ホーム » アーカイブ

62点【ラノベ】落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)1巻の感想とあらすじ

62点 落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)1巻

 

主人公:黒鉄一輝(くろがねいっき)は、この世界で英雄と呼ばれた「黒鉄龍馬」の血をひく者です。しかし、悲しいかな総魔力量(オーラ)が通常の伐刀者(ブレイザー-己の魂を武装(固有霊装)として顕現させ、魔力を用いて異能の力を操る千人に一人の存在)から比べても10分の1しかなくて、落ちこぼれ。一族からは、存在しない者扱いでしたが、めげずに、ブレイザー養成学校「覇軍学園」で日々自分の技を磨いています。そんな一輝が、ヒロイン:ステラ・ヴァ―ミリオン(ヨーロッパ小国ヴァーミリオン皇国の第二皇女)の着替えシーンに出くわすところから物語はスタート!って、思いっきりテンプレまんまですよね。しかもツンデレ=赤髪というこれもテンプレまんま。しかも、内容がかなり学戦都市アスタリスクとかぶってますよね。思わずパクリ??と思ってしまうほどでしたよ~。といいつつ、一巻の感想書きますね。

【著  者】海空りく

【イラストレーター】をん

【出版社】 GA文庫(ソフトバンククリエイティブ)

【発売日】 2013/7/16

【ジャンル】学園バトル

【ISBN-13】978-4797374681

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する

【お奨め】既刊全巻まとめ買いはこちら

 

【あらすじ】  

魂を魔剣に変えて戦う現代の魔法使い《魔導騎士》。
その学園に通う黒鉄一輝は魔法の才能がなく落ちこぼれた《落第騎士(ワーストワン)》だ。
だがある日、異国の皇女にして《A級騎士(ナンバーワン)》のステラから『敗者は一生服従』という決闘を一方的に挑まれ――勝ってしまう!
一輝は魔法の代わりに剣技を極めた異端の実力者だったのだ!
「なんでもいうことをきかせればいいじゃない! えっち! 」
悔しがりながらも一輝に惹かれ始めるステラ。
そして騎士の頂点を争う戦いの中、かつての《落第騎士》は《無冠の剣王(アナザーワン)》としてすべての騎士からも注目され始める!

最底辺から並み居る強敵をなぎ倒して駆け上がる学園ソードアクション開幕!!

 

出典:「BOOK」データベースより

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク