ホーム » アーカイブ

オカルティックナイン(オカン)が2016年10月8日よりTVアニメ放送開始

テレビアニメ オカルティックナイン(オカン)がいよいよスタート

 

吉祥寺を舞台にしたオカルトミステリー的なオカルティック・ナインが遂に放映開始します!ネタバレですが、PVがかなりパネェです!かなり面白いです。テンポやばすぎです。

 

原作ライトノベルは2巻までしか出てないですが、その内容の濃さは、一般のライトノベルの4冊分ぐらいの感覚です。

 

キリキリバサラという、オカルトアフィリブログの管理人我聞悠太は、半引きこもりニートです。一応学校に入っているみたいですが、いつも放課後には、カフェ☆ブルゥムーンに入り浸ってまさに、オタクの鏡のようにブログを更新しています。

 

そんなうだつの上がらない日常でしたが、徐々にその歯車が狂ったのか、はたまた誰かの意図的な陰謀なのか、知らず知らずのうちに事件に巻き込まれていく我聞悠太。。。

 

ノンストップアクションムービーのようなPVのとおり、かなり面白いことになりそうです!

 

キャッチコピーの「眼クルメク世界ノ終ワリ」の意味が何気に気になります!

 

今回は、放映直前ということで、既に公開になっているPVを載せておきます!

 

既に原作ライトノベルのネタバレ感想も書いているので、興味がある人はご覧ください。ただ当然ですが、余すところなくネタバレなのでご注意ください。

 

アニメ情報

【原 作】志倉千代丸

【原作イラスト】pako

【監 督】イシグロキョウヘイ

【助監督】黒木美幸

【シリーズ構成/脚本】MAGES./森田と純平

【キャラクターデザイン】高瀬智章

【制 作】A-1 Pictures

 

【公式サイト】http://occultic-nine.com/

【キャスト】

 我聞悠太 :梶 裕貴
 成沢稜歌 :佐倉綾音
 橋上サライ:石川界人
 相川実優羽:吉田仁美
 澄風桐子 :伊藤 静
 紅ノ亞里亞:沢城みゆき
 日下部吉柳:谷山紀章
 西園梨々花:能登麻美子
 森塚駿  :柿原徹也
 鬼崎あすな:明坂聡美
 和泉公平 :津田健次郎
 川畑千津 :長縄まりあ

【放送日時】

TOKYO MX:10月8日より毎週土曜 24時00分
ABC朝日放送:10月8日より毎週土曜 26時15分
群馬テレビ :10月8日より毎週土曜 24時00分
とちぎテレビ:10月8日より毎週土曜 24時00分※第1話 24:10~
BS11    :10月8日より毎週土曜 24時00分
CBCテレビ :10月12日より毎週水曜 26時51分
AT-X     :10月14日より毎週金曜 21時30分再放送:日曜23時30分、月曜13時30分、水曜29時30分

 

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

テレビアニメオカルティックナイン(オカン)とは?公式サイトより

小さな小さな“違和感”の数々が、やがて想像を絶する大事件へと発展していく──。

我聞悠太は高校2年生。
一攫千金狙いのオカルト板まとめ系アフィブログ“キリキリバサラ”を運営し、
世に数多存在する超常現象を科学的に「バッサリと斬り斬りしちゃう!」べく、日夜オカルトに挑んでいた。
ところが、そんな彼のブログをきっかけに、徹底的にマニアックでおかしな同志たちが大集結。

 

出会うはずのなかった彼らの運命が不思議と交差してしまう。
そして、彼らの周囲で巻き起こり始める、小さな小さな“違和感”の数々。
それらは次第に大きなうねりとなり、
やがて想像を絶する大事件へと発展していく──

 

出典:オカルティック・ナイン 公式サイト
http://occultic-nine.com/introduction/?article_id=39730

 

続いて、以下のPVと登場人物紹介を見て下さいね。

 

魔法少女育成計画(まほいく)2巻restart(前)のネタバレ感想とあらすじ

魔法少女育成計画2巻restart(前)

 

アニメが話題沸騰の魔法少女育成計画restart(前)のネタバレ感想です。

 

今回登場する魔法少女は、前巻から刷新されてまったく別の16人です。

 

あ、途中前巻でも出てきたスノーホワイトも出てきますが(ネタバレですね(^_^;))。ところどころ一皮も二皮も向けたスノーホワイトにドキドキです。かなり強くなってました。

 

魔法少女の殺し合いをもう一度……というわけではないんですが、クラムベリーの縁(ゆかり)の魔法少女(クラムベリーの子供達とか言われています)が、ターゲットです。

 

脱出不可能な現実世界と比べてもそん色ない、ゲーム世界に強制召喚されて、殺し合いを強いられます。

 

クラムベリーの試験を通ってきた魔法少女ということもあって、かなりの強敵ばかりです。

 

前回のバトルロワイアルと比べても、そん色なくむしろバージョンアップしています。最後の結末もあっと驚く内容となっています。

 

無駄話はこのぐらいで、早速後編のネタバレ感想に行きます!

 

詳細は以下を見てくださいね。

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】遠藤 浅蜊

【イラストレーター】マルイノ

【出版社】 このライトノベルがすごい!文庫

【発売日】 2012/11/8

【ジャンル】ファンタジーアクション

【ISBN-13】978-4800201829

 

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

刀剣乱舞花丸(とうらぶ)1話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ 刀剣乱舞花丸(とうらぶ)1話睦月ちょーしにのんな

 

大人気オンラインゲーム「刀剣乱舞」がついにTVアニメ化です。歴史的な名刀たちが審神者(さにわ)によって、人の姿を与えられた刀剣男子たちの花丸な日常をつづっていく内容となっています。

 

ネタバレ感想ですが、オープニングではレアな刀剣が出てきたり、また、歴史修正主義者たちが結成した時間遡行軍とのバトルあり、男らしくカッコ良い刀剣たちを見ることもできて、一度で二度おいしいアニメです。

 

しかも初回から入浴シーンとは、サービス満点ですね(*^_^*)

 

詳細は以下のネタバレ感想をご覧くださいね。

 

 

 

 

テレビアニメ 刀剣乱舞花丸(とうらぶ)1話睦月ちょーしにのんなの公式あらすじ

17振りめの刀剣男士として“とある本丸”に顕現した『大和守安定』。本丸に来て初めての朝を迎え、元の主が同じ新撰組の沖田総司である、『加州清光』とともに雪景色に染まった本丸を散歩する。雪合戦など本丸での日常を楽しむ刀剣男士たちに、時の政府から連絡が入り…

 

出典:刀剣乱舞-花丸- 公式サイト http://touken-hanamaru.jp/about/story.html

 

続いて、以下のオリジナル「あらすじとネタバレ感想」をご覧下さいね。

 

魔法少女育成計画(まほいく)1話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ 魔法少女育成計画1話 夢と魔法の世界へようこそ!

 

遂に始まった魔法少女育成計画(まほいく)。初回ということでかなり楽しみにしていました。ネタバレ感想ですが、冒頭から、物語の核心に迫るシーンもあり(一部では鬱になってしまうとも(^_^;))、OPのアニメもきれいで主題歌もかなりよかったです。

 

姫河小雪がスノーホワイトになるところが中心の回でした。そして早々にラ・ピュセルとコンビを組みますが、実はラ・ピュセルは小雪の幼馴染みだったんです。しかも…。詳細は以下のネタバレ感想を見てくださいね。

 

何より映像がかなり丁寧に作られている感じでした。問題はバトルシーンですね。今回は導入部分で派手なバトルシーンは一切なしでしたが、次回からはいよいよバトルロワイアルの幕開けです。

 

原作の緊張感のあるバトルがどのように表現されるか楽しみです。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

 

 

 

魔法少女育成計画1話 夢と魔法の世界へようこそ!の公式あらすじ

ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」には、何万人かに一人の割合で本物の魔法少女になれるという噂が存在していた。幼い頃から魔法少女に憧れていた中学生、姫河小雪もゲームをプレイするひとり。ある日、いつものようにゲームをプレイしていると、マスコットキャラクターのファヴが突然、小雪に語り掛け、本物の魔法少女に選ばれたことを告げる。

 

出典:魔法少女育成計画 公式サイト http://mahoiku.jp/story/01.html

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

オカルティックナイン1巻のネタバレ感想とあらすじ

オカルティックナイン1巻 

 

祝TVアニメ化。2016年10月8日からスタートが待ち遠しい、ノンストップな展開で期待大の作品です。

 

ネタバレ感想ですが、タイトル「オカルティック・ナイン」とあるとおり、オカルトが中心に物語が展開していくと思いきや、実はその裏に秘密結社の陰謀?があり、また霊界が絡んで来たりと、突拍子もない展開で目が離せない内容でした。

 

主人公の悠太がダメダメっぷりが逆に好感が持てました。ネットのブログを中心に話が展開したりと、あまり他では見ない展開や設定で面白かったです。

 

舞台が現代でしかも吉祥寺という実際に存在する場所、カフェ・ブルゥムーンも実際にあるお店らしいですね。

 

現実と虚構?の狭間みたいな感じで、他に類を見ない面白さがありました。

 

詳細は以下の感想とあらすじを見てくださいね。結構ガチで書いてます!

 

原作ライトノベル情報

【著  者】志倉千代丸

【イラストレーター】pako

【出版社】 オーバーラップ

【発売日】 2014/8/22

【ジャンル】SF

【ISBN-13】978-4906866212

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

オカルティックナイン1巻の公式あらすじ

「幽霊? そんなのいるわけないっしょ! 」
吉祥寺に住む我聞悠太は、オカルト板まとめブログ『キリキリバサラ』の管理人。
アフィリエイトで一獲千金を狙う日々を過ごしていた。 そんな悠太のブログをキッカケにして、見ず知らずの9人の運命がさまざまに交差し始める。
それは小さな『違和感』を生み、やがて想像を絶する大事件へと繋がっていく。
黒魔術、死後の世界、超能力、占い、異次元世界、予言、催眠術、都市伝説。
――世界はインチキで溢れてる!
9人の変わり者たちがオカルトの真理を暴く、超常科学NVL(ノベル)。
――不可思議なことフタをするだけの科学にはウンザリだ! !

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

クオリディアコード12話のネタバレ感想とあらすじ

テレビアニメ クオリディアコード第12話燦然世界のクオリディア

 

遂にTVアニメの「クオリディア・コード」は最終回です。

 

人類であるにもかかわらず、アンノウン側についた求得と対峙する壱弥たち。。

 

そんな中青生が思わぬ行動に出ます。なんとここにきて、求得側=アンノウン側についてしまうんです。そして、青生は、自身の世界の能力を使って、みんなの能力を封じてしまいます。

 

絶体絶命のピンチにおちいる面々。このままやられてしまうのか?ってわけないですが。。。

 

詳細な感想は一番最後に書きますが、期待していた作品なだけにちょっとがっかりな面も多々あり・・・。何はともあれ以下のネタバレ感想を見てくださいね。

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

 

アニメ情報

【原 作】Speakeasy( さがら総、橘公司、渡航) マーベラス

【監督/脚本】かわむらけんいち

【キャラクターデザイン】田畑壽之

【キャラクター原案】松竜

【制 作】A-1 Pictures

【公式サイト】http://qualidea.jp/

【キャスト】

 天河舞姫 :悠木碧
 凛堂ほたる:福原綾香
 朱雀壱弥 :斉藤壮馬
 宇多良カナリア:石井由依
 千種霞  :内田雄馬

 千種明日葉:安済知佳

 八重垣青生:雨宮天
 朝凪求得 :平田広明

 夕浪愛離 :能登麻美子

 

 

テレビアニメ クオリディアコード第12話燦然世界のクオリディアの公式あらすじ

ゲートを破壊するため乗り込んだ朱雀たちの前に、思いもよらない人物が立ちはだかる。同じ人間でありながら、守るべき世界も、救うべきヒトも異にする人物。その覚悟は本物であり、朱雀たちもまた覚悟を問われることに。世界を巡る戦いが、ここに決着する。

 

出典:クオリディア・コード公式サイト http://qualidea.jp/story/12/

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン7巻のネタバレ感想とあらすじ

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン7巻

 

7巻にして「天鏡のアルデラミン」は最大の山場を迎えます。思いっきりネタバレしているので、知りたくない人は読まないでください。

 

レミオン大将によるクーデターに始まり、イグセム、レミオン、そして旭日連隊という三つ巴の戦いも遂に決着です。

 

ただ、その犠牲は余りにも大きかったです。精霊の秘密の一部が垣間見えたり読み応え抜群でしたが、ここでまさかの結末を迎えるなんて、誰が予想したでしょう?

 

冒頭ではあえて書きませんが、ネタバレしているので、覚悟してください。それにしても悲しすぎる展開でした。騎士団はどうなってしまうのでしょう。。

 

詳細は以下をご覧くださいね。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】宇野朴人

【イラストレーター】さんば挿、竜徹

【出版社】 電撃文庫

【発売日】 2015/3/10

【ジャンル】異世界軍事ファンタジー

【ISBN-13】978-4048693363

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン7巻の公式あらすじ

軍事クーデターによって、カトヴァーナ帝国内はイグセム派、レミオン派、旭日連隊の三つの勢力に分裂する。
旭日連隊のイクタは、行方不明だった帝国皇帝の身柄を確保することに、いち早く成功するが、佞臣トリスナイの巧みな謀略に踊らされてしまう……。
イグゼム派の将校として捜索隊を率いていたヤトリと、戦場で対峙するという、まさかの事態を迎えるのだった――。
非情な運命は、二人の未来をどう変えるのか? 話題沸騰の本格ファンタジー戦記、ついに最大のヤマ場を迎える!!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)短編集2のネタバレ感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 短編集2

 

原作3巻での森の魔獣(ウルガルム)の騒ぎがひと段落したころのお話です。

 

ネタバレですが、このころはまだ王選も具体的になっておらず、みんなのんびりしている感じでした。なので、ほんわかムード満載なお話ばかりです。

 

ただ、相変わらず、スバルはおせっかいやきで、そして他人の大切なものを深く考えず傷つけてしまったり・・・。まだまだ未熟なスバルですがそれでも精一杯誠意をもってみんなに接しているのが印象的でした。

 

スバルって何気に人を巻き込んでしまう魅力?みたいなものがあるんですよね。。。これってある意味英雄とか歴史に名を残す人間に共通するものなのかもしれません。

 

大分スバルをよいしょしちゃいましたが、本編とは違った魅力が垣間見えてとても楽しく温まる短編集です。

 

詳細は以下の感想とあらすじを見てくださいね。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2016/6/24

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040684147

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)短編集2の公式あらすじ

――これはナツキ・スバルが、彼女たちと過ごした平穏な日々の物語。ロズワール邸を発端とした魔獣騒動が一段落し、屋敷と村に平和な時間が訪れていた。そんななんでもない穏やかな時間は、しかし他でもないスバルの思いつきやエミリアたちの事情によって、騒がしくも賑やかに塗り潰される。エミリアの弱点克服に挑む『E・M・Tにラブソングを』。スバルとラムが望まぬピクニックに出かける『ラム・イズ・オーダー』。屋敷を襲った突然の寒波に便乗して遊び回る『冷たいのがお好き』など、WEB未掲載の短編集第二弾!
『死に戻り』のない優しい時間、これがナツキ・スバルの望んだ楽しい異世界生活!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

魔法少女育成計画(まほいく)が2016年10月1日よりTVアニメ放送開始

テレビアニメ 魔法少女育成計画(まほいく)がいよいよスタート

 

個人的にはかなり注目しているアニメ「魔法少女育成計画」が遂に始まります!放送日は10月1日からです。

 

原作は、4年前に発刊されましたが、その内容はかなり大胆です。何と魔法少女が16人も登場し、さらには生き残りをかけてのバトルロワイアルですからね。。。

 

また、独自の世界観から魔法少女それぞれの事情や背景が丁寧に描かれていて、結構感情移入もできる作品だと思います。

 

魔法少女ものながら、ダークな面のかなり強い作品なので、まどかマギカと比較されることもありますが、魔法少女同士殺し合うと言う意味では、WIXOSSに近い感じがします。WIXOSSは魔法少女じゃないですけどね・・・。

 

これから、魔法少女育成計画(まほいく)のテレビアニメ版のネタバレ感想も書いていく予定ですので、よろしくお願いします。

 

今回は、放映直前ということで、既に公開になっているPVを載せておきます!

 

既に原作と違う設定もあるみたいです。そのあたりは原作のあらすじ、ネタバレ感想を見てください。

 

 

参考:原作のあらすじやネタバレ感想はこちらです。

 

アニメ情報

【原 作】遠藤浅蜊

【原作イラスト】マルイノ

【監 督】橋本裕之

【シリーズ構成/脚本】吉岡たかを

【キャラクターデザイン】愛敬由紀子

【制 作】Lerche

【プロデュース】GENCO

【公式サイト】http://mahoiku.jp/

【キャスト】

 スノーホワイト:東山奈央
 リップル   :沼倉愛美
 ラ・ピュセル :佐倉綾音
 トップスピード:内山夕実
 カラミティ・メアリ:井上喜久子
 ねむりん   :花守ゆみり
 ルーラ    :日笠陽子
 スイムスイム :水瀬いのり
 ミナエル   :松田利冴
 ユナエル   :松田颯水
 たま     :西明日香
 マジカロイド44:新井里美
 シスターナナ :早見沙織
 ヴェス・ウィンタープリズン:小林ゆう
 森の音楽家クラムベリー  :緒方恵美
 ハードゴア・アリス    :日高里菜
 ファヴ    :間宮くるみ

【放送日時】

 AT-X 10月1日より毎週土曜24:00~
 TOKYO MX/BS11 10月3日より毎週月曜24:00~

 GYAO! 10月4日より毎週火曜12:00~

 

 

テレビアニメ魔法少女育成計画とは?公式サイトより

魔法少女であるために、騙す、出し抜く、奪い合う。
「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という運営からの一方的な通告のもと、
一週間に一人ずつ、魔法少女がその資格を剥奪されていく。
リスクを孕んだ、理不尽なゲームに囚われた16人の魔法少女は、
黒幕の意図に翻弄されながらも自分が魔法少女であり続けるために策を練る。
特殊な環境下で麻痺していく感覚。しかし、その中で魔法少女たちはそれぞれの想いを持って、この無慈悲な椅子取りゲームを受け入れていく――

美しくも可愛いキャラクターデザインと一般的な魔法少女のイメージとは不釣り合いな苛酷な描写、そして予測を裏切るストーリー。
読者や書店員による投票企画でシリーズとして上位にランクインするなど、ライトノベルユーザー大注目作品をいよいよテレビアニメーション化!
「ご注文はうさぎですか?」の監督を務めた橋本裕之がメガホンをとり、キャラクターデザインには「アクセル・ワールド」「四月は君の嘘」などを手掛けた愛敬由紀子、シリーズ構成・脚本も「四月は君の嘘」の吉岡たかを。
そして、アニメーション制作は『がっこうぐらし!』『暗殺教室』のLercheが担当。

豪華スタッフ陣が贈る、
魔法少女×サバイバルレース、ここに開幕――!

 

出典:魔法少女育成計画 公式サイト http://mahoiku.jp/about/

 

続いて、以下のPV集を見て下さいね。

 

魔法少女育成計画(まほいく)1巻のネタバレ感想とあらすじ(後編)

魔法少女育成計画1巻

 

魔法少女育成計画(まほいく)の原作ライトノベルのネタバレ感想の後編になります。前編を見ていない人は、こちらから先に前編を見ることをお奨めします。

 

前編では、ねむりん、ルーラ、ラ・ピュセル、そしてマジカロイド44が脱落(というか殺害されてしまいました。。。)。

 

殺さなければ、殺される、という恐怖の中、魔法少女たちのバトルは苛烈を極めていきます。特に火に油を注ぐ運営側のマスターである森の音楽家クラムベリーとそのパートナーのファヴ。ホントこいつら鬼ですよね。。何が楽しいのやら。。。(T_T)。。。

 

無駄話はこのぐらいで、早速後編のネタバレ感想に行きます!

 

詳細は以下を見てくださいね。

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】遠藤 浅蜊

【イラストレーター】マルイノ

【出版社】 このライトノベルがすごい!文庫

【発売日】 2012/6/8

【ジャンル】ファンタジーアクション

【ISBN-13】978-4796680394

 

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

カテゴリー
最近の投稿
サイト内検索
最近のコメント
スポンサーリンク
twitter