ホーム » アーカイブ

総評 【アニメ】灰と幻想のグリムガル2期はあるのか?原作のとの違いなどなど

あっというまの全12話でした。。

 

灰と幻想のグリムガル、アニメ版終わってしまいましたね。。。1月に入ってスタートして、早や3月で終わりとはなんとなくさびしい限りです。

 

原作の世界観がどれだけ反映されているのかと気になってみていましたが、すごく作品は丁寧にアニメ化されていて、見ていてすごく良かったです。

 

といいつつ、ここはどうしても原作がある作品上、原作との比較になってしまう面も無きにしも非ずで。。原作が既に8巻まで出ているのに、たったの12話、原作でいうなら2巻までで終わるのはすごくもったいないです。

 

ここから、ハルヒロ伝説(^_^;)が始まるのですからね。。。3巻以降の内容に興味のある人は、管理人のネタバレ感想をご覧ください。→こちらから見れます。

 

原作との違いはというと。。

原作を読んでいる身としては、前述のとおりどうしても原作と見比べてしまいます。が、本アニメは非常にできが良かったです。原作の世界観もきちんと反映されていて、むしろ原作よりも重厚感があったように思います。

 

ただ、限られた時間内(全12話)でどこまでやれるかという面もあったのか、色々と違うところもありました。まあ当然ですが。

 

まず、マナトが死んだあと、ハルヒロがマナトの霊?みたいな存在(もしかしたら、ハルヒロの中だけの存在なのでしょうが)と話すシーンが何か所かありますが、原作にはなかったです。。

 

また、メリイのキャラです!これは以前にも書きましたが、原作とビジュアル的に違います。最初は原作のメリイのイメージが強くて、うーん、どうかなぁとも思ったのですが、慣れてくるとこっちのメリイもいいですね。TVアニメ版のメリイの方がちょっとハル君に対して積極的な面もありましたね。

 

次に、ランタ。ランタは原作通りですが、原作ではあまりランタが誰が好きなのか?みたいな面はクローズアップされていなかったんです。が、アニメを見ているとどうもランタはユメのことが好きなのでしょうかね。。。ちっぱいもんどきゃよかった!とか叫んでますし。

 

あ、あと、ユメ!

個人的にはアニメ版ではかなりユメのキャラがたってました!かわゆすぎですね。声優の小松未可子さんの力による面もあるかもしれませんが、結構周りのキャラを食ってました!ビジュアル的にもかなりかわゆくなっている気がします!ランタが惚れるのも無理ないかと(^^)

 

キャラはこのぐらいにしておいて、管理人が気になっていたのはバトルシーンです。ここは結構原作とは違うような。。。この点は、不満点でもあるので後述しますね。

78点【アニメ】灰と幻想のグリムガル 6話 彼女の場合 の感想とあらすじ

灰と幻想のグリムガル 6話 彼女の場合

 

今回は「彼女の場合」というタイトル。当然彼女とはメリイのことです!正直原作のイラストとは別人のような容姿ですが、まぁこれはこれでアニメとしては良しとしましょう!ネタバレですが、メリイがなぜ人と距離を置いているのかが語られます。以前に仲間を3人も失っており、当時自分が未熟だったために、死なせてしまったと後悔しており、それをずっと引きずっているようです。
オープニング映像も、メリイ加入で一新され、また、原作ではなかったシーンも追加されており、見ごたえ抜群ですよ。

ただ、一点、制作時間がだんだんタイトになってきたのか、一部映像が手抜きのところがありました。ゴブリン討伐中にダムロー旧市街を歩いているシーンです。歩いているはずなのに、下半身は動いておらず、幽霊のようにすーっと滑っている感じです。うーん、これは残念すぎます!!おそらくDVDやブルーレイに収録される頃には修正されるでしょうが、もったいない!!!ああ、もったいない!

 

詳細な感想とあらすじは以下を見てくださいね。

 

アニメ情報

【原 作】十文字青

【監督/脚本】中村亮介

【イラスト】白井鋭利

【制 作】A-1 Pictures

【発売日】2016年1月~

【ジャンル】異世界ファンタジー

【放送】TOKYO MX、朝日放送他

【公式サイト】http://grimgar.com/

【キャスト】

 ハルヒロ:細谷佳正
 ユメ  :小松未可子
 シホル :照井春佳
 ランタ :吉野裕行
 モグゾー:落合福嗣

 メリイ :安済知佳

 レンジ :関智一
 バルバラ:能登麻美子

 マナト :島崎信長

楽天ブックス(送料無料)で購入する アマゾン(送料無料)で購入する

Blu-ray又はDVDを購入(アマゾン)

 

 

灰と幻想のグリムガル 6話 彼女の場合 の公式あらすじ

新たに仲間になったメリイとの見えない距離を縮めようとする5人だったが、相変わらずまともなコミュニケーションをとることができない。せめて戦闘時の行動くらいは相談できるようにならないかと、機会を見つけてはメリイに話しかけるハルヒロ。しかし、彼女の反応は頑なまま。戦闘を終え、シェリーの酒場に集うハルヒロたちの前に現れたメリイは、声をかけることもなく一人カウンターへと腰を掛ける。そして、そのメリイに話しかける人物が現れ――

 

出典:【公式サイト】http://grimgar.com/

81点【アニメ】灰と幻想のグリムガル 5話 泣くのは弱いからじゃない。耐えられるのは強いからじゃない の感想とあらすじ

灰と幻想のグリムガル 5話 泣くのは弱いからじゃない。耐えられるのは強いからじゃない

 

ゴブリンとの戦闘で命を落としたマナトを弔うハルヒロ達。チームのリーダーであり要を失った5人は途方にくれますが、それでもグリムガルで生きていかないといけません。そこで、酒場で再開したキッカワから、神官のメリイを紹介してもらいます。が、メリイは協調性がなく、パーティーになじめません。マナトを失って気持ちの整理がついていないメンバーにも原因はあると思いますが。。。なんとなくぎくしゃくするメンバーたち。ハルヒロはユメとお互いの気持ちをぶつけ合うことで、悲しみを共有し、前に進む決意を新たにします。
メリイが遂に登場です。管理人一押しなのですが、ちょっと原作とは違った感じで、今のところ、まだユメの方があたま1つとびぬけてますね。今後の展開が楽しみです。
詳細な感想とあらすじは以下を見てくださいね。

アニメ情報

【原 作】十文字青

【監督/脚本】中村亮介

【イラスト】白井鋭利

【制 作】A-1 Pictures

【発売日】2016年1月~

【ジャンル】異世界ファンタジー

【放送】TOKYO MX、朝日放送他

【公式サイト】http://grimgar.com/

【キャスト】

 ハルヒロ:細谷佳正
 マナト :島崎信長
 ユメ  :小松未可子
 シホル :照井春佳
 ランタ :吉野裕行
 モグゾー:落合福嗣
 レンジ :関智一
 バルバラ:能登麻美子

楽天ブックス(送料無料)で購入する  アマゾン(送料無料)で購入する

お奨め ブルーレイ購入はこちら

 

灰と幻想のグリムガル 5話 泣くのは弱いからじゃない。耐えられるのは強いからじゃない の公式あらすじ

突然訪れた、仲間との別れ――その衝撃に、ハルヒロたちは打ちのめされていた。悲しみを受け止めきれない5人。ハルヒロはどうしたらいいかわからず、改めて彼の存在の大きさを実感していた。やり場のない思いを胸に、かつてマナトが情報収集に訪れていた酒場へと足を運ぶハルヒロとランタとモグゾー。そこでグリムガルで共に目覚めた同期のキッカワと再会する。そして、空気を読まないキッカワは、ずけずけとある提案をしてきて――

 

出典:【公式サイト】http://grimgar.com/

59点【ラノベ】落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)2巻の感想とあらすじ

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)2巻

 

前巻同様、正直新鮮味に欠けてました!ネタバレしまくりますが、学園もののバトルで、アスタリスクと混同してしまいそうです。前巻で早々に主人公の一輝とヒロインのステラが恋人になってしまい、2巻で恋人の第一歩のキスまで済ませ、3巻では○○○まで行ってしまうのでしょうか?(^_^;)。新キャラの綾瀬のために、貪狼学園のエースと戦ったり、また、学内予選でも早々に序列3位を撃破など、物語の最初から強い奴が戦っていくだけで、成長もないんだなぁ・・・という感じでRPGのような面白みもなく、また一輝は優等生すぎて個性が薄すぎでした。。。アニメ版はまだ見ていないですが、これでよくアニメ化できたなぁという感じです。言いたい放題書かせてもらいましたが、作品的には、あまりお勧めできません。。

原作ライトノベル情報

【著  者】海空りく

【イラストレーター】をん

【出版社】 GA文庫(ソフトバンククリエイティブ)

【発売日】 2013/10/16

【ジャンル】学園バトル

【ISBN-13】978-4797375480

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する

【お奨め】既刊全巻まとめ買いはこちら

 

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)2巻の公式あらすじ  

「なによ、あのセンパイばっかりひいきして! 」
学内戦で順調に勝ち星を重ねていく一輝とステラ。
だがその一方で恋人としての関係はまったくと言っていいほど進んでいなかった。
おまけに美人の上級生・綾辻絢瀬が一輝に剣術の弟子入りをすることになり、ステラのやきもちが大爆発!
そんなある日、一輝は前大会ベスト8にして絢瀬にとって因縁の敵《剣士殺し》倉敷蔵人に絡まれ、やがて決闘することに!
生徒会役員との戦い、初めての恋人との距離感、他校エースとの場外決戦――

最底辺から並み居る敵をなぎ倒す学園ソードアクション、激闘の第2巻・開幕!

 

出典:「BOOK」データベースより

62点【ラノベ】落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)1巻の感想とあらすじ

62点 落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)1巻

 

主人公:黒鉄一輝(くろがねいっき)は、この世界で英雄と呼ばれた「黒鉄龍馬」の血をひく者です。しかし、悲しいかな総魔力量(オーラ)が通常の伐刀者(ブレイザー-己の魂を武装(固有霊装)として顕現させ、魔力を用いて異能の力を操る千人に一人の存在)から比べても10分の1しかなくて、落ちこぼれ。一族からは、存在しない者扱いでしたが、めげずに、ブレイザー養成学校「覇軍学園」で日々自分の技を磨いています。そんな一輝が、ヒロイン:ステラ・ヴァ―ミリオン(ヨーロッパ小国ヴァーミリオン皇国の第二皇女)の着替えシーンに出くわすところから物語はスタート!って、思いっきりテンプレまんまですよね。しかもツンデレ=赤髪というこれもテンプレまんま。しかも、内容がかなり学戦都市アスタリスクとかぶってますよね。思わずパクリ??と思ってしまうほどでしたよ~。といいつつ、一巻の感想書きますね。

【著  者】海空りく

【イラストレーター】をん

【出版社】 GA文庫(ソフトバンククリエイティブ)

【発売日】 2013/7/16

【ジャンル】学園バトル

【ISBN-13】978-4797374681

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する

【お奨め】既刊全巻まとめ買いはこちら

 

【あらすじ】  

魂を魔剣に変えて戦う現代の魔法使い《魔導騎士》。
その学園に通う黒鉄一輝は魔法の才能がなく落ちこぼれた《落第騎士(ワーストワン)》だ。
だがある日、異国の皇女にして《A級騎士(ナンバーワン)》のステラから『敗者は一生服従』という決闘を一方的に挑まれ――勝ってしまう!
一輝は魔法の代わりに剣技を極めた異端の実力者だったのだ!
「なんでもいうことをきかせればいいじゃない! えっち! 」
悔しがりながらも一輝に惹かれ始めるステラ。
そして騎士の頂点を争う戦いの中、かつての《落第騎士》は《無冠の剣王(アナザーワン)》としてすべての騎士からも注目され始める!

最底辺から並み居る強敵をなぎ倒して駆け上がる学園ソードアクション開幕!!

 

出典:「BOOK」データベースより

82点【ラノベ】アクセル・ワールド 19巻 暗黒星雲の引力

アクセル・ワールド(19) 暗黒星雲の引力 
タイトルからは一見???ですが、黒のレギオン「ネガ・ネビュラス」(=暗黒星雲)に引き寄せられるように集まってくるバースト・リンカーを中心にした話です。ここにきて一気にレギオン・メンバーも増え、ついには赤の王ことスカーレット・レインから思わぬ提案が・・・
 

【著  者】川原 礫

【イラストレーター】HIMA

【デザイン】ビィビィ

【出版社】 電撃文庫

【発売日】 2015年10月10日

【ジャンル】近未来異次元SF

アマゾンで購入する 楽天ブックスで購入する

 

【あらすじ】  

黒雪姫が卒業してしまう前に、“加速世界”の果て―“ブレイン・バースト”のクリア条件を解明するため、ハルユキはスカイ・レイカーと共に“帝城”へと赴いた。

 

絶対不可侵であるはずのそこには、何故か陽気に二人を迎える黒の剣士、グラファイト・エッジの姿が!?

 

困惑するハルユキはついに知る、七番星『揺光』の神器“ザ・フラクチュエーティング・ライト”が“帝城”に鎮座する意味を…。

 

かつてない数の登場キャラクター&アバターで贈る、次世代青春エンタテイメントの最新刊!

 

出典:「BOOK」データベースより  

 

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク