー

【ISBN-13】 978-4040710334

 

 

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する 

 お奨め 既刊全巻まとめ買いはこちら

 

【対魔導学園35試験小隊4巻のあらすじ】  

残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関、通称『対魔導学園』には、劣等生の寄せ集め部隊『第35試験小隊』が存在する。昇級ポイントを賭けた学園祭『魔女狩り祭』の準備を進めるタケルたちの前に、西園寺うさぎの婚約者・天明路礼真が現れる。西園寺家存続のため、うさぎは退学し、すぐに礼真と結婚しなければならないという事実が判明し―。そんな中、桜花は学園内に侵入した魔女の捜査を生徒会から依頼される。その魔女は“悪魔”と呼ばれ『他人の身体を奪う』という能力を持っていて―。迷える少女の呪鎖を断ち切る学園アクションファンタジー。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク