ホーム » アーカイブ

この素晴らしい世界に爆焔を!2巻 ゆんゆんのターンのネタバレ感想とあらすじ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を! 2巻 ゆんゆんのターン

 

この素晴らしい世界に祝福を!のスピンオフ第二弾、この素晴らしい世界に爆焔を2です。今回はおもにゆんゆんの話が中心?と思いきや、ネタバレですが、「ゆんゆんのたーん」と言いつつ、普通にめぐみんとゆんゆん2人が中心の話です。

 

おもにウォルバクを巡る魔族との争いが中心で、最後はめぐみんの爆裂魔法で一件落着という展開です。

 

ほんのちょっとだけ、アクアとカズマとニアミスしたり、みどころ、伏線満載です。

 

詳細は以下のネタバレ感想とあらすじを見てくださいね。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】暁なつめ

【イラストレーター】三嶋くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2014/11/29

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041024386

アマゾンで購入  楽天で購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を!2巻 ゆんゆんのターンの公式あらすじ

「上級魔法を習得してこそ一人前。爆裂魔法はネタ魔法」―そんな紅魔の里の教訓とは裏腹に、爆裂魔法を習得した“紅魔族随一の天才魔法使い”めぐみん。街に行くための資金を稼ごうとバイトを採すめぐみんだったが、待っていたのは“不採用”の連続だった!そこに手を差し伸べたのは、めぐみんの自称ライバルである優等生のゆんゆんで―。「天才と呼ばれた私が、定食屋でバイトか…」めぐみん&ゆんゆんファン必見の第2巻!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

魔法少女育成計画(まほいく)4巻episodesのネタバレ感想とあらすじ

魔法少女育成計画(まほいく)4巻episodes

 

魔法少女育成計画(まほいく)3巻までに登場する魔法少女たちの日常や本編では語られなかった話が掲載されています。

 

ネタバレ感想ですが、現在放送中のTVアニメ版も、このepisodesから話を持ってきているのも結構あり、必見です!

 

細かい講評は一番最後に書いていますので、まずは、詳細は以下の詳細なネタバレ感想を見てくださいね。

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】遠藤 浅蜊

【イラストレーター】マルイノ

【出版社】 このライトノベルがすごい!文庫

【発売日】 2013/04/10

【ジャンル】ファンタジーアクション

【ISBN-13】978-4800209344

 

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

魔法少女育成計画(まほいく)4巻episodesの公式あらすじ

『魔法少女育成計画』『魔法少女育成計画restart』で、過酷な死のゲームを繰り広げた魔法少女たち。そんな彼女たちに魅せられた読者の声に応えて、本シリーズの短編集がついに登場! 少女たちのほんわかした日常や、不思議な縁や、やっぱり殺伐とした事件などなど、エピソード山盛りでお届けします! 本編と合わせて楽しんでいただきたい一冊ですが、この本からシリーズを読み始めるというのもアリ、かも!?

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

灰と幻想のグリムガル9巻のネタバレ感想とあらすじ

灰と幻想のグリムガル9巻 ここにいる今、遥か遠くへ

 

あしかけ3巻。やっとチームハルヒロのメンバーが再会を果たします。ただし、ネタバレですがランタを除いて。。。

 

メリイを救い出したものの、ハルヒロは協力した対価として、ネクロマンサーのセトラから左目を要求されます。驚愕するメリイ。そしてメリイは徐々にハルヒロに惹かれていきます。ハルヒロうらやましすぎです。

 

さらには、セトラもハルヒロのことが気になるみたいで、ハルヒロに遂に?モテキ到来ですね!

 

詳細は以下の詳しいあらすじ&感想で!

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】十文字青

【イラストレーター】白井鋭利

【出版社】 オーバーラップ文庫

【発売日】 2016/8/24

【ジャンル】異世界ファンタジー

【ISBN-13】 978-4865541496

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

灰と幻想のグリムガル9巻 ここにいる今、遥か遠くへの公式あらすじ

ジャンボという名のオーク率いるフォルガンとの戦いが混迷を極める最中、ハルヒロたちはかつてない危機を迎えていた。
ランタのフォルガンへの寝返り。そして、一人また一人と散り散りになっていく過酷な撤退戦。
パーティのみんなの安否がわからないまま、ハルヒロたちは自分たちにとってパーティの仲間が、どんな存在だったかを再認識していく。
失いそうになってはじめて知るそれを、ハルヒロたちは本当に失ってしまうのか、それとも――。
霧深き千の峡谷(サウザンバレー)で、“孤独"という敵と相まみえる時、灰の中から生まれし冒険譚は新たな一幕を紡ぎはじめる。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

この素晴らしい世界に爆焔を!1巻 めぐみんのターンのネタバレ感想とあらすじ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を! 1巻 めぐみんのターン

 

この素晴らしい世界に祝福を!でも1番人気?のめぐみんが主人公の話となります。ネタバレ感想ですが、どうしてめぐみんが爆裂魔法にこだわるようになったのかが徐々に明らかになっていきます。

 

また、めぐみんの妹のこめっこもいい味を出しています。ちょむすけとの出会いからどうしてめぐみんの使い魔になったのかとか、ゆんゆんとの馴れ初めというか、腐れ縁のところもしっかり描かれています。

 

本作品を読むことで、本編のキャラクターたちの裏側もわかり、より楽しめるようになっています!

 

詳細は以下のネタバレ感想とあらすじを見てくださいね。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】暁なつめ

【イラストレーター】三嶋くろね

【出版社】 角川スニーカー文庫

【発売日】 2014/6/28

【ジャンル】異世界ファンタジーコメディ

【ISBN-13】 978-4041018668

アマゾンで購入  楽天で購入

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)スピンオフ この素晴らしい世界に爆焔を! 1巻 めぐみんのターンの公式あらすじ

―カズマと駄女神様が異世界に転生する1年前。紅魔の里に暮らす“紅魔族随一の天才魔法使い”めぐみんは里の禁忌である“爆裂魔法”習得のため、修行に学校生活にと慌ただしい日々を送っていた。妹のこめっこが見慣れない黒猫を捕獲してきたそんなある日、里の外れの“邪神の墓”の封印が解かれてしまい!?「小説家になろう」発、最笑の異世界コメディ「この素晴らしい世界に祝福を!」からめぐみん視点で綴るスピンオフが登場!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

オカルティックナイン2巻のネタバレ感想とあらすじ

オカルティックナイン2巻 

 

独特の世界観のオカルティックナイン2巻のネタバレ感想です。今回も長いです。

 

井の頭公園の池から遂に死体がたくさんが上がり始めます。そんな騒ぎのためか、橋上教授殺害事件が世間から忘れ去られようとしています。

 

それと並行するように、みゅうの親友のちいちゃんが行方不明に。今回はその消息がはっきりとしますが・・・・(T_T)。

 

 

詳細は以下の感想とあらすじを見てくださいね。結構ガチで書いてます!

 

原作ライトノベル情報

【著  者】志倉千代丸

【イラストレーター】pako

【出版社】 オーバーラップ

【発売日】 2015/4/23

【ジャンル】SF

【ISBN-13】978-4865540208

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

オカルティックナイン2巻の公式あらすじ

『残念だけどアンタは――』「違う、僕じゃない!」
橋上教授の死体から無我夢中で逃走した悠太は、自分への嫌疑を晴らすために真犯人を探すことを決意する。
その事件をキッカケに廻り始めた9人の運命――。
父の死の真相を追うサライ。手を下した犯人を訝しむ亞里亞と悪魔。独自調査に向かう記者の桐子。
彼らにまとわりつくダイイングメッセージ「CODE」の意味とは?
事件の謎に迫った時、井の頭公園での更なる大事件が彼らを襲う!
9人の変わり者たちが紡ぐ超常科学NVL(ノベル)、謎が謎を呼ぶ第2弾。

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

魔法少女育成計画(まほいく)3巻restart(後)のネタバレ感想とあらすじ

魔法少女育成計画3巻restart(後)

 

遂にrestart編の完結です。あまり冒頭からネタバレを書いてしまうと面白みにかけますが、まさかこの少女が犯人だったとは!?と思ってしまいました。完全に管理人の裏をかかれました。うーん、やはり遠藤先生えぐすぎます。

 

読んでいて鬱になってしまいそうです(-_-;)。ホントよくR指定されないなぁと変なところで感心してしまいました。

 

結局生き残った魔法少女はたったの3名です。誰が残るか管理人の予想は1人しか当たりませんでした。表紙のシャドウゲールは……

 

細かい講評は一番最後に書いていますので、まずは、詳細は以下の詳細なネタバレ感想を見てくださいね。

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】遠藤 浅蜊

【イラストレーター】マルイノ

【出版社】 このライトノベルがすごい!文庫

【発売日】 2012/12/10

【ジャンル】ファンタジーアクション

【ISBN-13】978-4800205254

 

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

魔法少女育成計画(まほいく)2巻restart(前)のネタバレ感想とあらすじ

魔法少女育成計画2巻restart(前)

 

アニメが話題沸騰の魔法少女育成計画restart(前)のネタバレ感想です。

 

今回登場する魔法少女は、前巻から刷新されてまったく別の16人です。

 

あ、途中前巻でも出てきたスノーホワイトも出てきますが(ネタバレですね(^_^;))。ところどころ一皮も二皮も向けたスノーホワイトにドキドキです。かなり強くなってました。

 

魔法少女の殺し合いをもう一度……というわけではないんですが、クラムベリーの縁(ゆかり)の魔法少女(クラムベリーの子供達とか言われています)が、ターゲットです。

 

脱出不可能な現実世界と比べてもそん色ない、ゲーム世界に強制召喚されて、殺し合いを強いられます。

 

クラムベリーの試験を通ってきた魔法少女ということもあって、かなりの強敵ばかりです。

 

前回のバトルロワイアルと比べても、そん色なくむしろバージョンアップしています。最後の結末もあっと驚く内容となっています。

 

無駄話はこのぐらいで、早速後編のネタバレ感想に行きます!

 

詳細は以下を見てくださいね。

 

原作ライトノベル(小説)情報

【著  者】遠藤 浅蜊

【イラストレーター】マルイノ

【出版社】 このライトノベルがすごい!文庫

【発売日】 2012/11/8

【ジャンル】ファンタジーアクション

【ISBN-13】978-4800201829

 

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

オカルティックナイン1巻のネタバレ感想とあらすじ

オカルティックナイン1巻 

 

祝TVアニメ化。2016年10月8日からスタートが待ち遠しい、ノンストップな展開で期待大の作品です。

 

ネタバレ感想ですが、タイトル「オカルティック・ナイン」とあるとおり、オカルトが中心に物語が展開していくと思いきや、実はその裏に秘密結社の陰謀?があり、また霊界が絡んで来たりと、突拍子もない展開で目が離せない内容でした。

 

主人公の悠太がダメダメっぷりが逆に好感が持てました。ネットのブログを中心に話が展開したりと、あまり他では見ない展開や設定で面白かったです。

 

舞台が現代でしかも吉祥寺という実際に存在する場所、カフェ・ブルゥムーンも実際にあるお店らしいですね。

 

現実と虚構?の狭間みたいな感じで、他に類を見ない面白さがありました。

 

詳細は以下の感想とあらすじを見てくださいね。結構ガチで書いてます!

 

原作ライトノベル情報

【著  者】志倉千代丸

【イラストレーター】pako

【出版社】 オーバーラップ

【発売日】 2014/8/22

【ジャンル】SF

【ISBN-13】978-4906866212

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

オカルティックナイン1巻の公式あらすじ

「幽霊? そんなのいるわけないっしょ! 」
吉祥寺に住む我聞悠太は、オカルト板まとめブログ『キリキリバサラ』の管理人。
アフィリエイトで一獲千金を狙う日々を過ごしていた。 そんな悠太のブログをキッカケにして、見ず知らずの9人の運命がさまざまに交差し始める。
それは小さな『違和感』を生み、やがて想像を絶する大事件へと繋がっていく。
黒魔術、死後の世界、超能力、占い、異次元世界、予言、催眠術、都市伝説。
――世界はインチキで溢れてる!
9人の変わり者たちがオカルトの真理を暴く、超常科学NVL(ノベル)。
――不可思議なことフタをするだけの科学にはウンザリだ! !

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン7巻のネタバレ感想とあらすじ

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン7巻

 

7巻にして「天鏡のアルデラミン」は最大の山場を迎えます。思いっきりネタバレしているので、知りたくない人は読まないでください。

 

レミオン大将によるクーデターに始まり、イグセム、レミオン、そして旭日連隊という三つ巴の戦いも遂に決着です。

 

ただ、その犠牲は余りにも大きかったです。精霊の秘密の一部が垣間見えたり読み応え抜群でしたが、ここでまさかの結末を迎えるなんて、誰が予想したでしょう?

 

冒頭ではあえて書きませんが、ネタバレしているので、覚悟してください。それにしても悲しすぎる展開でした。騎士団はどうなってしまうのでしょう。。

 

詳細は以下をご覧くださいね。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】宇野朴人

【イラストレーター】さんば挿、竜徹

【出版社】 電撃文庫

【発売日】 2015/3/10

【ジャンル】異世界軍事ファンタジー

【ISBN-13】978-4048693363

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン7巻の公式あらすじ

軍事クーデターによって、カトヴァーナ帝国内はイグセム派、レミオン派、旭日連隊の三つの勢力に分裂する。
旭日連隊のイクタは、行方不明だった帝国皇帝の身柄を確保することに、いち早く成功するが、佞臣トリスナイの巧みな謀略に踊らされてしまう……。
イグゼム派の将校として捜索隊を率いていたヤトリと、戦場で対峙するという、まさかの事態を迎えるのだった――。
非情な運命は、二人の未来をどう変えるのか? 話題沸騰の本格ファンタジー戦記、ついに最大のヤマ場を迎える!!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)短編集2のネタバレ感想とあらすじ

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 短編集2

 

原作3巻での森の魔獣(ウルガルム)の騒ぎがひと段落したころのお話です。

 

ネタバレですが、このころはまだ王選も具体的になっておらず、みんなのんびりしている感じでした。なので、ほんわかムード満載なお話ばかりです。

 

ただ、相変わらず、スバルはおせっかいやきで、そして他人の大切なものを深く考えず傷つけてしまったり・・・。まだまだ未熟なスバルですがそれでも精一杯誠意をもってみんなに接しているのが印象的でした。

 

スバルって何気に人を巻き込んでしまう魅力?みたいなものがあるんですよね。。。これってある意味英雄とか歴史に名を残す人間に共通するものなのかもしれません。

 

大分スバルをよいしょしちゃいましたが、本編とは違った魅力が垣間見えてとても楽しく温まる短編集です。

 

詳細は以下の感想とあらすじを見てくださいね。

 

原作ライトノベル情報

【著  者】長月達平

【イラストレーター】大塚真一郎

【出版社】 MF文庫J

【発売日】 2016/6/24

【ジャンル】異世界召喚ファンタジー

【ISBN-13】978-4040684147

アマゾンで購入  楽天で購入 

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)短編集2の公式あらすじ

――これはナツキ・スバルが、彼女たちと過ごした平穏な日々の物語。ロズワール邸を発端とした魔獣騒動が一段落し、屋敷と村に平和な時間が訪れていた。そんななんでもない穏やかな時間は、しかし他でもないスバルの思いつきやエミリアたちの事情によって、騒がしくも賑やかに塗り潰される。エミリアの弱点克服に挑む『E・M・Tにラブソングを』。スバルとラムが望まぬピクニックに出かける『ラム・イズ・オーダー』。屋敷を襲った突然の寒波に便乗して遊び回る『冷たいのがお好き』など、WEB未掲載の短編集第二弾!
『死に戻り』のない優しい時間、これがナツキ・スバルの望んだ楽しい異世界生活!

 

出典:「BOOK」データベースより

 

続いて、以下の管理人オリジナル「感想とあらすじとネタバレ」を見て下さいね。

 

1 2 3 9
カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿
最近のコメント
スポンサーリンク