ホーム » おすすめライトノベル » Re:ゼロから始める異世界生活 » 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)短編集2のネタバレ感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 短編集2

 

原作3巻での森の魔獣(ウルガルム)の騒ぎがひと段落したころのお話です。

 

ネタバレですが、このころはまだ王選も具体的になっておらず、みんなのんびりしている感じでした。なので、ほんわかムード満載なお話ばかりです。

 

ただ、相変わらず、スバルはおせっかいやきで、そして他人の大切なものを深く考えず傷つけてしまったり・・・。まだまだ未熟なスバルですがそれでも精一杯誠意をもってみんなに接しているのが印象的でした。

 

スバルって何気に人を巻き込んでしまう魅力?みたいなものがあるんですよね。。。これってある意味英雄とか歴史に名を残す人間に共通するものなのかもしれません。

 

大分スバルをよいしょしちゃいましたが、本編とは違った魅力が垣間見えてとても楽しく温まる短編集です。

 

詳細は以下の感想とあらすじを見てくださいね。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2016/6/24

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040684147

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)短編集2の公式あらすじ

――これはナツキ・スバルが、彼女たちと過ごした平穏な日々の物語。ロズワール邸を発端とした魔獣騒動が一段落し、屋敷と村に平和な時間が訪れていた。そんななんでもない穏やかな時間は、しかし他でもないスバルの思いつきやエミリアたちの事情によって、騒がしくも賑やかに塗り潰される。エミリアの弱点克服に挑む『E・M・Tにラブソングを』。スバルとラムが望まぬピクニックに出かける『ラム・イズ・オーダー』。屋敷を襲った突然の寒波に便乗して遊び回る『冷たいのがお好き』など、WEB未掲載の短編集第二弾!
『死に戻り』のない優しい時間、これがナツキ・スバルの望んだ楽しい異世界生活!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 8巻 のネタバレ感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)8巻 

 

ここまでの道のりは長かったです。やっと今回宿敵魔女教のぺテルギウス・ロマネコンティを倒します!今回も見応え抜群でした!!鼠色猫こと長月先生やってくれました!

 

ただ超ネタバレ感想ですが、まさかここまで盛り上げて更に99%ぐらいまで勝利で話を持って行って、最後の最後でひっくり返してまさかスバルを殺す=死に戻り発動とは。。。

 

いくらタイムリープがメインと言いつつ、これはホントにドSの領域です。鬼がかっています。9巻どうなっちゃうんでしょう(-_-)。。。

 

もう一度これやるんですか?正直自分がスバルならば辛すぎです。もう精神が持たんです。。。ちなみに自分が作者でも精神が持たないと思います(T_T)。。

 

詳細は以下の感想とあらすじを見てくださいね。

 

 

原作ライトノベル情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2016/3/25

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040681771

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)8巻 の公式あらすじ

強敵『白鯨』との激戦を乗り越えて、再びメイザース領へ舞い戻るナツキ・スバル。共に死闘を潜り抜けた討伐隊に、因縁の末、和解したユリウスの存在を加え、一同はついに宿敵、大罪司教ペテルギウス・ロマネコンティ率いる魔女教徒と激突する。エミリアたちを狙う『怠惰』の邪悪な企み。幾度も目の当たりにした惨劇を回避し、
運命を覆すために、スバルの『死に戻り』の経験が活路を開く――! 「それじゃ、いっちょ頼むわ。――頼って縋って、みんなの力で勝ちにいこうぜ」TVアニメ放送開始の大人気Web小説、絆と決意の第八幕。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) Ex2 剣鬼恋歌 のネタバレ感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) Ex2 剣鬼恋歌

 

リゼロの外伝2冊目ということで、本編でも出てきていた「剣鬼恋歌」の内容が余すところなく語られる作品です。

 

剣鬼ヴィルヘルム・トリアスと剣聖テレシア・ヴァン・アストレアの馴れ初めというだけあって、剣でのバトルがたくさんあり、見どころ満載でした。

 

また、ネタバレ感想ですが、若き日のロム爺(バルガ・クロムウェル)や、マイクロトフ、ライプ・バーリエルなど本編でもおなじみのキャラも登場するので、そういった目線からも楽しめる作品でした!

 

最後の剣鬼と剣聖の剣戟を通しての逢瀬は感動すること間違いなしですよ!

原作ライトノベル情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2015/12/25

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040680095

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) Ex2 剣鬼恋歌 の公式あらすじ

剣鬼恋歌――それは今も詠われる剣鬼と剣聖の、男と女の、出会いと別れの、恋物語。親竜王国ルグニカを揺るがす、王国内戦『亜人戦争』。王国軍と亜人連合の激しい戦いに、国土は焼かれ、国民は疲弊し、人心は平和の訪れを渇望していた時代。英雄が戦火の中で生まれるならば『剣鬼』ヴィルヘルム・トリアスはまさにそれだ。一本の剣を携え、獣の如く戦場を暴れ回る少年剣士。己の剣の果てを渇望する彼の生き様はやがて戦友や王国、そして一人の少女を巻き込んで、王国史に残る偉業を成し遂げる。大人気WEB小説、激動と剣戟の外伝! 四十年の時を超え、今語られる剣鬼の戦い。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 7巻 のネタバレ感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)7巻 

 

 遂に因縁の白鯨討伐作戦開始です!ネタバレ感想ですがアナスタシアの私兵「鉄の牙」まで動員して、万全の態勢で臨んだものの、やはり400年君臨し続けてきた白鯨は半端なく強敵で、あわや全滅というところをスバルの機転の利いた賭けで逆転勝利をもぎ取ります!

 

レムとのきずなもさらに強まり、レム曰く第二夫人でもいいというぐらいで、スバルハーレムの予感も感じた回でした。

 

個人的には獣人傭兵団「鉄の牙」のマスコット的な副団長?でもあるミミとか超かわゆくてもふもふしたくなりました~。

原作ライトノベル情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2015/9/25

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040677804

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)7巻 の公式あらすじ

度重なる死に一度は心を折られ、しかしレムの言葉に再起を誓ったナツキ・スバル。『死に戻り』した記憶を活かし、エミリアを救うための手段として、スバルは王選候補者であるクルシュやアナスタシアを巻き込み、魔獣『白鯨』の討伐に打って出る。四百年の長きに亘り、世界を苦しめる『霧』の魔獣の討伐――獣人傭兵団『鉄の牙』白鯨への復讐に燃える古兵たちが集う中、待ち望んだ機会に一人の剣鬼が歓喜する。「――我が妻、テレシア・ヴァン・アストレアに捧ぐ」大人気WEB小説、激闘と活劇の第七幕。それは愛と剣に生きた、一人の男の生き様。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) Ex 獅子王の見た夢 の感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) Ex 獅子王の見た夢

 

 

6巻が終わって、7巻に行く前に外伝ということで、EXを先に読みました。というのは、ネタバレ感想ですが、7巻で活躍するクルシュの今のあり方に多大な影響を与えたフーリエ第四王子との関係が描かれているからです。

 

読んでみてやっぱり先に読んでおいてよかった~と思いました。フーリエがどことなくスバルに似ていると、フェリスが言うシーンがありますが、王族の血のおかげか、未来を見通す能力をもっているようで、この点がスバルの死に戻りによる未来を知っている能力と微妙にかぶる点があったり、性格的にもアイアムルール見たいな点が似ていたり(もっとも、フーリエのほうがめっちゃいいやつですが)、ところどころ本編とリンクしていて見どころ満載でした。

 

最後にフーリエが息を引き取るシーンなどは、涙ボロボロでした。ぜひご自身で読んでみてくださいね。

 

詳細は以下の詳しいあらすじ&感想で!

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2015/6/25

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040676852

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) Ex 獅子王の見た夢の公式あらすじ

―これは、とある少女と少年と、もう一人の少年の、始まりのための物語である。親竜王国ルグニカで行われる王位選定のための『王選』、その最有力候補クルシュ・カルステン。候補者の誰より王国の未来と在り方を憂い、気高くあろうとするクルシュとその騎士フェリス。二人の生き方に大きな影響を与えた少年がいた。少年の名はルグニカ王国第四王子フーリエ。幼き三人の出会い、共に笑い、過ごし、夢見た日々そして…。「フェリス、最初にお前に誓おう。―私は、王になることを望むと」今綴られるクルシュとフェリス、二人の決意に至るもう一つのゼロから始める物語!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 6巻 の感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)6巻 

 

1巻から通して6巻にしてやっと本当のクライマックスがやってきます!スバルの名言「俺は……っ、俺は俺が大嫌いだよ!!」が耳についてはなれません(^_^;)。ネタバレ感想ですが、スバルが魔女教のロズワール邸襲撃を回避するべく頼った他の王選候補者(クルシュ、プリシラ、アナスタシア)の本性も見れてよかったです。また、本巻第五章「ゼロから」が本当の意味でのスバルの英雄譚のスタートとなるところで、読んでいて嗚咽と涙が止まりませんでした(T_T)。マジでレムいい女すぎです!後々英雄と呼ばれるであろうスバルを作ったのはレムと言っても過言ではないぐらいです。スバルはホント幸せ者です。他方、ベアトリスやロズワールも死に戻りに関して何か知っていると匂わせるところもあって、今後の展開が気にあるところです。嫉妬の魔女サテラ以外の魔女の名前(エキドナ)も出てきましたね!もしかしたら、エミリアのお母さん?うーん、気になります。

原作ライトノベル情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2015/3/24

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040674681

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)6巻 の公式あらすじ

大罪司教ペテルギウスへの復讐を誓い、再び王都へ『死に戻り』したナツキ・スバル。魔女教を撃退し、エミリアを救うための協力者を求めて奔走するが、候補者たちはそんなスバルに未熟者の烙印を押し、取り合おうとしない。突き放され、たった一人になったスバルが全てを諦めたとき、運命の歯車が動き出す――! 

「俺は……っ! 俺は、俺が大嫌いだよ!!」

自分の弱さを嘆く叫びが響くとき、ナツキ・スバルの本当の異世界生活が始まる。大人気WEB小説、再起と反撃の第六幕。――ついに動き出す、最も新しい英雄譚。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 短編集1の感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)短編集1

 

本編6巻に行く前に、ちょっと閑話休題的なエピソードが4つ収録されてます!お奨めは何と言っても、「ゼロから始まる英雄譚」です。ネタバレ感想ですが、吟遊詩人のリリアナも登場し、最終的にはエミリアの王選の際の広報担当的なことをやることに。ということはいずれ本編にも登場しそうなので要チェックですね。
それ以外に3つありますが、本編のどろどろとした話を抜きにして、結構ほのぼの系かと思います。あ、でもプリシラとアルの話のところは、ちょっとだけグロイ感じもしました!
あまり本編とは関係ないので、軽い読み物感覚で読むことをお奨めします~。

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2014/12/23

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040671970

アマゾンで購入 楽天で購入  ヤフーで購入

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)短編集1の公式あらすじ

「――私は、世界でもっとも新しい『伝説』を求めて旅をしています」アーラム村に現れた旅の吟遊詩人リリアナ。未知の英雄譚を望む彼女に、ロズワール邸の滞在許可が出たことから大騒動が始まる『ゼロから始まる英雄譚』。スバルから休暇を与えられたレムの忘れられない一日を描く『メイド長の心休まらない休日』。月刊コミックアライブ連載作と文庫完全描き下ろし『後追い星をやめた日』『エミリア・イン・ワンダーランド』を収録した、全てがWEB未掲載の短編集ついに登場。エミリアが、レムがラムが、プリシラが3倍好きになる1冊できました!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さい。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 5巻 の感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)5巻 

 

アニメも好調のリゼロ5巻のネタバレ感想です!本巻の主役はレムといっても過言ではないです!前巻でエミリアに見放されたスバルは王選候補のライバル、クルシュの館に身を寄せ治療をしてもらいますが、結局そこを飛び出してピンチに陥っているエミリアを助けに向かいます。が、当然力があるわけでもなくレムにおんぶにだっこってきな感じです。そこに魔女教のぺテルギウス・ロマネコンティが残忍なほどにレムを凌辱し殺してしまいます。このシーンなんて涙モノです。
スバルの意識が殺意に塗り固められていく様が丁寧に描かれています。正直読んでいて痛快活劇的なものではないですが、先が気になる展開です。

詳細は章ごとのあらすじ&ネタバレ感想をみてくださいね。

 

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2014/10/23

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040671222

アマゾンで購入 楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)5巻 の公式あらすじ

「もう、いいよ。――ナツキ・スバル」――エミリアとの最悪の別離より三日。逃げるようにして身を寄せたクルシュ邸で、レムの献身に甘え、心を腐らせていくスバル。そんな折、自分の在り方に迷うスバルの下へ、エミリアの窮地の報せが届く。
「そうだろ……俺がいなきゃ、駄目なんだって。絶対」
『エミリアを救うことで、己の価値を証明する』――昏い考えを胸に、周囲の制止を振り切りスバルはロズワール邸を目指す。だが辿り着いた懐かしの地でついに、スバルは本物の【悪意】と対面する……。激動と波乱の第五幕。絶望と死の螺旋、迫る。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 4巻 の感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)4巻 

 

さて、本巻から舞台を再びルグニカ王国の王都に戻ります。そして、メインの王選の話が中心となります。ネタバレになりますが、本巻はいわばスバル「どん底」巻です。ついにエミリアにも愛想つかれます。もうドロドロ感半端ないです。読者もこのスバルのひどさに結構辟易したと思います。

他方、登場人物も一気に増え、他の王選候補、クルシュ、プリシラ、アナスタシア、そして最後の5人目がフェルトと意外な再会もあり、見どころ満載です。

が、結構読者はブルーになるかと思うので、心して読んでくださいね!ここを乗り越えないと次巻以降の爽快感?を味わえませんので!

原作ライトノベル情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2014/6/24

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040667805

 

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)4巻 の公式あらすじ

屋敷での『死のループ』に打ち勝ち、やっと平穏な日々を取り戻したスバル。束の間の安息を過ごすスバルだったが、王選の使者の来訪により、エミリアと同行して再び始まりの地である王都へと舞い戻ることに。王都で別れた人々との旧交を温めながら王選へのやる気を燃やすスバル。だがエミリアは頑なにそんなスバルの協力を拒む。
すれ違いの感情は摩擦を生み、王都で新たに出会った人々をも巻き込んで、エミリアへの想いを胸に、奔走するスバルだったが――! ?
「エミリアの隣に騎士がいるなら、俺がそれをやる。俺がエミリアを王にする! 」
大人気WEB小説、新章開始! 届かぬ想いと足りない言葉、そしてスバルは――。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 3巻 の感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)3巻 

 

アニメスタートは平成28年4月3日深夜1:05~(初回のみ深夜1:35)から。3巻はロズワール邸編?の完結回です。スバルを殺したのがレムというのも衝撃的でしたが(ネタバレごめん)、呪術は結局のところ、王選絡みでかけられたもの(推測)や、スバルが思いのほか奮闘するところなど、結構意外性は多かったと思います。

表紙はツンデレ筆頭の精霊、ベティーこと、ベア子こと、ベアトリスです。個人的にはかなり好感度の高いキャラです。謎が多いわき役ですね。ロリ系が好きなわけではないですが、いい感じのキャラですよ。

いまさらですが、3巻目にして初めて「死に戻り」のことをほかの人に話すシーンなどは、結構必見でした!言おうとした結果どうなるのかは、以下の詳細な感想等をみてくださいね!

原作ライトノベル情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2014/3/22

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040663340

アマゾンで購入  楽天で購入  ヤフーで購入

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)3巻 の公式あらすじ

さあ、物語を動かそう。大切な人たちと、同じ朝日を迎えるために。強い決意を固めて、屋敷の始まりの日へと舞い戻ったスバル。ロズワール邸で繰り返したループの記憶を総動員し、最高の選択を行うことで惨劇の回避を狙うスバルだったが、絶対に失敗できないという恐怖心とプレッシャーはスバルの心を蝕んでゆく。そんな砕け散りそうな心を抱えるスバルに、あの始まりの日と同じ微笑みを浮かべるエミリアが手を差し伸べて…。「笑いながら肩組んで、明日って未来の話をしよう」大人気WEB小説、第三幕開始!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク